アウトキャスト #5 守るべき人

アウトキャスト
アウトキャスト

<あらすじ>

アリソンがまだ悪霊に取りつかれていないか不安に感じたカイルは、その思いをアンダーソンに伝える。すると、アンダーソンはカイルの不安を取り除くため、これまでに悪魔ばらいを施した者たちを訪ねることを提案する。メーガンはそんなカイルの相談を受けて、アリソンと直接会うことに。アリソンに異変がないか確かめるよう言われた彼女だが、実際にアリソンの弱っている姿を目の当たりにし、困惑するのだった。


ここまでのエピソードの展開から、カイルの妻アリソンは、悪魔に取り憑かれた過去があり、その時カイルは彼女から悪霊を取り払うために、暴行したようで、その行為が犯罪となり、接見禁止命令が下され、妻と娘と別居するに至り、現在の状況にあるらしいです。
しかし、過去に悪霊を取り除いたハズの老婦人に、まだ悪魔が棲みついている事実を知り、アリソンにまだ悪霊が棲みついているのではないかと牧師のアンダーソンに相談した結果、牧師からの提案で、これまでに悪魔ばらいを施した者たちをふたりで訪ねることに。
シェリーを訪ねたが、悪魔払い後も様子が落ち着かず、結局家出をしたままだと父親から聴いたふたりは、シェリーを探しに出る。
やっと見つけたシェリーは、廃人寸前の状態。それを見たカイルは、居ても立っても居られなくなり、妻と娘の様子を見に行く。 すると娘のアンバーの様子が少しおかしく、母親のアリソンと娘のアンバーの関係が良くない様子。
あんなに悪霊に敏感なカイルなのに、娘のアンバーがおかしいことはスルーな感じ。カイルがアンバーに触れても、アンバーの反応は特になかったので、アンバーに悪霊は取り憑いていないのかも知れませんが、なんかフツーの母娘ではない感じがします。
サブストーリーとして、保安官署長の友人のオクデンが絡んでいるトレーラーの事件も少しずつ展開していくような感じです。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました