THE PATH シーズン3 #12 我が国の新宗教

THE PATH
THE PATH

THE PATH season3は、毎週木曜日に新エピソード公開です

 

感想はコチラ

#12 我が国の新宗教 A New American Religion あらすじ

「マイヤリズムはカルト集団」の記事が話題になり、TV出演するニール教授。
サラは自分がニールに相談したことのすべてが利用されていることを知り、怒りと悔しさで一杯になる。
エディはリリスと会うことを決意。マイヤリズムについて調べるうちに、信じる心を試される。
カルは、組織を守ると決意するが・・・・。

 

まとめ & 感想

カルト集団のレッテル

ニール教授は、マイヤリズムがカルト集団であると執筆。
話題になりTV出演。
新指導者のエディ・レーンは精神疾患の病歴があり、組織は誓約書を導入して基本的人権を放棄させていると言い、
「私は誰も知らない隠された創始者スティーブン博士の初期の日記を入手しました。日記によると共著者がいたがその相手は博士の患者です。マイヤリズムは危険人物レーンのカルト集団です」と言うのだった。
ニールとサラの関係を知らないカルは、「情報が漏れている」と内部告発ではないか?と言う。

ニールのカルト発言は、信者に動揺を与えていた。
「スティーブン博士を中傷している。別の著者がいるって何なの?誓約書のことは?」
怒りや疑問、不安の声があがる。
ヴェラはTVプロデューサーからエディに出演オファーが来たと言い、直接対決のチャンスだと言う。
信者たちは皆、出演するべきだと言い、カルも僕らとスティーブ博士を守ってくれと言い、出演が決まる。

しかしエディは、自分さえ守れないのに無理だとカルに打ち明ける。
カルは、組織を守りたいと自分が出演することを決める。

 

リリスと会うエディ

「あいつ(ニール)を信じ過ぎた。ヤツとの関係は終わりだ」エディはサラに言う。

エディ、サラ、ヴェラは入院中のリリスに会いに行く。
エディはリリスから以下を聞く。

・リリスはスティーブン博士の患者だった。
・”光のはしご” はリリスが見たビジョン(夢?)である
・博士の想像力と夢は違う。私の夢(ビジョン)は必ず実現する。エディは死ぬ。未来は変えられない。

サラとヴェラは反対するが、エディはリリスを退院させよう言う。

 

リリスが見た最期

退院したリリスは、「終わりを見た。バリで終わる」言い出す。
アジア進出の話を知らないハズの母のビジョンに驚いたヴェラは、「仕組んだのね?」と言うが、リリスは「見たの。でも現実なのね」と言う。

ヴェラはエディに電話をし、バリ進出は止めて欲しい、母が終わりの地だと・・・と言うが、エディはリリスを恐れないと本気にしないのだった。

ヴェラは、裏の手を使ってバリ進出の話を潰した。

 

メアリーの決断

その頃、メアリーはバック・バーンの選挙事務所でフォローをしていた。
マイヤリズムのニュースを知ったと言うバック。
その上でバックは、カルを頼ったのは破滅しかねない衝動をコントロールするためだが、今の自分を支えてくれているのは、マイヤリズムもでカルでもなくメアリーだと言い、秘書として正式に雇用したいとオファーされる。

自宅で討論会の準備をするカルを手伝いながらメアリーはスティーブ博士を守る理由がわからないと言い出す。
そしてバックから秘書としてオファーを受けたことを話すが、カルは断ってくれと言う。
メアリーは、討論会に出るのを止めて欲しいと言うのだった。

カルはメアリーとデートしプロポーズをする。
喜ぶメアリーは、変わるためにはマイヤリズムを出るの。そうじゃないとあなたを愛せないと言うが、カルは組織からは抜けないと言う。
メアリーは(バックの)仕事を受けることを決める。

 

TV討論会

本番直前、サラはカルに電話でスパイは私だと告白。ニールと関係も持ったと言い、この話を使ってニールをやっつけて!と言う。

カルは巧みな話術でニールを圧倒し優勢の形で討論会を終えた。

メアリーはフォレストを連れて自宅を出る

 

マイヤリズムはどこへ

エディは、マイヤリズムの闇とスティーブ博士を浄化しなければダメだ。みんなに話そうと決意する。

翌朝、カル宅を訪れたエディとサラだったが、そこにはメアリーとフォレスと姿がない。
カルは別居していると説明する。

エディは、討論会でのカルを称賛した後、マイヤリストに真実を話そうと思うと切り出す。
マイヤリズムの歴史を書き直し、スティーブ博士を消し去る。新しい啓示を俺が書くと言う。
しかし、組織を守るために討論会に出たカルは、動揺する。

サラも「真実に向き合う時が来たのよ、全員が。カルが博士から受けた傷、痛み、苦悩は、あなた自身と人生を壊してきた。」と言う。
しかしカルは、真実を話せばみんな去る。ふたりに(真実を)告白するのさえ30年がかかったのに、それを皆が知ることになるなんて絶対にやめてくれ。マイヤリズムが終わると言う。
エディは、終わらない。今は皆、博士じゃなく俺を信じてる。俺は守りたいんだ刷新すると言い切った。

ヴェラは自宅に帰り、バリの計画は中止したと言う。
リリスは泣くヴェラを抱きしめながら「私たちが止められるようなものじゃない」と言う。

カルは、質屋から銃を買う

 

実は、次の13話で終わりなんですけど・・・
コレ、どこに着地するんかな?
ん~、残念な終わりになるような気がする・・・。

シーズン1は良かったな(言ってはイケナイことか・・・)

とにかく最後まで見ます。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました