ヴァイキング~海の覇者たち~5 #16 釈迦

ヴァイキング 海の覇者たち
ヴァイキング 海の覇者たち

「ヴァイキング~海の覇者たち」は、Amazonプライムビデオで視聴できます♪

30日無料体験でお試しを

 

感想はコチラ

 

#16 釈迦 The Buddha あらすじ

ウェセックスでは、アルフレッドが約束どおりイーストアングリアの全土を北の民に譲渡する。
アルフレッドは、謀反を計画した有力者をエセルレッド以外全員処刑するが、ジュディスはエセルレッドをこのままにしておけないと考えはじめる。
敗者となったハーラル王はヨークへと戻るが・・。

 

まとめ & 感想

ウェセックスで

アルフレッド王は広間で有力者たちを前に、イーストアングリア全土を北の民に譲渡する調印をする。
ビヨルンは、サクソン人が以前のように裏切るのでは?と言うが、アルフレッドは、王の護衛をつけ、北の民の権利を守ると約束する。

調印式のあと、アルフレッドはエセルレッド以外の謀反者13人を捕らえ、つるし首で処刑した。

アルフレッドの処分に納得できないジュディスは、謀反のリーダーはエセルレッドだと言うが、「兄を許した」と言うアルフレッド。
ジュディスは、「許すのはエセルレッドから話を聞いてからにするべきだ」とし、母としてジュディスがエセルレッドに聞くと言う。

一方ビヨルンは、行方不明のラゲルサを捜すが見つからない。
ビヨルンたちは、ラゲルサが自らの意思で行方を眩ませのでは?と考え始める。

ヘフマンド司教にトドメを刺した捕虜グンヒルドにラゲルサについて聞くが、なんの情報も得られなかった。
ビヨルンはグンヒルドを解放し、行動を共にする。

 

母とエセルレッド

ジュディスはエセルレッドを呼び出し、キネハード卿が告白した。すべてを知っていると言う。
エセルレッドは、キネハード卿から「アルフレッドの支持者は皆無で廃位は確実」と持ちかけられ、王位継承を辞退させられらことを恨み、謀反を起こす予定だったが、直前で拒否した。謀反計画に乗ったことを後悔している。
その償いのつもりで戦場では弟を守ったと言う。

 

イーストアングリアへ

キリストの祈りを受け、ウベ、トービ、ビヨルンはイーストアングリアまでやってくる。
ウベは、肥えた土のある広大な土地に喜ぶ。

しかし、ここでは全てキリスト教のしきたりで事が運ぶため、神々に生け贄を捧げようとしないウベとトービ。
夜、教会のミサには、異教徒のビヨルンとグンヒルドは参加しなかった。

ビヨルンは、父ラグナルの夢がここにあるが、ここは自分の居場所ではないと言い、カテガットを奪還するためハーラルと手を組むため、ここを出る決心をする。
ビヨルンは、トービにはこれまで夫婦だったこと、子どもを育ててくれたことに感謝を伝え、イーストアングリアを出て行く。

 

母ジュディス

身体の弱いアルフレッドはイーストアングリアで倒れ、ウェセックスに戻って来た。
エルスウィズは妊娠していることがわかる。

ジュディスは有力者たちにアルフレッドは倒れたが、必ず回復すると言うが、彼らは虚弱体質の王を支持できないと口々に言い出す。
エセルレッドは、有力者たちに話をして騒ぎを収める。
それを見ていたジュディスは、有力者から慕われ、信頼されているエセルレッドを脅威に感じるのだった。

ジュディスはエセルウルフに毒を盛り、殺害してしまう。

 

ヨーク

ウェセックス軍に負けて戻ったハーラル王を待っていたのは、この機会にハーラルを蹴落とそうとするアイヴァーの戦士たちだった。
しかしハーラルは、反対勢力を皆殺しにし、マグヌスを「ラグナルの息子」と紹介し、どんどん領土を拡大していくと戦士たちを鼓舞する。

ウベ、トービとは袂を分かつことを決めたビヨルンは、グンヒルドを連れ、ヨークを訪ね、ハーラル王と会う。
マグヌスはビヨルンが来たことに喜びを顕わにし、カテガットを一緒に襲撃しようと言うのだった。

カテガット

カテガットにもハーラル王がウェセックスを襲撃し、負けたこと。
ウェセックス軍には、ラゲルサたちが加勢したと言う情報が入る。
アイヴァーは、自分なしでは勝てないといい、子どもが産まれた後、イングランド遠征に行くと言い出す。

商人が売る釈迦仏像に惹かれたヴィトゼルクは、旅に魅せられる

フロキ

厳しい天候が続くアイスランドでは、フロキとチェーティルたちが、ひもじいながらも安定した生活を築き始めていた。
その矢先、ヘルギが凍傷を負いながらやってきて、家族だけで生きることは不可能。助けて欲しいと懇願する。

フロキはやっと町が形を成してきた時に、エイヴィッド一族を再び受け入れるのか・・と悩む。
しかし、チェーティルが彼らを助けようと言ったことで、フロキは動き出す。

ブリザードの中、ヘルギの案内でエイヴィッド一家の元へ向かうフロキ、チェーティル。

 

エセルレッドもアルフレッドも自分の息子なのに、毒殺する?
もう何するねんって感じ・・・。
これでアルフレッドが死んだら、ウェセックスはマズイ状況になるのに、冷静さを失ってしまったんやろね

イーストアングリアでの生活が安定すると良いな、ウベとトービ。
ふたりは幸せになってもらいたいと思う。
カテガット奪還はビヨルンに任せて正解だと思う。

ラゲルサは、どこへ行ったのかな?
ハーラル王の捕虜になったワケでもないようだし

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました