ウォーキング・デッド10 #13 選択

ウォーキング・デッド
ウォーキング・デッド

 

「ウォーキング・デッド 10」は、hulu で見逃し配信あります。
もちろん、シーズン1~10まで視聴可能です。

 

これでミショーンは最後
13話は、ALL ミショーンエピソード

フィナーレを飾るかのように、過去のシーンが!
グレン、カール、サシャ、エイブラハムそしてマギーが!!!!

 

#13 選択 What We Become あらすじ

オーシャンサイドを混乱に巻き込んだバージル。大量の武器を渡すと言ったため、ミショーンはひとり、バージルのボートでブルーズワース島へと着く。
しかしバージルは、のらりくらりとするばかりで、約束のものを渡すどころか、彼の家族さえその島にいなかった。
バージルを信用できなくなったミショーンは、バージルに脅すが、バージルが言ったのは、ウォーカーを始末して欲しいからキミを呼んだと言う言葉だった。

 

まとめ

ブルーズワース島

バージルのウソとホント

”海軍基地に武器が大量にある”
バージルの言葉を信じ、ミショーンはバージルのボートで、彼を拘束したまま5時間をかけて島に着く。
「武器は内陸にある」とバージル。
ミショーンはバージルと島の中へと入っていく。

しかしバージルは途中の菜園で、「早く戻りたい。急いで」と言うミショーンを無視してハーブを収穫しはじめる。
建物を見つけたミショーンは、武器庫か?と聞くが、「あれは研究所だ。倒壊しかけてる。近寄るな」と言う。

居住地らしい場所に着いても、人の気配がないことに不信感を持ったミショーンが、「ふざけないで!家族はどこなの?」とバージルを脅すと、「家族は皆死んだ」とバージル。
その事実に驚愕したミショーンは、武器は自分で探すと立ち去ろうとするが、「危険だ!野蛮なヤツらが来て、家族が殺され、ウォーカー(リッパー)になった。戦った経験が少ないからできなかった。キミは剣の達人だ。妻と子どもたちは建物の中にいる(ウォーカーとして)。だからキミを連れてきた」と言い出す。

研究所

ミショーンはバージルと研究所の中に入る。
バージルは手間ばかりかけ、何の役にも立たない。
ミショーンひとりで大量のウォーカーを始末した。
そして首吊り自殺しウォーカー化した者たちの中に、家族を見つけたのだった。

墓に花を供え、家族のことを語りながら、ミショーンに感謝するとバージル。
しかしミショーンは、「悪いけれど時間がない。約束のものを渡して」と言うが、それでもバージルは、のらりくらりし、最後には、「日が暮れる。潮も引きボートは出せない。ひと晩待つべきだ。朝まで待ってくれ」と言い出す。

 

ミショーンは納得できないまま、島でひと晩を過ごすことに。
しかし無線も通じない状況に、ひとりで武器を探し回りはじめる。

ある建物に入ったミショーンは、男女の話し声が聞こえた。
それを探ろうと、壁に耳を当てるミショーン。
その時、突然現れたバージルはドアを閉め、ミショーンを閉じ込めた。
「バージル!開けて!」叫ぶミショーンにバージルは、「ナゼ朝まで待てない?危険だと言ったろ。キミを信じてたのに裏切られたよ」と言う。

 

軟禁状態のミショーン

何とか脱出しようと試みたミショーンは、ドアを叩いたり、隣の部屋との壁を叩くが、どうすることもできなかったー。

そして気づいた時には剣はなく、食事が置いてあった。
ミショーンはフラつきながら立ち上がり、再びドアを叩く。

その時、隣の部屋から女性の声で「落ち着いて」と声がかかった。
ミショーンは、「誰なの?どのぐらい経ってる?」と聞く。
女性は、1日は経過していると言う。
「ナゼ呼んだ時にナゼ答えなかったの?」ミショーンが聞くと、「彼の機嫌を損ねたくなかった。静かにしているのが1番」と彼ら。
彼らが言うには、「至る場所にトラップがあり、逃げられない。バージルは私たちを避けている」と言う。

 

バージルの仕事仲間

ジェレマイア、セレステは研究所職員でバージルの同僚、ルーシーは助手だった。
バージルと彼らは、島に流れ着く人々を全員受け入れていたが、そのうち食料が足りなくなり、争いが起き始め、殺し合いが始まったと言う。
パニックになったバージルは、研究所のドアをすべて封鎖したが、その中に妻と子どもがいることを知らなかったと言う。
「壊れたのね・・」とミショーン。
ジェレマイアは、「まるで別人だ」と言い、彼らはそのままここにいると言う。
セレステは、「食べ物は安全なはずよ。休んで体力をつけて」と言う。

 

幻覚との対峙

しかし食事には毒(アサガオ)が盛られており、ミショーンはまた意識を失くす。
音がして意識を取りもどしたミショーンは、ドア越しに立つバージルに、「ここから出しなさい!」と叫ぶが、「それはできない。キミが俺を殺すから。争いたくない」と言われてしまう。
その直後から、幻覚がはじまったミショーン。

幻覚の中でミショーンは、セディクに責められ、アンドレアを助けなかったことを思い出したり、ニーガンの「聖域」のメンバーとなり、グレン、エイブラハム、サシャ、アーロン、ロジータ、マギー、カール、そしてリックを処刑する場に立ち合う。
そして、ダリルから矢を放たれ、リックから銃を向けられ、撃たれた幻覚を見たあと、現実に引き戻される。
苦しい嘔吐を繰り返すミショーンの横にいるバージルは、ミショーンに水を渡すが、その隙をつき、バージルの足をフォークで突き刺したミショーン。
ミショーンはバージルからナイフを奪いとる。
するとバージルは慌てて逃げ出した。

 

バージルとの対峙

ミショーンは、ジェレマイアらを解放し、脱出するためにボートへ向かうが、先回りしたバージルは燃やされてしまう。
4人は、バージルを殺すしかないと判断、追いかける。
ミショーンが追いつき、馬乗りになってバージルにトドメを刺そうとするが・・バージルの目を見て、殺せなくなってしまう。
「彼を見て。彼は罪を償いきれない。彼を殺せば、自分自身を失う。何も解決しない」とミショーン。
しかしセレステは、「やらないならどいて!」と言う。
「情けは平穏をもたらせてくれる」ミショーンは彼らを説得した。

 

武器の代わりに見つけたもの

彼らはバージルを拘束、監禁した。

ミショーンは武器を探し回るが、結局何もなかった。
「何もなかった。約束の武器は何処なの?」ミショーンはバージルを問い詰めるが、「武器の話は本当だ。場所を教えると言ったんだ。落ちてる薬莢を見つけた」とバージル。
手ぶらでは帰れないと言うミショーンにバージルは、何でも持って帰れば良いと言い、倉庫へ。

倉庫でミショーンは自分の荷物を取り戻し、持ち帰れるものを物色する。
その時、ミショーンの目に映ったのは、リックのウェスタンブーツだった

ミショーンは思わずブーツを抱きしめ・・・、次の瞬間、「これを何処で?」と迫って聞く。
バージルが、嵐で流れ着いた船の中で見つけたと言うので、ミショーンは船へ行く。
船はどこから来たのか不明だった。
船内を調べていたミショーンは、電源が切れたスマホ画面にメッセージがあるのを見つける!
そこには、ミショーンとジュディスらしきイラストと、「rick もう少し信じてみて」と日本語のメッセージがっ!

「知ってたのね?私たちを捜しに来たのね?彼はここで何をしたの?」とバージルを問い詰める。
しかしバージルは、ミショーンが誰の話をしているのか?何のことを言ってるのかも分かっていなかった。
泣きながら訴えるミショーンにバージルは、「セレステらの力を借りればエンジンは動かせる。その人が船にいたのなら、また見つけられる」と言う。

 

出発

バージルの選んだ道

ミショーンは、ジェレマイア、セレステ、ルーシーと船で島を出航する。
ミショーンは「今が島から出るチャンスよ。セレステたちはあなたを許す」とバージルを誘うが、バージルは島に残ることを選んだ。

 

交信

ミショーンが無線で連絡を取ると、ジュディスが応答した。
それは久しぶりの交信で、RJもママとの会話をよろこぶ。
ミショーンは、目的の武器はなかったが、島で出会った3人と一緒に戻っていると言い、ジュディスたちの様子を尋ねた。
「ウィスパラーズは倒した。ウォーカーの群れもほとんど始末した。アルファはもう来ない」とジュディスはママを心配させないためにウソをつく。
ウィスパラーズの脅威が去ったと聞き安堵したミショーンは、「勇者(リック)の持ち物を見つけた。それが意味するものは分からないけれど、まだ生きてるかも知れない」と伝える。
するとジュディスは、「探しに行って。行かなきゃダメ。助けを求めているのかも。パパは帰りたいのに帰れないのかも知れない。行って!捜してきて!」と言う。
最初は躊躇していたミショーンだったが、ジュディスに背中を押され、「北へ向かう。毎日無線連絡する」と約束し、リックを探すことを決めた。

リックを探す旅

陸地に着いたミショーンは一人、両手とあごを切り落としたウォーカー2体を連れてリックを探しはじめた。
しかしその途中、男女のカップルと遭遇する。
女性は足をケガしている男を抱え、必死に進んでいた。
「助けてくれ。置いて行かれる」、男はそう言って前の方を指刺す。
ミショーンが見たのは、同じ方向へ移動している大勢の人間の集団だった。

突然、ミショーンは引き連れていたウォーカー2体を始末し、男に手を差し伸べた。
肩を貸したミショーンは、3人で集団の方向へと進み出すのだったー。

 

感想

ねーねー、なんで重要と思われるスマホ画面に書かれたメッセージが日本語なの
ネット検索しても、ここに触れてる人あまりいないんだけど。
気になります~。
「もう少し信じてみて」とミショーンとジュディスらしきイラスト。

ミショーンとジュディス に 信じてみてと伝えているのか、
ミショーンとジュディス を 信じてみてなのか、
どっちなんだろー

しかしこのエピソードがシーズン10では解明されないだろうコトは想像がつきます(笑)
この手の疑問は、年単位で放置されるんだろうなぁ(笑)

これでミショーンは降板のようですね。
でもこの降板の形は、死んでいないので、スピンオフや映画版「ウォーキング・デッド」で再会の可能性を残していると言うことですから、死ぬよりは私は良かったです。
俳優陣の降板問題は仕方ないとは思うけど、やっぱり死んで降板だと、二度と会えないワケですもんね。

そもそもバージルが出て来た意味がわからんし、彼の家族にまつわる話しも、不要な感じですけど、リックの形跡を見せて、ミショーンを捜索の旅に出すには、必要だったのかな?と理解してます。

しかしウォーキング・デッドの軌跡を見せるような内容でしたね~。
アンドレアに始まり、グレン、エイブラハム、サシャにカール

そんなワケでフィナーレ感が漂った13話でしたが、これはミショーンの降板を称えるエンディングですね。
シーズン10は、あと残り3話です

 

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました