ハンドメイズ・テイル シーズン3 #8 告白

ハンドメイズ・テイル
ハンドメイズ・テイル

huluプレミア「ハンドメイズ・テイル」ここから視聴できます

毎週金曜新エピソード

リディアおばの過去が明らかにっ

 

感想はコチラ

#8 告白 Unfit あらすじ

オブマシューの告げ口で、ハンナの女中(マルタ)フランシスが処刑された。
ジューンたち侍女は結託してオブマシューに嫌がらせをする。
それに気づいたリディアおばは、侍女を集めて「告白」をさせるが、同時に自らの過去に思いを馳せるー。

 

まとめ & 感想

イジメ

侍女たちは結託してオブマシューに嫌がらせをする。
そのあまりの行動に、「意地悪ね。リディアおばの指示だったのよ」とジャニーンは言うが、「平然と人の命を奪ったのよ。告げ口した報いよ」とジューンは言い放つ。

それに気づいたリディアおばは、「皆にやめさせて」と言うが、ジューンは「何の事ですか?」としらばっくれ、「私の舌を抜いて、腕を焼きます?また撮影がなきゃ良いけど」とまで言う。

 

告白

リディアは、侍女を集めて円形の中心にジューンを座らせ、「悪事を働くよう女中をそそのかしたのは誰?」「死に至らしめたのは誰?」と言って侍女全員で責めさせるが、ジューンは平然とした態度で「悪いのは私です」と言ってのける。
しかしリディアは、「あなたのせいで、理不尽な仕打ちを受け、深く傷ついたのはアグネス(ハンナ)。愛情を注いでくれる人を失った。マッケンジー家は転属になった。アグネスは家を離れ、友だちと別れ、学校もやめた。誰のせい?身勝手な愚か者のせいです」とジューンを追い詰めるのだった。

それでもジューンは、「告白があります。オブマシューはお産に迷いがあります」と応戦する。
突然名指しされたオブマシューは驚き、「一瞬そんな気がしただけです」と言い訳するが、リディアは許さず、オブマシューに ”告白” を促す。
円形の真ん中に座らされたオブマシューは、「今回は女の子のような気がして、将来を案じて怖くなった」と言うが、「それは神の御心。神よりも分別があると思うのは罪です。神の祝福である子どもを拒むのは、重大な罪です」リディア。
侍女らはオブマシューを指刺しながら、「罪人、罪人」と責め立てる。
オブマシューは泣きながら、「この子を産みたい。愛してる」と言うが、なおも侍女らは「泣き虫、泣き虫、泣き虫」と責め立てるのだった。

 

出産儀式

ジューンはローレンス司令官に、マッケンジー家のことを尋ねるが、「知らん。居場所は知らん。聞いても無駄だ」と言ってドア閉められてしまう。

夜、オブアンディの出産がはじまったため、”出産車”がジューンを迎えに来た。
妻、侍女で”出産儀式”をするが、死産してしまう。
皆が哀しみ、取り乱す中、ジューンはどこかで安堵の気持ちを感じるのだった。

帰宅したジューンにローレンス司令官は、「男か女?夫人が聞きたがる」と言うが、死産だったと知り、「夫人に話さなくて良い。明日は彼女の相手をしてやってくれ。キミは相手をするのが得意だから」と言う。
ジューンは頷いたが、「矛盾してませんか?あなたは夫人のことしか頭にない。でも、あなたが作った世界のせいで夫人は苦しんでいる。電話一本で夫人を脱出させられるのにそうしない。守るんじゃなく追い詰めてる」と責めるが、「気分がいいか?」とだけ言ってローレンスは部屋を出て行くのだった。

 

リディアおば

リディアは2人のおばと一緒に、司令官夫婦に充てる侍女を選びながら、オブアンディは死産で気の毒だった。オブジョセフ(ジューン)を改心させる。ジューンはウォーターフォード家で変わった。ジューンのバディも悪かった。配属先と侍女には相性がある。環境は大切。ローレンス夫妻に問題があると言う。

 

スーパーで

バディでスーペーへ行くジューンとオブマシュー。

スーパーにはジューンを待っていたリディアがいて、「私は侍女を守らねばならない。ローレンス家から出る時です。司令官が危険なほど型破りなのは明らかで、あなたもエミリーも問題を起こした。」と言い出される。

その時、オブマシューの様子がおかしいことにジューンは気づく。
追い込まれたオブマシューは突然、ジャニーンを持っていた缶詰で殴り倒す。
オブマシューは、止めに来た守護者を硝子ビンで殴りつけた。
守護者の首には、ガラスの破片が突き刺さる。
オブマシューは倒れた守護者から銃を奪い取り、銃を構えた。

居合わせた客から悲鳴があがり、皆が床に伏せる中、ジューンはオブマシューの正面に立ちはだかり、不敵な笑みを浮かべながらリディアに目をやったあと、小さく頷いてみせた。
オブマシューが銃をリディアに向けようとした時、オブマシューは守護者によって肩を撃ち抜かれ、倒れる

 

リディアの過去

信心深く心優しい教師

小学校教師をしているリディア。
クラスの児童ライアンは、頭の良い子だが、家庭環境に問題があった。

学校を閉める時間になっても迎えがないライアンを不憫に思うリディアは、校長に、連れ帰って夕食を食べさせると言う。
その時、母親ノエルがやってきた。
リディアは母子を夕食に誘う。

リディアはノエルの相談相手にもなってやり、「あなたは変われるわ」と励ます。
(リディアは離婚経験者)
これをきっかけに親しくなった彼ら。
クリスマスをリディアに家で過ごしたノエルとライアン。
ノエルは「そろそろステキな相手を見つけるべきよ」とリディアに言い、コスメをプレゼントして化粧をしてやるのだった。

 

リディアの恋

リディアは校長のソーンに誘われる。
オシャレをし、ソーンと楽しくロマンテックな時間を過ごし、ふたりで新年を迎えた。
その後、リディアはソーンを自宅へ招き、良い雰囲気になったふたりはキスする

リディアはソーンを求めるが、ソーンはそれに応えず、「まだ早い」と言う。
「私ったらバカね」傷ついたリディアは、激しく後悔し涙する

 

心閉ざして

リディアはすっかり変わってしまった。
リディアは、ライアンの母親は子育てに問題があると児童保護局に報告。
リディアの行動にソーンは、「親権剥奪まで必要か?」と進言するが、心を閉ざし、表情さえ変わってしまったリディアは、「子どもにこそ環境は大切」言い切る。
子どもを奪われたノエルから、「なんでこんな仕打ちをする?クソ女!!」と罵声を浴びせられても、リディアは表情ひとつ変えないのだった。

 

リディアおばのラブシーンを見る日が来るとは
きっと多くの「ハンドメイズ・テイル」ファンは、ぐぁぁああ と声が出たハズ(笑)

でもギレアドに忠誠を誓ってる人たちは、ほとんどの人が、これまでの人生で何かしら傷ついてますよね
だからリディアにも何かあるとは思ってましたが。

教師をしてるときのリディアはほんとうに優しそうだったのに。

校長も校長。
年末年始に会ってふたりで過ごし、自宅へ行き、来年のクリスマスの話をしたら、その気になるよね、リディアも。
だから気の毒ではあるけど、振れ幅が酷すぎ・・・。

ジューンはほんとうに心根が強い女性やね。
主人公のジューンが洗練潔白な女性でないところが、このドラマの魅力かも。

オブマシューは妊娠してるから、きっと出産まで施設の部屋に監禁され、産んだあとはコロニー送りになるんだろうな~と。
で、ジューンはローレンス家から移動させられるのかな。

先が気になります。

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました