ハンドメイズ・テイル シーズン3 #5 不明な発信者

ハンドメイズ・テイル
ハンドメイズ・テイル

 

huluプレミア「ハンドメイズ・テイル」ここから視聴できます

毎週金曜新エピソード

 

感想はコチラ

 

#5 不明な発信者 Unknown Caller あらすじ

ニコールが無事カナダへと逃げ、ルークの手に渡ったことを知ったジューンは安堵するが、セリーナとフレッドから思わぬことを頼まれる。

 

まとめ & 感想

ルークへの思い

ジューンはニコールがルークといることに安堵し、ルークへの思いが募る。
しかし、ニコールを保護しているのがルークと判明したことで、ルークの身を心配するジューンは、ローレンス司令官に、ギレアドは夫に危害を加えるか?尋ねるが、「危険は皆にある」とローレンスは答えるのだった。

 

ニコールに対処するギレアド

ギレアドは、ニコールを奪還するための会議を開く。
フレッドは、セリーナに会議に出席し、意見を言うよう勧める。
フレッドは、カナダからニコールの医療情報を手に入れ、順調に生育していることをセリーナに伝えると、涙を流すセリーナ。
会議では、ニコールの一件を、「誘拐」と認定し、カナダにニコールを返すよう申し入れすることが決まった。

司令官たちが退室したあと、フレッドは涙を流すセリーナに、「あの子はカナダで無事に育っている。キミの望みどおりだろ。どうしたいか教えてくれ」と言う。
セリーナは、「この手で育てたいけど、それはムリよ。だから終わらせたい」と言うのだった。

 

2分間

夜、ローレンス宅にやってきたフレッドとセリーナは、ニコールに会うためカナダへ行く。ルークの安全は守る。ルークに電話をして欲しいと言い出す。
突然のことに、ジューンは「NO」と拒否するが、セリーナは、「あの子と居られないのはわかっている。どうしても会いたいの」と懇願する。
しかし、拒否し続けられないと分かっているジューンは、協力した見返りは、”貸し” だと言い、ルークに電話をする覚悟を決める。

ジューンに与えられた時間は、2分間だった。

ケータイにかかった「Unknown」の電話にルークは躊躇しながらも応答する。
ジューンからの電話に動揺するルークに、「私とハンナは大丈夫。ギレアドから電話している」とジューン。
愛していると何度も言うリークに、ジューンも愛を伝えるが、「時間がないの、お願いがある。明日空港で、ニコールと一緒にウォーターフォード夫妻と会って。ふたりはニコールにお別れを言うだけ。詳細はまた連絡する。お願い分かったと答えて」とジューン。
ルークは、夫人はOKだが、司令官はダメだと要求。
ジューンが、「愛している」と言ったあと、電話は切れた。
ジューンは涙を堪え、部屋を出るので精一杯だった。

 

ローレンス夫人(シエナ)

ジューンの気持ちを思いやるシエナは、「大切なのはあなたの愛が伝わったこと。言葉にできない時もある。大学の頃、ローレンス司令官が思いを伝える手段として選曲したテープをプレゼントしてくれた。今も地下室にある。テープを作ってくれた頃の夫が恋しい」と言う。
ジューンは、「まだどこかにいる。その頃の彼も。私やエミリーを救ってくれた」と言うのだった。

 

セリーナの思い

セリーナはニコールに渡したい品を選び、用意する。
「気に入ると思う?」とセリーナはペンダントを見せ、と女中(マルタ)のリタに聞く。
リタは「ステキです。私からはキスを」と言う。
そして、小包をセリーナに渡した。

 

カナダの空港

輸送機でカナダに着いたセリーナを迎えたのは、トゥエロだった。
セリーナは同行しようとする守護者を断り、トゥエロと2人でニコールに会うことに。
ルークが、人目のある場所での面会を求めたため、セリーナは目立たないよう私服に着替える。

空港のラウンジでルークとニコールに対面したセリーナは握手を求めるが、ルークは拒否する。
セリーナは空港に来てくれたことを感謝するが、ルークは妻(ジューン)が望んだから来たと言う。
当然、けんか腰に対応するルークに、ニコールに渡して欲しいとセリーナはペンダントを差し出すが、ルークは、「ニコールに伝えるのはただひとつだ。勇敢な母のおかでげ、助かったってことだけだ」と受取りを拒否する。
しかしセリーナの、「ニコールは私の奇跡。それを手放した。ジューンも私も娘の人生を1番に考えたの。だから私じゃなくジューンの願いだと思って渡して。私は奥さんを守ったのよ」と言う涙ながらに訴えに、ルークはペンダントを受け取る。
別れの時間が来た。
「奥さんに伝えることは?」と聞かれ、「ない」とルーク。
しかし、心からニコールを愛している気持ちが伝わったルークは、セリーナにニコールを抱かせてやる。
セリーナは涙を流し、愛おしそうにニコールを抱っこした。

帰路の飛行機へ向かう途中、トゥエロは「着替えなくてもいい。前にした申し出はまだ有効だ」とセリーナに言うが、「私の帰る所は一つだけ」と言い、ギレアドへ戻る。
それはセリーナにとってもツラい、ツラい決断だった。

帰路の飛行機に乗り込んだセリーナ。
バッグの中には、「いつでも連絡を」と言うメモとケータイ電話が入っていた。

ギレアドに戻って来たセリーナを迎えたフレッド。
「元気に育ってたわ。これで終わり」と言うセリーナに、「まだ手はある」と言うフレッド。

 

ローレンス夫妻

書斎で音楽を聴くローレンス夫妻を見て、ジューンはうれしく思う

 

カセットテープ

小包は無事にルークに渡されていた。
中身は ”カセットテープ” だった。
ルークがテープを再生すると、音楽が流れた。
そして突然聞こえたジューンの声。

「ルーク、伝えたいことがある。あなたがニコールに会って、どう思ったか分からない。でも、あの子がカナダへ脱出した経緯より、生まれた経緯の方が気になったと思う。これを伝えるのは簡単じゃない。自分を恥じてる。私はこの国で、人生を築かなければならなかった。私はずっとあなたを愛している。ニコールは愛し合って出来た子よ。ほんとうの名前はホリー。父親はニック。彼のおかげで生きてこられた。あなたが許してくれると信じたい。私は変わったけど、変わらない私もいる。生き延びようとしているだけ。あなたも生き伸びて、ハンナのために。私がやっていることは全部ハンナのため。約束する。ハンナのことは諦めない。絶対に。愛している。愛している。」
テープはそこで終わった。

 

オブマシュー

バディとの買物中、ジューンはオブマシューの様子がおかしいことに気づく。
オブマシューは妊娠したが、司令官にまだ話していないと言う。

その時、スーパーに守護者が現れ、ジューンはクルマに乗せられる。

 

連れて行かれた場所

ジューンを迎えたのは、上機嫌なリディアおば。
彼女の指示で、新しい侍女服に着替えさせられたジューンはTVスタジオへと連れて行かれた。
そこには正装したフレッドとセリーナが・・。

状況が理解できないジューンが、「セリーナ、何のつもり?」と問いかけるが、彼女は振り向かない。
すると突然、TV放送がはじまり、「私たち夫婦の愛する娘ニコールを返して欲しい」とフレッドはカナダ政府に協力を求める会見をはじめるー。

そのライブ中継を、ルークとモイラはカナダで見るー。

 

 

セリーナは、ここに来てニコールを自分の手に戻すがためにジューンを裏切ったんでしょうか・・・?
イヤイヤ、それはジューンを敵に回す行為やわ。
自分が産んだ子じゃないのに、溢れんばかりの愛情をニコールに持っているセリーナさん
ニコールを抱いて、(我が子をこの手に)と切望したのは理解できなくもないけど・・・ギレアドで育ててどうするねんってところが1番大切なところ
フレッドに、そそのかされちゃったのかな?

ジューンのルークへの告白テープは、ツラかったな。
ジューンにとってもルークにとっても、ツラい内容だけど、どうかルークが、分かってくれるようにと祈る気持ちです。
ギレアドで生きるためだったって、許してあげて欲しい。

ニコール、まさかギレアドに戻らないでしょうね?
ルークの身の危険も出てくるのかな?
次が気になる

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました