WESTWORLD シーズン 2 #2 再会

WESTWORLD
WESTWORLD

「ウエストワールド」は ココ? から視聴可能です♪

Photo 引用 all by: IMDb, HBO

感想はコチラ

 

#2 再会 Reunion あらすじ

ウエストワールド開業前、出資を求めてローガンにプレゼンをするため、ドロレスらアンドロイドたちは現実世界へ連れてこられていた。ドロレスは、初めて見る世界の見事さに感動する。
反乱後、デロス社から約800人もの対策チームが送られてくることを知ったドロレスは、ある作戦を実行する。その途中、ドロレスたちは娘を捜すメイヴらとすれ違う。
黒服の男はローレンスを救い出し、共に西へ向かう。

 

まとめ & 感想

過去:パーク開園前

アーノルドとフォードは投資家からの資金を募るため、ホストを同行させプレゼンをすることに。
初めて見る現実の世界の煌びやかさにドロレスは「まるで星が降ってきたみたい。こんな見事なものを見たことがある?」と感動する。
アーノルドは準備不十分を理由にドロレスをプレゼンに出さないと発言、フォードから「偏愛が過ぎる」と忠告されるほどドロレスに肩入れしていた。

夜、アーノルドは、ドロレスを建設中の自宅へ連れて行く。
知的な会話をするドロレスに充足感を感じるアーノルドだったが、ドロレスはここでも「まるで星が降ってきたみたい。こんな見事なものを見たことがある?」全く同じセリフを言うのだった。

アーノルドは、ドロレスだけは他のホストと違うと、思っていた、もしくは思いたかったのでしょうけれど、結局、ドロレスはホスト(ロボット)だと思い知らされたワケですよね。

 

過去:パーク開園前のプレゼン

ローガン・デロスは、アポを取っていたと現れたアルゴス社のアキチタとアンジェラに促され、プレゼン会場へ行く。
投資する気がないローガンだったが、プレゼン会場にいる全ての人間が、実は全員ロボット(ホスト)だと知って驚愕。
その上、同じ人間と疑わずに会話をしていたアキチタとアンジェラまでがロボットと知ると、すっかり魅了されてしまう。

過去:投資から数年後、視察するデロス社の社長とウィリアム

シナリオどおりの日常を送るドロレス、テディたちの動きが、突然ストップする。
デロス社の社長ジムとウィリアムがヘリでスタートの町へ視察にやってきたのだった。
このパークにローガンが投資したが、帳簿は赤字続きで、ジムはここへの追加投資には否定的だった。
ウィリアムは、この世界(ウエストワールド)だけが人の本性を見られる場所だと売り込み、ジムの興味を惹く。

さらに数年後、社長の引退式を祝うパーティーで、余興としてドロレスはピアノ演奏を披露する。
ウィリアム(妻、娘あり)はドロレスと再会する。
ドロレスは、夜景を見て「こんな見事なものを見たことがある?」と呟いた。
ドラッグですっかり落ちぶれてしまったローガンは、「地獄の始まりを祝うパーティーだ」と言った。

過去:ラボの診断室でウィリアムとドロレス

ジムの引退式でドロレスを見たウィリアムはラボでドロレスと再会する。
「ほんとうに ただの”物”なんだな。キミに恋してたのは」と言い、ドロレスと出会い、自分を探求できたことで救われたと言い、ここには答えがあると言い、建設中のパークをドロレスに見せて黙って立つドロレスに「こんな美しいものを見たことがあるか?」と問いかけた。

 

現在:惨劇のあと、ドロレス

地下ラボで働くスタッフは、惨状に気づかず勤務交代を待っていたが、パーク側からゲスト(アンジェラに逃がされた男)が侵入し、「ホストが反乱を起こして虐殺が行われている」と聞かされ驚く。

その時、第19区域遠隔修繕基地の扉からドロレス、アンジェラ、テディと仮面を被った仲間たちが侵入。
銃口を向けたスタッフはアンジェラに撃たれてしまう。

ラボを見渡したテディは、「ここは何なんだ?」と言うので、ドロレスは、ラボスタッフにテディの履歴を見せるよう指示。
テディはずっと人間に記憶を消され続けていたと知り衝撃を受け、怒りに震える。

ドロレスはラボスタッフを拷問し、結集地点に800人の救助チームが集まると言う情報を得る。
ドロレスは、ラボで壊れている(死んでいる)連合軍の男(ダンリーヴ中尉)を見つけ、「起こして。彼に役目を与える」と修復するよう指示。

 

現在:惨劇のあと、ドロレス、メイヴ

ドロレスたちは、ラボスタッフをひとり人質にして、修復した連合軍の男:ダンリーヴ中尉に、仲間を捜させることに。
途中で、ドロレスたちはメイヴ、ヘクター、リーと出会う。
ドロレスはメイヴに「戦争が起こっている」と人間との戦いに参戦するように言うが、メイヴは他のホストに命令し、戦わせることが自由なのか?と反論。
自由を守ることが目的なら、私たちを自由にして言われ、ドロレスは通した。

その後、ダンリーヴ中尉が戻った連合軍のアジトに行き、「仲間に加わりたい」と言うドロレス。
しかし、クラドック大佐は全く興味を示さず、相手にもしなかった。
ドロレスは「彼らはわかっていない。そうできているから。啓蒙してあげましょう」と言うと、テディとアンジェラが銃を乱射、彼らを全滅させた。
そしてラボの男に合図し、クラドック大佐を端末で復活させ、「栄光を与えるのは神じゃない。この私だ」と現実を知らしめた。

ドロレスは、クラドック大佐を従わせ、新十字軍のブリガム大佐の元へ。
そしてドロレスは、目的は場所じゃない。武器よ。それを使ってヤツらを倒すと言うのだった。

現在:惨劇のあと、黒服の男(ウィリアム)

シナリオどおりのローガンが、悪党に捕まり逆さ吊りにされているところを、ウィリアムが助ける。
しかし、ホストはゲストを襲うように変化しており、ウィリアムは撃たれてしまう。

ウィリアムはローレンスを連れて酒場へ行き、この世界(ウエストワールド)は崩壊しつつある。このままではホストもゲストも現実に死んでしまう。
オレは外の世界に戻り上訴し、ここを焼け野原にすると言う。西へ馬で3日行くと言うが、
ローレンスは西では連合軍が何百人と結集している。こっちも軍が必要だ。もしくはパライアを抜けるしかないと言う。

パライアの町に着いたウィリアムとローレンス。
エル・ラゾ(違うホストが演じている。以前はローレンス)の仕業で町は死体だらけだった。

その時、ウィリアムとローレンスはエル・ラゾの仲間たちに包囲される。
ウィリアムは、西に向かっている。協力してくれたら、着いた暁に、財宝を見せてやる。真の勝利を味あわせてやると誘うが、エル・ラゾは断った。

ウィリアムはエル・ラゾの頭に銃を突きつけ、部下を借りていく。オレに従うように仲間に言えと言う。
その時、エル・ラゾが「これはお前のゲームだ、ウィリアム。自分でプレーしろ」と言った。
その言葉を合図に部下全員が銃で自殺する。
エル・ラゾは「彼方の谷で会おう」と言ってウィリアムの銃で自殺する。

ロバートの言葉を言ったエル・ラゾ。
まるで全てがロバートにコントロールされているような、恐ろしさがあります

 

ドロレスの表情がシーズン1とは別人のようですね~。
興味深いのは、フォード博士がウィリアムに仕掛けたゲームです。
自分で考え、動いているようでいて、フォードが仕掛けたとおりに動かされている感。
それがウィリアムの気持ちを逆なでしていますね。
ウィリアムの目的は、「パークからの脱出」だと思います。
それが、パークの西、彼方の谷なのかな。

そしてそれは、ドロレスたちも向かっている場所なんですよね?

メイヴだけが娘を捜すための別行動中ですね

 

 

 

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました