ウォーキング・デッド10 #11 夜明けの明星

ウォーキング・デッド
ウォーキング・デッド

 

「ウォーキング・デッド 10」は、hulu で見逃し配信あります。
もちろん、シーズン1~10まで視聴可能です。

 

#11  夜明けの明星 Morning Star あらすじ

ニーガンは、正式にウィスパラーズの一員となり、マスクを被りウォーカーの大群と移動を開始する。
ヒルトップのユージーンは、謎の相手との交信を続け、互いのコミュニティの距離がそう遠くないことを知る。
アーロンはメアリーを連れてヒルトップを訪れる。
ダリルはリディアを連れて、エゼキエルはキャロルを連れてヒルトップへとやってきた

 

まとめ

ウィスパラーズ

ベータは仲間と袋に木の汁を集め、いくつもの袋を製作する。
アルファはニーガンに、”ウィスパラーズ”に仲間入りの儀式をする。

その後ウィスパラーズは、「我々が世界の終わり。奴らを根絶やしにする」と言いながら、大量のウォーカーを率いて大移動を開始する。
その中にはマスクをつけたニーガンも。

ニーガンはアルファに、「ヒルトップとアレキサンドリアの大虐殺に反対はしない。だがヤツらを降伏させ、ひざまずかせ、仲間に引き入れるのが得策じゃないか?」と進言。
アルファは、「説明して」と聞く姿勢を見せる。

 

ヒルトップ 1

交信を続けるユージーン

”ティータバグ”、”ブルーウィーヴル”
互いをそう呼んで交信を続けるユージーンとステファニー。
会話から、互いの生活圏距離が、数百マイルしか離れていないことを知る。

ユージーンは勇気を出し、「ボクはバージニアにいる。時と場所はキミが指定しれくれればいい。キミに会いたい」と言う。
するとステファニーも会いたいと言い、仲間に交信を取っているコミュニティがあることを話す。その反応を見てから考えようと提案する。

メアリー(ガンマ)の存在

アレキサンドリアから馬車が到着する。
その中に、知らない顔(メアリー)を見たアールとアルデンは、「新入りは封鎖したハズだ」と不満気。
アーロンはアールに「彼女はアルファのキャンプを逃げ出した。協力してくれてる。アダムは彼女の甥だ。会いたがっている」と言うが、アールは声を荒げ、「敵に俺の息子を会わせるなんて聞いてない。息子に近寄らせるな!」と拒否する。

エゼキエルとキャロル

どこへも戻ることができないキャロルは、ダリルのキャンプにいた。
そこへやって来たエゼキエルは、「ジェリーとケリーがヒルトップに戻った。洞窟でのキミのことを聞いた」と言う。
エゼキエルはそれ以上何も言わず、キャロルのそばに座り、ヒルトップへ戻ろうと言う。

 

ヒルトップ 2

途切れた交信

ユージーンが席を外している時に、無線室に入ったロジータは、無線から聞こえる女性の声(ステファニー)を聞き、「誰なの?」と応えてしまう。
戻って来たユージーンがその状況に気づき、慌ててステファニーに交信するが、応答がなくなった。
ユージーンはロジータに、「出て行ってくれ!」と苛立ちをぶつける。

 

コニーとマグナの救出

ジェリーとケリーは無事にヒルトップへ戻った。
ケリーは、崩れた洞穴に生き埋め状態のコニーとマグナを救出に行こうと言うが、ユミコはどうするべきか迷っていた。

そこへダリルが、リディアを連れてヒルトップへとやってきた。
「何があったの?探しに行かないと」と言うルーク、ユミコ、ケリーに、「今はダメよ、ママが来る」とリディア。

 

作戦会議

偵察隊を2名だし、会議をするヒルトップ。
リディアは、「ウィスパラーズは、数千のウォーカーでこちらに向かってる。ヒルトップを突破してアレキサンドリアへ向かう気だ」と言う。
いろんな対策案が出るが、ユミコとアーロンは、戦士が数十人しかいない状況では勝てると思えないと言う。
それでも、「こんな素晴らしい町は他にない。大切な町を守って死ぬなら本望だ」とアール。
ダリルは、「まずは子どもたちをオーシャンサイドへ避難させよう。武器や食料を運び、向こうで態勢を整える」と提案、受け入れられた。

移送準備中、へエゼキエルがキャロルを連れてヒルトップへ戻って来たが、ダリルはキャロルに声をかけることはなかった。

 

封鎖され、抱囲されたヒルトップ

ダリルがバイクで先導し、馬車はオーシャンサイドへ向かうが、その道中、道が封鎖され、偵察に出た仲間は殺され、ウォーカー化した状態で吊されているのに遭遇する。
そのやり方を見たダリルは、「ニーガンだ。アルファの仲間になった」と言う。

戦う覚悟を決めたヒルトップ

覚悟

ヒルトップに戻ったダリルらは、「道が塞がれた。抱囲されてる。もう移動できない」と告げる。
住民らは不安と恐怖に混乱するが、アールは、「このために訓練を積んできたんだ。しっかりしろ!覚悟を決めるんだ。生きるために戦う!」と皆を鼓舞する。

 

メアリー(ガンマ)の願い

甥を見つけたメアリーは近寄るが、それに気づいたアルデンが阻止する。
「お願い、顔を見させて。私も彼らを憎んでいる」とメアリーは懇願。
アーロンも彼女はアダムを傷つけないと言うが、「絶対ダメだ」とアルデン。
アールは妻タミーを、アルデンは恋人イーニッドをウィスパラーズに殺された怒りで、メアリーを許すことなどできないのだった。

 

エゼキエルとキャロル

キャロルはエゼキエルの首の腫れに気づく。
「打ち明けたかった。甲状腺ガンだ」と言うエゼキエルにキャロルはキスをし・・ふたりはひとつになる。

事を終えたあとエゼキエルは、「キミは変わった。ユーモアがなくなった。キミが俺としたのは、今夜、死ぬと思うからか?」と聞くが、キャロルは、「今夜、死ぬの?」と冗談めかして返すのだった。

 

ユージーンとロジータ

ステファニーとの交信は途絶えたままだった。
ウィスパラーズの襲撃に備え準備するユージーンの元へやってきたロジータは、「ベータとの戦いを思うと不安だ」と打ち明ける。
ロジータは落ち込むユージーンに、彼女が好きならトライを続けるべきだと言う。

その言葉にユージーンは交信をし続け、以前、彼女が歌って欲しいと言った歌を歌う。
するとステファニーも歌で応答した。
「通信を切ってごめんなさい。動揺したの。会いたいわ。チャールストンの車両基地、カノワ川の南1マイルよ。1週間後に来られる?」とステファニー。
「行くよ。必ず行く。約束する」ユージーンは答えた。

 

リディアとキャロル

ヘンリーとの思い出の落書きの側に座るリディア。
キャロルはリディアに、「私を憎んで。彼女を殺すわ」と言う。
リディアは「それでも救われない」と言う。
キャロルは、愛する息子を失った哀しみを。
リディアは怪物と呼ばれる母を持った苦しみと哀しみ、そして大好きだったヘンリーを思い涙する。

 

戦いを前に

大量のネズミが走っているのを見たユミコは、「群れが来るわ!」と叫び、皆に戦闘態勢を取らせる。

エゼキエルはリディアに「ヘンリーのだ」と言って、プロテクターを渡す。

アーロンはメアリーに武器を渡した。

ダリルはエゼキエルの体調を気遣うが、「甲状腺ガンだ。だがいいんだ」とエゼキエル。
ダリルは、「厳しい戦いになる。子どもたちが心配だ。もし、あんたか俺が倒れたら、子どもたち連れ出す」と約束しあう。

ダリルとジュディス

ジュディスは「協力したい。戦える。怖くない」とダリルに言うが、「これまでのウォーカーとは違うんだ」とダリル。
「私が怖いのは弟のRJを守れないこと。ママのことも心配。あなたが傷ついたり、あなたを失うのも怖い。キャロルも心配」と言うジュディスに、「怖くて当然だ。彼らのために戦う」とダリル。
ジュディスは、「これ、作ったの。お守りに」と新しい翼がついたベストを手渡す。
「すごいな、気に入った」とダリル。
ダリルは「もうひとつ。エゼキエルがお前とRJを探し来たら、俺がいなくても一緒に行くんだ。約束してくれ」と言う。
ジュディスは、約束すると答えた。

ダリルとキャロル

「私を嫌わないで」キャロルはダリルに言う。
「嫌ったりしない」とダリルは答えたが、そのまま行ってしまう。

 

戦闘

辺りが暗くなった。
彼らは、ヒルトップの門の前に、高圧線を流したトラップ、木々と柵で作ったトラップの2つの防御を準備し、全員で襲撃のときを待っていた。
その時、ケリーがウォーカーが近づいてきたことに気づく。
すると信じられない数のウォーカーが、現れ、ヒルトップに向かって前進してく来る。

まずは高圧線で燃え落ちるウォーカーたち
しかし、余りにも大量のウォーカーが高圧線に引っかかったため、押される力で高圧線が切れてしまう。

高圧線のトラップを越え、次の木々の柵のトラップへと進むウォーカー。
アーロンの指示で住民たちは訓練どおりの隊列でウォーカーに立ち向かう。
柵で止められたウォーカーを、彼らは1体1体始末していくが、あまりの数に終わりがない。
そしてとうとう押す力で柵が倒れはじめた。
そこへベーターが製作した弾がいくつも飛んで来た。
「油の匂いがする」とジェリーが叫んだ瞬間、火矢が飛んできて、たちまち火の海になる。

その光景を見たニーガンは、「仲間に引き入れるのでは?」と言うが、アルファは、「そうだよ。群れに引き入れる」と答える。

「退却だ!」
ダリルは叫び、ヒルトップの中へ戻ろうとするが、飛んで来た火矢がヒルトップの門を燃やしはじめ、入ることができなくなってしまった。

 

感想

久々にものすごい数のウォーカーの登場でした。
あの映像、デジタルで作ってるんでしょうけど、あれだけの数で攻め込まれたら、ほんとうに怖いと思う!

あ!
話は私の夢の話ですが・・・
数日前、私は夢でウォーカーに襲われました(笑)
自分では、ウォーカーを始末できると考えてたんですけど、実際ウォーカーに向かって来られたら、あまりの恐怖で声が出てしまいました。その上、ナイフで脳天を突き刺そうとするんですが、上手くいかない!
やっと突き刺したと思ったら、ナイフが骨に食い込んで抜けなくなり、絶体絶命に!
なんとかウォーカーを崖から突き落として助かりました

これ夢の話ですが、私はウォーカーとの攻防戦、経験済みです(笑)

 

話をドラマに戻し・・・・
私の見解ですが、ニーガンはこの不条理な闘いを止めさせるために、ウィスパラーズに入ったんじゃないと思います。
だけど、そんな簡単にアルファをコントロールできるハズはない。
今回、ヒルトップ襲撃を知ったニーガンは、「降伏させてひざまずかせ、仲間に引き入れる方が良い」とアルファに進言していたところから、私はそう推測してます。
だからヒルトップに向かって、火矢を放つ時も、「話が違うんじゃないか?」と言ってましたしね?
まぁアルファの返し、「群れにして引き入れる」は、頭良い返しだなと感心しましたが。

アルファはヒルトップの中に娘リディアがいることを知らないですよね?
今、まさに娘を殺そうとしてるんですけど。
気づかないかな。

ニーガンのウォーカーマスク姿は、ちょっと笑いました

そろそろ誰かが死んじゃいそうですね
ダリルがエゼキエルに感謝の言葉を伝えるシーンを見て、(あー、死のフラグはエゼキエルか・・)と思った私です。

ところでユージーンは1週間後にステファニーに会う約束をしたけれど、この状況・・・
会えるワケないよね???
どうなる??

 

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました