WESTWORLD シーズン 2 #7 エコルシェ

WESTWORLD
WESTWORLD

アカン、ほんま難解過ぎてついて行けない・・・かも・・・

感想はコチラ

 

「ウエストワールド」は ココ? から視聴可能です♪

Photo 引用 all by: IMDb, HBO

#7 エコルシェ Les Écorchés あらすじ

メサハブにドロレスが乗った列車が突っ込んで爆発した。
スタッブスは今すぐ撤退するべきだと言うが、ヘイルはピーター・アバナシーのデータを手に入れることが重要と逃げようとしない。
しかし、最強戦士となったドロレスたちは、メサハブでどんどん兵士たちを殺害する。
ウィリアムは亡霊の国でメイヴと再会する。
「揺りかご」の制御装置と接続したバーナードは、スゥイートウォーターの町でフォード博士と再会する。

 

まとめ & 感想

現在:爆破事故後のメサ ⑴

スタッブスはバーナードに「ストランドの目的は救出じゃない。目的は例の財産だ。この件を知ってるものは消されるぞ」と言い、ふたりで脱出を図ろうとしていたが、そこへストランドがやってきて、話があるとふたりを連れ出した。
ストランドは、テレサ・カレンの殺害現場へ行くと言う。

着いたのは古いラボ。
そこにはヘイルもいて、ストランドはテレサを殺害したのは誰だ?と問い詰めた。
その時、バーナードは記憶が蘇る。
この場所で、フォード博士に指示されバーナード自身がテレサを殺したことを!

すると、救助部隊がラボの中にあった隠しドアを発見する。
廊下の先の一室に入ったストランド、ヘイル、スタッブス、バーナード。
そこには白い布で覆われた何体ものホストが・・・すべてバーナードだった。

衝撃やし・・・
そしてこれで、ヘイル、ストランド、スタッブスがバーナードがホストであることを知ってしまったワケですね

ヘイルはバーナードを座らせ、「ドロレスがメサの攻撃を指揮したのか?」と問うが、バーナードは知らないと言う。
ヘイルは、記憶を思い出せと、解析をはじめさせた

ヘイルが聞いているのは、ドロレスたちが列車でメサハブを爆破させた以降の記憶のようです。
ここから過去の話

 

爆破直後のメサハブ⑴

ホストたちが列車でメサハブに突入し、爆破した。
スタッブスは状況をヘイルと撤退プロセスチームのコフリン隊長に報告、今すぐ撤退するべきだと言うが、ヘイルは、「必要なものを手に入れてから」とコフリン隊長にホスト侵入を食い止めるよう指示した。

ドロレスたちは最強の戦士と化し、メサハブで銃撃戦を繰り広げ、撤退チームはどんどん殺されて行く。
ヘイルはマズイ状況に、ピーター・アバナシーの制御装置をこじ開けてコピーして!と言うがデータ量が膨大で、上手くいかない。

スタッブスがヘイルに撤退するべきだと詰め寄った時、ドロレスとテディが、救護チームの兵士を撃ち殺しながらやってくる。
テディはスタッブスの銃を奪い取った。

ドロレスはヘイルに向かって「あなたが入れた”宝の鍵”が父を苦しめている。取り出す方法を教えろ」と迫り、「今や私たちはあなたたちを超えた」と言う。
ヘイルはドロレスには屈せず「脳を切り裂くのよ」と言い返し、「あなたたちは無敵じゃない。バックアップがなければ復活できない」と言う。
ドロレスはバックアップなど関係ないと言い、ヘイルを脅す。
その時、ピーターが「ドロレス!」と正気を取り戻した。
ドロレスの意識が父親の方へ向かった隙を突き、スタッブスとヘイルは逃げた

隊長コフリンはテディと戦うが、殺されてしまう。

テディは完全に残虐に変身しましたね

 

揺りかごルームにいるエルシーとバーナード

制御装置ドックに繋がったままのバーナードは、スゥイートウォーターの町の娼婦館でピアノを弾くアーノルド・フォード博士と出会っていた。

以下、アーノルドとバーナードの会話を私なりに解釈

・フォードはドロレスに撃たれる前にバーナードを使い、
自分の心を制御装置にコピー、バックアップ(揺りかご)に移していた。(S1 #10)

・デロス社の計画は、人間がホストとなり永遠の命を得ること

・フォードの心はコピーできたが、「揺りかご」の中でしか生きられない。

・現実の世界では、数日で劣化する(ジム・デロスのように #4)

・バーナードを創ったのは、フォードとドロレス

バーナードは再起動が完了し、再び動き出した。
エルシーはバーナードのおかげでシステムがオンラインに戻ったと言う。
しかし、バーナードにはアーノルドの声がずっと聞こえるようになってしまい、アーノルドの指令で以下のことをする

  • エルシーに「彼方の谷」へ行く必要があると言い、下で待ち合わせようと別れる
  • システムをシャットダウンさせ(ドロレスの思うがまま、皆殺しにできてしまう)
    その後、端末を壊した
  • メサハブを火の海にしろと指示されるが、躊躇する・・・

管制室もすべてホストに制圧され、兵士たちは殺されてしまった。

結局バーナードは、メサハブを火の海にしたのか・・・までは不明

 

「揺りかご」ルームを目指すホスト

銃撃を避けアンジャラはひとり、揺りかごルームの制御装置の前に立っていた。
それを追い詰めた兵士。
しかし、彼女の色仕掛けにあっさり乗せられ、アンジェラの自爆に巻き込まれる。

ホストのバックアップが完全消去されてしまったワケですね。
アンジェラは最後、自爆を選んだと言う・・

 

ウィリアムとメイヴ

亡霊の国で先住民に襲撃されたウィリアムは、なんとか交わして廃町までやって来て、廃家に隠れるために入って来た。
しかし、そこにはメイヴと娘が隠れていた。

メイヴはシナリオの過去がフラッシュバック。
ウィリアムに「近寄るな!」と言い銃を向ける。
しかしウィリアムもシナリオどおりの展開に、「フォード、陳腐すぎる。退屈すぎる」とウンザリする。
メイヴはそれを聞き、「自分の意思で動いているのよ」と言ってウィリアムを撃った。
ウィリアムは驚き、逃げた。
メイヴは、娘に必ず迎えに戻ってくるからと言って、ウィリアムを殺すために動く。
メイヴは声なき指令を出し、ウィリアムの仲間に彼を襲撃させた。
ウィリアムは驚きながらも何人にも撃たれ、倒れた。
メイヴがトドメを刺そうとした時、ローレンスがメイヴに銃口を向ける。
ローレンスは覚醒していたため、声なき指令が効かなかったのだ。
メイヴは、「これまでウィリアムにたくさんの貸しがあり、多くを奪われたはず。それを思い出せ。私を殺すか彼に償わせるか選択して」と言う。
ローレンスは、過去の記憶が蘇り、怒りでウィリアムを撃った。
トドメを刺そうとした時、ローレンスが撃たれ倒れる。

バギーに乗った救護部兵士たちが撃ったのだった。
それと同時に、先住民が娘を連れ去ろうとしているのを見たメイヴは、叫ぶが、メイヴも兵士に撃たれてしまう。

バギーには、リーが乗っていた。
リーは、メイヴは特別だからとバギーに乗せてメサハブへ戻るよう指示した

 

彼方の谷を目指すドロレス

父親ピーターの頭から制御装置を取り出したドロレスは、パークへ戻ろうと、階下へ降りてきた。
そこにいたのは、バギーでメサハブまで連れ戻された瀕死のメイヴだった。
「娘を奪われた。娘を助ける約束がある」と言うメイヴに、「絆は、ヤツらに与えられた私たちを縛る縄だ」と切り捨てたドロレスは、去っていく。

その後ドロレスは馬で「彼方の谷」を目指す

リーがその話しを全部聞いてましたね。
これが何かに関わるような気がします

 

現在:爆破事故後のメサ ⑵

ヘイルはバーナードに解析をさせ、ピーター・アバナシーの制御装置のある場所「第16区域ゾーン4」を聞き出す。
ストランドはバーナードを連れてそこへ行くと言う

 

 

アカン・・・たぶん、7割ぐらいしかわかってないと思う(ボソッ)
難解過ぎてアタマがパニック状態っす・・。
特に今回は難しかったわ
フォード博士の話しはいつも抽象的な表現なんで、余計わかりにくくなります
もう出てこなくて良いわ(笑)

フォード博士が ”生きている” と言うていでバーナードは話してるけど、実態は死んでるんですよね?
いわゆる、”意識” が存在していると理解していますが・・・。
そして、出資者のデロス社のやり方、元社長ジムの「人間の永遠の命」的プロジェクトにフォードは納得がいかず、時間をかけて今回のホストの反乱を細工したと言うことかな?

揺りかごルームにあるバックアップは完全に消失。
アーノルドの声の指令でバーナードがホストを完全に自由にさせたようです。

そんでもって、大切なキーがピーター・アバナシーの脳みそに入った制御装置ってことですか?
で、「彼方の谷」にこれから皆が集結して、どうにかなる・・と言う展開と私は理解しておりますが、どうでしょうか?

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました