キリング・イヴ 3 #1 焦っちゃだめ

海外ドラマ
海外ドラマ キリング・イヴ

半年ぶりでシーズン3がWOWOWでスタートしました。
なんせ、シーズン2の最終話がよくわからないオチだったんで、やや思い出しながら見た1話目でした。

シーズン3の主な登場人物はコチラ

 

【シーズン2ギュッとまとめ】

英国秘密情報部“MI6”キャロリンに引き抜かれたイヴ。
MI6は、アリスター・ピール殺害、及び関連人物の殺人容疑で、息子アーロン・ピールを逮捕するため、”マンダレイ作戦(おとり捜査)”を決行。コンスタンティンとヴィラネルに捜査協力を依頼した。それにより、イヴはヴィラネルは事件解決のため協力することに。
しかしヴィラネルはアーロンを殺害してしまう。
作戦失敗に焦ったイヴの前に現れたキャロリンの発言から、自分とヴィラネルがMI6に利用されたと知ったイヴはヴィラネルと共に逃亡する。
しかしイヴはヴィラネルがワザとイヴに殺しを経験させた(トゥエルブの一員レイモンド)と知り、ロンドンに帰ると言う。
ヴィラネルは、自分を裏切るイヴを許せず銃で撃った。

#1 焦っちゃだめ Slowly Slowly Catchy Monkey あらすじ

ヴィラネルはスペインで結婚式を挙げていた。そこへ現われた女性にヴィラネルは飛びかかるが・・・。
一命を取り留めたイヴは、MI6を辞め、韓国料理店の厨房で働く毎日。
キャロリンは、これまでの違反と失態を咎められ、監視役を置かれることに。
そんな時、大きな出来事が起こってしまう。

 

まとめ

スペイン

ヴィラネルは空港で出会った資産家のマリアと盛大な結婚式を開いていた。
スピーチで、「最悪の別れの後、マリアと出会った。でも元カノのことを振り返ると、あの女が死んで良かったと思える」と笑えないジョーダンで会場を引かせてしまう。

パーティー中ヴィラネルは、何度も会場内の人影を気にしていたが・・・
突然、叫び声をあげてある女性に飛びかかった。
「私の晴れの日なのよ!」と怒るヴィラネルに、「だから祝福に来たのさ」と女。
パーティー会場はふたりの取っ組み合いのケンカを機にムチャクチャになってしまう。

 

スペイン:バルセロナ

ダーシャとヴィラネルの関係

女の名はダーシャ、トゥエルブの一員。
「あんたは手放せない。戻る気なら何だって手配する。あんたは有能だよ。私の自慢の1番弟子だ、オクサナ」とダーシャ。
ダーシャはヴィラネルをトゥエルブへ引き戻そうとする。
ヴィラネルは、「管理者なら」と無理難題を言う。
それはダーシャ、コンスタンティンより上の役職だった。

「上に圧力をかけたら反応があった。好待遇で昇進できるけど、まずは資質を示さないと」と言うダーシャにそれは仕事(暗殺)だと気づいたヴィラネルは、「NO」と言うが、「標的は政治活動家よ。あんたの手口は斬新で独創的だ。楽しんでおいで」と言うのだった。

仕事

ヴィラネルの姿はジローナにあった。
ヴィラネルは標的の女店主を鮮やかに殺し、恍惚の表情を見せる。

 

コンスタンティン

イギリスにいる。
ケータイの留守電には、「何をしてるんだ?報告書は?ノヴィコフが激怒してる。電話しろ」とメッセージが。
(なんの任務についているのか不明)
そんなある日、お届け物が届いた。
その中に「釣りの時間だ」と書かれたメッセージカードが入っていた。

ロンドン

キャロリンは、MI5職員イヴの無許可雇用、FSBコンスタンティンの無許可保護、ヒューゴの労災訴訟に加えマンダレイ作戦の無許可実行、及び失敗など数々の違反行為により、キャロリン率いるロシア部門にポール・ブラッドウェルが監視役として就任することに。
「やる気満々でMI6へ戻った」と言うポールに、「あなたは仕切るんじゃなく、監視役よ」とけん制する。

ケニー(キャロリンの息子)

”ビター・ピル”の会社でウェブジャーナリストとして働くケニーは、密かにトゥエルブについて調べていた。

イヴ・ポラストリ

ヴィラネルに銃で撃たれたあと、倒れているところを観光客に発見され、一命を取り留めたイヴは、ニュー・モールデン(イギリス)で、韓国料理店の厨房で働いていた。
既にMI6は辞職、人目を忍ぶ生活を送るイヴが、唯一連絡を取っているのがケニー。

ケニーはイヴのアパートへと寄り、「MI6はトゥエルブの捜査を打ち切ったけど、独自で調べてる。金の流れを追ったら、”ファット・パンダとフランクの口座に動きがあったんだ”」と言うが、「もう関係ない。止めて。私は死にかけたの。もう関わりたくない」とイヴ。
ケニーは、引きこもらずにたまには飲みに出るべきだと言い、「オフィスに来てよ、週末も出勤してるからビールでも飲もう」と誘う。

夫ニコ

ニコは精神を病んでいた(詳細はココ
「私たちはきっと乗り越えられる」と言うイヴにニコは、「そう簡単じゃない。ジェマの両親は自殺だと思ってる。MI6の隠蔽工作のせいだ。ずっとキミ中心の生活だった。その挙げ句がコレだ。ボクはもっと幸せになれたはずだ。もっといい人生を、もっといい相手と」と言う。

 

衝撃の出来事

いつもどうでも良いようなことをゴチャゴチャ話している韓国人スタッフに、とうとうキレてしまったイヴはケニーに電話し、気分転換にオフィスに寄って飲もうと言う。

約束の時間にケニーの職場を訪ねたイヴは、そこで殺されているケニーを発見してしまう。

 

感想

また新たな展開と言う感じかな?シーズン3は。

状況を押さえておこうと思う

主な登場人物  
イヴ・ポラストリ MI6を辞め、身を隠すように韓国料理店で働く
ニコ・ポラストリ(夫) 精神を病んで療養中
離婚はしてないが、イヴとの関係は良いとは言えない
ヴィラネル
(オクサナ)
現在スペインにいる。
資産家マリアの結婚
暗殺請負人の仕事はしていなかったが、ダーシャが現れて、仕事を再開
ダーシャ・ダズラン トゥエルブの幹部のひとり
   
コンスタンティン トゥエルブを抜けた?
ロシア諜報機関(FSB)職員
キャロリン・マーテンズ 英国秘密情報部(MI6)を指揮していたが、ローマ作戦(シーズン2)での失態で、ポール・ブラッドウェルの監視がつくことに。
■ケニー キャロリンの息子
MI6でイヴと一緒に作戦に参加していたが、現在はウェブ出版社勤務

ケニーとイヴは良いコンビだと思ってたんで、殺されちゃってショックだな。
単純に考えると、トゥエルブについて調べているケニーが消されたと言うことになるんだろうけど、そんな単純なことなのかどうか・・・。
ロンドンにいるコンスタンティンもどのように絡んでくるのか・・・。

 

 

0

コメント

  1. […] ヴィラネルがやった仕事(活動家の殺害)の写真だった。 […]

    0
タイトルとURLをコピーしました