MR.ROBOT/ミスター・ロボット 2 #10 隠しプロセス

海外ドラマ
海外ドラマ MR.ROBOT/ミスター・ロボット

相変わらず難しいけど、なんとか読み解く・・・

「MR.ROBOT/ ミスター・ロボット」はここから視聴できます

主なキャスト

会社名 キャスト名 ■死亡
  エリオット・オルダーソン セキュリティ・エンジニア
天才ハッカーでもあり社会に不満を抱いている
亡くなった父ミスター・ロボットが幻覚で見え、会話し、コントロールされている
FBI捜査官 サンティアゴ ドミニクの上司
  ドミニク・ディピエッロ f・ソサエティ関与のサイバーテロ事件担当
Evil(悪魔)コープ
(世界最大のコングロマリット
フィリップ・プライス

CEO(最高経営責任者)

  アンジェラ・モス

元オールセーフ社社員
現EコープPRマネージャー

ダーク・アーミー   中国系ハッカー集団
首謀者はホワイトローズ
  ホワイトローズ
(チャン国家安全部長)
ダークアーミーの首謀者
  シスコ ダークアーミーの一員
ダーリーンの元カレ
f・ソサエティ ダーリーン エリオットの妹
ダークアーミーとコンタクトを取れる
  モブリー
■ロメロ
トレントン

 

#10 隠しプロセス h1dden-pr0cess.axx あらすじ

ジョアンナはエリオットと接触し、タイレルから送られたと思われるスマホを見せ、発信地を特定して欲しいと頼む。
FBIのドミニクは、確実にf・ソサエティの根幹に近づいていた。
シスコはスーザンのアパートであるものを見つける。

 

まとめ

CEOプライスの頼み

プライスは、テリー・コルビーを呼び、ウィンストン・キャンベルを通してオバマ大統領に、”中国がコンゴを併合(コンゴが中国の統治下におかれる)することに賛成する”よう進言して欲しいと頼む。
しかし、それはあまりのも非現実的な内容のため、コルビーは本当の目的は何かと聞くが、プライスは、「伝説を残したいんだ」と答えるのみだった。

タイレルの妻ジョアンナ

目的

「FBIに見られたら終わりです」とサザーランド(護衛人)が止めるのも聞かず、ジョアンナはエリオットをアパート前に停めたクルマの中で待ち、「ハイ、オリー」と声をかける。

ジョアンナはエリオットを自宅へと連れて行き、「夫は何処にいる?捜してもらうわ」と言い出す。
(タイレルは死んでいると言うべきか・・・)エリオットは迷うが、

ミスター・ロボットは、「エリオットがタイレルを殺したことを知れば殺されてしまう」とささやく。

「知らない。俺にはムリだと思う」エリオットは断るが、「これまでもタイレルは役目を果たし、最後に私に贈り物をくれた。だからカレは生きてる。このケータイを送って来て、電話もかけてくる。昨夜も電話があった。追跡して欲しい」とケータイを見せる。

(タイレルを銃殺したハズなのに電話がかかる?)
エリオットは不審に思いながらも、「悪いができない」と去ろうとするが、ジョアンナはほとんど脅迫する形で、エリオットを協力させる。

着信

サザーランドの監視付で自宅アパートでケータイを追跡するハメになったエリオット。
カレの電子機器はすべて押収されているため買い出しに行くが、買物中、ジョアンナから預かったケータイに着信が!
エリオットが、”着信者不明(Unknown)”の電話に出ると、聞こえたのは、(ハァハァ)と言う息遣い。
(あり得ない・・・)そうエリオットが思った瞬間、さっきまで側にいたハズのミスター・ロボットが忽然と消えたー。

発信地の特定

自宅に戻ったエリオットは、プリングルスの箱を使ってWifiを盗むためのハイパワーアンテナを作成し、サクサクと作業を進めて行く。
その様を見てサザーランドは、「何人にも依頼したが特定できなかった」と言うが、エリオットは、NY市警の刑事になりすまして、ケータイ会社に非通知通話を追跡してもらうのだと言う。
エリオットは発信場所を特定した。
それは一般住居だった。

それを見たサザーランドは、「ウソだろ?そこにいるハズがない」と言い、アパートを出て行く。

ミスター・ロボットは消えたままだった。
エリオットは、【ミスター・ロボットは電話にビビってた。タイレルのことでウソがあるのか?ヤツはずっとアパートに帰りたがってた。ここに何かあるか】と考えるが、ソレが何であるかはわからない。

 

ダーリーンとシスコ

ダーリーンに頼まれ、スーザンのアパートに、”f・ソサエティの声明録画ビデオ”を取りに戻ったシスコは、大ケガを負ったヴィンセント(f・ソサエティのメンバー)を発見する。

アパートに戻って来たシスコは、驚くダーリーンに、「お前の名前を呼んでた。ツレだと思って連れて帰って来た」と言う。
ヴィンセントは重傷だった。

シスコは病院に連れて行かないと・・・と言うが、「カレには顔を知られてる。名前も。モルヒネを打たれたら、口が滑るかも」とダーリーン。
「放置したら死んでしまうぞ。どうかしてるぞ!仕切ってるつもりなら勘違いだ。ドツボにハマってる。リーダーでも特別でもない。ハッキングは成功したけど後始末でヘマしまくってる。想定内だってフリが止めていい加減、目を覚ませ!カレを見殺しにする権利なんてない」とシスコ。

 

FBIの捜査

家宅捜査

その頃、スーザンのアパートを家宅捜索するFBI。
ドミニクはヤン捜査官に呼ばれ、アパートにやってきた。
ヤンは、「活動家たちは2日前にメリーランドで発見され、カーチェイスの末、大事故に。ひとりが逃げたけど、残りは逮捕した。集合場所がココだった。アパートの持ち主は、Eコープの法務顧問。現在行方不明。隣人が、夜の10時頃、男ふたりでタクシーで出て行ったのを目撃。そのひとりが、あなたが追ってる件の重要参考人と一致する」と言う。

指名手配犯

オリー・パーカーの証言の男とスーザンのアパートで目撃された男の似顔絵が一致した(シスコのこと)。
メディアに公表すると言うサンディアゴにドミニクは、「公表されればダークアーミーに殺される。もう組織は察知してるかも知れない」と反対するが、覆らなかった。

強制家宅捜索

似顔絵の男がシスコであることが判明。
シスコのアパートを強制家宅捜索したドミニクは、「フランシス・ショー」と書かれたニューヨーク公共図書館の入館証を見つける。

クラウディアとは?

エリオットは、【クラウディア】と言う名の相手からのメッセージを受け取る。
「すぐに会いたい。911よ」「今すぐ会いに来て」など何通ものメッセージを受け取ったエリオットは、地下鉄車内でアンジェラと会う。
クラウディアはアンジェラのことだったのだ。

誰もいない車内で、向かいに座ったエリオットは、「メールを見た。遅くなってごめん。どうした?」と。
するとアンジェラは、「f・ソサエティの動機は何?」と聞く。
エリオットはそれには答えず、「キミを巻き込みたくなかった。俺がなんとかする」と言うが、「FBIが来たの。自首する。これから弁護士に会う。頑張ったけど勝てないのよ。どのみち何をしても敗北が待ってるだけ。フェムトセルを置いたことを話すわ。自分のやったことしか話さないけど、早かれ遅かれあなたに辿り着く」とアンジェラ。
エリオットはただアンジェラを見つめる。
「もう地下鉄内でしか話せない、それが現実。エリオットはお父さん(ミスター・ロボット)とまだ話してるの?カレのせいではじめたのかも知れないけど、カレに協力しちゃダメ」とアンジェラ。

エリオットとアンジェラは抱き合い、キスをして別れた。

しかしエリオットが降りたあと、アンジェラに近寄るふたりの人物が・・・

 

ダーリーンとシスコ、そして迫るFBI

病院

シスコの言葉でダーリーンはヴィンセントを病院へと運んだ。
看護師は、検査結果が出るまでに1時間必要と説明。
ふたりは結果が出るのを待つ間、食事を取ることに。

「ヴィンセントの無事を確認したら逃げよう」と言い出したダーリーンにシスコは、「逃げるのはダメだ。落ち着け。今はただ待つ、それがベストだ」と説得する。

FBI包囲網

その頃、「5/9サイバー攻撃の参考人として広域指名手配犯」の似顔絵が公開された。
それを見た看護師は、患者ヴィンセントを連れてきた男が似顔絵とソックリだと気づき、連絡する。

FBIが病院へとやって来たが待合室にシスコの姿はない。
「検査結果が出るのは1時間後と話した」と言う看護師。
サンディアゴは、「報道を見て逃げたのかも知れない」と言うが、ドミニクは、ふたりがまだ報道に気づいていないかも知れないと推測し、病院周辺を探しに行く。

ふたりの運命

ドミニクはダイナーで食事をするふたりを見つけ、応援要請した後レストランへと入る。

バイクの2組の男がやって来た。
後ろに乗っていた男は、バイクを降りるとレストランに近づき、銃撃をはじめる。
応戦したドミニクの銃によって撃たれた男は撃たれてしまう。
その男は、パトカーが到着すると見て、自死し、バイクの男は立ち去る。

感想

難しいよね、このドラマ

しかし確実にドミニクは、f・ソサエティに近づいてる。
今回は射程圏内に置いたシスコとダーリーンに接触するところまで行ったけど、銃撃されたことで、大切な参考人を失ったかも。
普通で考えたら銃撃してきたのはダークアーミーで、シスコとダーリーンを消すため。
多分シスコは殺されたと思う。
ダーリーンはどうだろう?

アンジェラも完全にギブ気味・・・
そりゃそうよね、私もだって耐えきれないわ、この状況。
エリオットはこの状況をどう打開するつもりなんだろう。
で、タイレルは生きてるんかぃな?

 

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました