グッド・ドクター 3 #16 心の解剖

海外ドラマ
海外ドラマ グッド・ドクター

そうなるよなぁ@
あぁ・・・って展開

#16 心の解剖 Autopsy あらすじ

ERに搬送された60代の身元不明の女性は、ショーンを見るなり、「コリ」と呼びかけるが・・・。
しかし女性は手術中、亡くなってしまう。
スケボが右脇腹に突き刺さった大学生のエイデンには、二面性があることがわかり・・。

 

まとめ

カーリーと別れたショーン

ショーンとカーリーが別れたことを知った同僚は、ショーンを気遣い、「皆んな経験することだ。ツラさを受け入れた方が楽だ」などとアドバイスうぃするが、「ボクは平気、受け入れることなど何もない」とショーン。

 

大学生のエイデン・ポーター

大学キャンパスの芝生で、右脇腹にスケボが突き刺さり、ERに搬送されてきたエイデンは、「お酒かマリファナでもやったの?」と聞くクレアに、「スケボもマリファナもやらない。マジメな学生だ」と言う。

様子が違うエイデン

エイデンの術後経過は順調だった。
エイデンはクレアとモーガンに軽口を叩き、「やっぱ、マリファナやってスケボはマズかったよな」と言い出す。
モーガンが、オペ前はドラッグを否定したと言うと、「これが初対面だろ?」と言い出すエイデン。

エイデンの記憶の欠落は、頭部打撲が原因かも知れないと考え、睡眠脳波を調べた結果、エイデンは夢遊病で、覚醒中のエイデン、睡眠中のエイデン、それぞれ性格が異なることが現れることが分かった。
夢遊病の原因を探るため、クレアとモーガンは、それぞれのエイデンに話しを聞くことに。

インタビュー

覚醒中のエイデンは、成績優秀な大学生。
睡眠中に現れるエイデンは、女の子が大好きで、お酒もドラッグもするチャラい大学生。

覚醒中のエイデンは、”もうひとりのエイデン”がいることに気づいていなかったため、驚き、「それはボクじゃない、別人だ」と言う。

診断をつける

クレアは腫瘍随伴症候群では?と言うが、「精神疾患の解離性障害も調べるべきだ」とメレンデス。
しかしクレアは、「精神疾患なら分かります」と言ったため、ふたりは言い合いになるが、アンドリュースは、MRA、脊髄穿刺、精神科のコンサルなどを指示して、ふたりを止めた。

エイデと、もうひとりのエイデン

検査の結果、くも膜嚢胞が視床下部を圧迫していることが原因だとわかった。
クレアとモーガンは治療可能だと伝えるが、エイデンは、手術を拒否、このまま二重生活を続けると言い出す。
アンドリュースは患者本人が決めたことだと言うが、モーガンは、”もうひとりのエイデン”と話しをしてみたいと言う。

病状説明と治療法を聞いた、もうひとりのエイデンは、「ガリ勉くんは治療を拒否か?だからチャラい俺に頼んでるんだ。俺を葬りされって、そう言うことか?」と。
モーガンは、説得する。

もうひとりのエイデンが同意し、手術は無事に終わった。
エイデンは、もうひとりのエイデンが残したメッセージビデオを見る。

「もう少し力を抜いて生きろ。俺たちは完璧じゃないけど大丈夫だ、きっと幸せになれる。
いいか、ステイシーはキミを好きだ。俺じゃなく、キミをね。じゃぁな、ガリ勉くん」と。

涙するエイデン。

 

ショーンと身元不明女性

身元不明女性

ERに搬送されてきた身元不明女性は、ショーンを見るなり、「コリ、コリ」と呼びかけるなど見当識障害が見られた。
女性を診察したショーンとアレックスは、胸部下行大動脈瘤を疑い、メレンデスを呼ぶ。

緊急手術となった女性。
手術は順調に進むが、術中、頸動脈瘤が破裂し、出血大量で亡くなってしまう。

死亡理由に納得できないショーンは、病理解剖するべきだと言うが、「必要ない」とメレンデス。
リムにも却下されてしまうが、「遺族の許可を取る!」とショーンは諦めようとしない。

身元を割り出す

身元不明女性の遺族を捜そうと必死になっているショーンを見てアレックスは、「カーリーとの別れのツラさから目を背けるためにこだわってるだけだ。前に進まなきゃ」と言うが、「どうやって前に進むの?」とショーン。

ショーンは女性の身体に、”ハチドリのタトゥー”を見つけた。
元刑事のアレックスは、警察のデータベースでタトゥーを調べれば身元が判明するかも知れないと隠密を条件に遺族捜しに協力する。

女性の名前はマリベル・ヴォンティン。
息子ジュールズが11才の時に離婚したことが判明した。
息子ジュールズとショーン

ショーンはその情報から息子ジュールズを見つけ、アレックスと一緒に訪ねる。
事情を説明し、「死因を特定するために病理解剖させて欲しい」と頼むが、母親との良い記憶がないジュールズは、「死因はどうでもいい」とドアを閉めてしまう。

「もう忘れて前に進むんだ。今はその時だよ」アレックスはショーンを説得するが、諦め切れないショーンは、クルマに乗ったジュールズを見つけると、走って戻り、クルマの窓を叩きながら、「あなたの許可が必要だ。終わりにできない。ダメだ。カーリーの事とは関係ない。ドアを開けて!」と騒ぐー。

結果・・・通報され、留置場に。

グラスマンとショーンの本音

警察にショーンを迎えに来たグラスマンは、「パクが口を効いてくれたおかげで釈放された。カーリーと別れたことで動揺してるのか?」と聞くが、「そうじゃない。カーリーと別れたくなかったが、フラれた。カーリーに、リアに愛してるって伝えなきゃならないんだ。そうするべきだってカーリーに言われたんだ」とショーン。
「もし気持ちを伝えて、愛してないと言われたら、カレシにもなれない。もっと怖いのは友だちでもなくなってしまう」とショーン。
「でももし、リアにこう言われたら?”私も愛してる”って」とグラスマンはアドバイスする。

職場を訪ねて来たショーンにリアは、「カーリーとのこと残念だったね」と。
ショーンは、「ボクの気持ちを聞いて欲しい」と言うが、実際にリアを前にして、何も言えず立ち去ってしまう。

自分と向き合うために

ショーンはカーリー宅へ行き、「どうしても遺体解剖したい患者がいる。キミは病理医だ。これが気になって、キミにやれと言われたことができない。キミに立ち合って欲しい」と頼む。

必死で解剖するショーンは、やはり様子がおかしかった。
そんなショーンにカーリーは、「私も別れがツラい。でもリアは特別な存在、そうでしょ?」と聞くが、「キミを愛してるカーリー。でもリアのことはもっとだ」とショーン。
それを伝えることが怖いと言うショーンに、「分かるわ。私との道のりを思い出して。あなたは勇敢に乗り越えた」とカーリー。
ショーンはカーリーを抱きしめ、「行かないと。ありがとう、カーリー」と気持ちを伝えた。

息子に伝えた母の想い

ショーンはジュールズの自宅を再び訪ねる。
「通報する」と警戒するジュールズに、「お母さんの死因は、”エーラス・ダンロス症候群”です。遺伝疾患だ。あなたに虫歯が多ければ、同じ病気かも知れない。難病だけど、対処療法もあります」と言う。
「母の唯一の置き土産が難病とはな」とジュールズ。

「お母さんから”コリ”と呼ばれてた?」とショーンは聞く
ジュールズは頷き、フランス語のハチドリの短縮形で、いつも飛び跳ねている自分を母がそう呼んでいたと言う。
「彼女の身体にはハチドリのタトゥーがあった。そして”コリ”が最期の言葉です。彼女はあなたを愛していた。だけどそう伝えるのが怖かったんだと思います」
ショーンはジュールズにそう伝えた。

 

クレアとメレンデス

「またメレンデスと仲良くやってるらしいじゃない。せっかく私の苦情も意味なしね」とモーガン。
その言葉にクレアは驚く(苦情を申し立てたのはアレックスだと思っていたクレア)。

エイデンの治療方針で揉めたメレンデスとクレアを見てモーガンは、「苦情を言ったことは悪かった」と謝る。

しかし、それは演技。
クレアは、ボーリング場で待つメレンデスの元へ。

 

ショーンの告白にリアは・・・

ショーンは自宅にリアを呼び、「キミを愛してる、リア。キミのカレシになりたい」とストレートに気持ちを伝えるが、リアの返事は、「私も愛してる。でも、私はあなたの重荷になってしまう。あなたが私と付き合うのはムリだわ」と。
「ボクの彼女になりたくないのは、ボクが自閉症だから?」と聞くショーンに、リアは何も言えず、背を向けて出て行く。
ショーンの頬には涙が伝うー。

感想

きっとリアはそう返事するだろうと思ってた。
ある意味、リアの気持ちは正直な気持ちだと思う。

そう考えると、ほんとうにカーリーが素晴らしい女性だったと思う。
彼女は人種どころか、自閉症と言う個性にも囚われずショーンを愛してたんだから。

それなのに、「カーリーを愛してる。それ以上にリアを愛してる」
この言葉はきついよね、キツイよね・・・・
フツーならキレるこのセリフをショーンに言われたら、キレることができない。
本当のことしかショーンは言わないことをカーリーは痛いほど知ってるのだから。

だけど、ショーンは成長してると思わない?
身元不明女性の気持ちを代弁して息子ジュールズに伝えたんだよ?
しかも的確に。
ショーンが成長してるのは、カーリーのおかげでもあると思う。

カーリーのこと、悪く言ってた自分自身を反省してます(^^;)

 

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました