ハンドメイズ・テイル シーズン3 #4 洗礼

ハンドメイズ・テイル
ハンドメイズ・テイル

 

huluプレミア「ハンドメイズ・テイル」ここから視聴できます

毎週金曜新エピソード

 

感想はコチラ

#4 洗礼 God Bless The Child あらすじ

ギレアドでは赤ちゃんを祝福する儀式が行われる。
パットナム夫妻は、自宅で開いたパーティーに侍女を招待する。
パットナム夫妻の娘アンジェラは、ジャニーンが産んだ娘。ジャニーンは娘との再会に、我を忘れて夫妻の前に進み出てしまうー。

セリーナとの関係に悩むフレッドから相談を受けたジューンは、セリーナにある提案をする。

逃亡に成功したエミリーは、妻シルヴィアと息子オリバーに会う。

 

まとめ & 感想

赤ちゃんを祝福する儀式

町中に鐘の音が鳴り、赤ちゃんを祝う儀式のために皆が会場に集まる。
オブハワード(ジャニーン)、オブジョセフ(ジューン)はギレアドの子を産んだとして優遇され、前方の席を用意される。
3人の子どもを産んだと言うオブマシューもジューンたちと前方の席に着いた。

司令官夫妻の席にフレッドの姿を見たジューン。
しかしそこにセリーナの姿はなかった。
ジューンはフレッドを憎むべきなのに胸にあるのは違う感情であることに気づく。

赤ん坊を授かった夫妻たちが、子どもを抱きながら入場、壇上に登った。
ジャニーンはパットナム夫妻が抱く赤ちゃん(アンジェラ)を久しぶりに見てよろこぶ。
ジューンはバディであるオブマシューが、自分の産んだ子どもを複雑な表情で見るのを見逃さなかった。

儀式の中で神父は、ギレアドの子(ニコール)が罪人によって連れ去られたことを忘れてはならない。祈りましょうと言う。
ジューンは祈った。ニコールがカナダでルークの元にいることを。

 

パットナム家のパーティー

パットナム夫妻は、祝いの宴に侍女を招待した。
招かれたジャニーンはリディアおばから、賢くするように釘を刺される。

パットナム夫人ナオミは、ジューンに娘の恩人だと感謝の言葉を述べた(S1,#9

セリーナがやってきた。
セリーナは友人ナオミのためにパーティーに来たと言う。
ジューンは、「皆、セリーナを尊敬している」と言うが、セリーナは「その半分は私を見捨てたわ。ここに留まったことを後悔している?」とジューンに尋ねる。ジューンは、「ハンナがいるから後悔していない。ここにいれば会える。希望がある」と言うと、「私はニコールに会えない」と言う。

ふたりに気づいたフレッドは、セリーナに近づき「来てくれてうれしいよ」と言うが、セリーナはナオミのために来たと言う。
セリーナはフレッドが「行こうか」と差し出した手を払いのけた。

セリーナとの関係に悩むフレッドはジューンに、「セリーナが心配だ。苦しんでいる。心を開こうとしない。彼女と出直したい。だけど彼女は頑固だ。花の手入れや、編み物だけの日々に満足しない」と相談を持ちかける。
ジューンは、「セリーナの意見を取り入れる気はある?もちろん、密かに」と尋ねる。
フレッドは、「それで状況が良くなるなら」と答えるが、彼女が話そうとしないと言うのだった。

 

ジューンとセリーナ

ジューンはプールサイドでタバコをふかすセリーナの側へ行き、フレッドが和解したがっているが方法が分からないと悩んでいたから、あなたの意見を取り入れるよう提案したと言う。
セリーナがその意味を問うと、ジューンは、「ウォーターフォード夫人のあなたには影響力がある。力がある。変えられるわ。フレッドはあなたを失って途方に暮れてる。上手く装って陰で操るの」と言う。
セリーナは黙ったまま何も言わず、タバコとライターをジューンに渡した。
ジューンはタバコをふかしながら、ほくそ笑むのだった。

パットナム家の広間で

広間に戻ったセリーナ。
そこへ、お昼寝から目覚めたアンジェラを抱いてナオミ夫人が現れた。
ジャニーンはアンジェラを見た瞬間、夫妻の前に進み出て「抱いてもいいですか?」と言う。

ウォーレン司令官が「それは行き過ぎだ」と止めるが、ナオミ夫人は赤ちゃんを抱かしてやる。
リディアおばは、片手にこん棒を握り、その様子を見守った。
ジャニーンは「ありがとう」とナオミ夫人にアンジェラを返し、「お二人が親でアンジェラは幸せです」と言い、場の空気は和みんだ。

しかし次の瞬間、ジャニーンは「神の恵みで、アンジェラに弟か妹を・・」と言い出す。
ジャニーンはオブウォーレンとなりもう一度仕えたい。務めを果たしたいと言うのだ。
ジャニーンは、「また産めばいいんでしょ?この家にいたいの。もうひとり産める。娘の側にいたい」と訴える。

リディアおばは、こん棒でジャニーンを何度も何度も打ちのめし始めた。
「止めて!ダメ!」自分の身を挺してジャニーンを助けたジューン。
ジャニーンは守護者によって連れ出されて行く。

司令官夫妻たちは、鬼のように暴力を振るい続けたリディアを驚きと軽蔑のまなざしで見ていた。
それに気づいたリディアは、我に返り、「心からお詫びします」と言って部屋を出て行った。

パーティーはお開きに。
侍女仲間たちがジャニーンを心配する中、オブマシューは「あなたは甘い」とジューンに言う。

セリーナはジューンに、「せっかくの会が台無しでナオミが気の毒。システムはこの事態を避けるためにある。これじゃお互いが悲劇よ」と言うが、ジューンはもう行かなければならないと言うと、セリーナは小声で、「司令官の娘は学校へ通わせる。あの地区だとブルックラインにある。ランチのあと外で遊ぶから姿を見られるかも」と情報を与えた。

 

ニコールが映っていた動画

ジューンが屋敷を出ようとした時、何か問題が起きたようだった。
24時間以内に投稿された動画に問題があると言う。
守護者は、ウォーターフォード家の元侍女であるジューンに動画を見せ、男の身元を確かめたいと言う

動画は、シカゴでのギレアドに対する抗議活動のもので、そこには抗議活動をするルークが、ニコールを抱いていた。
守護者に知っている男か?、ルーク・バンコールか?と聞かれ、ジューンは「Yes」と答えた。

ジューンはニコールが無事にルークの手に渡ったことに涙を流しながら静かに喜びと安堵を噛みしめた

 

過去(ギレアド以前)

赤ちゃんを祝福する儀式に出席しながら、ジューンはルークと一緒にハンナの洗礼を受けたことを思い出していた。
ルークとモイラは、ニコールに洗礼を受けさせた。
ギレアドにいる連中の罪から解き放つために。

 

エミリーと息子オリバー

エミリーはシルヴィアと再会し、ふたりの自宅を訪ねる。
オリバーはまだ学校で、もうすぐ帰ると言う。
「オリバーは私のことを覚えている?」不安を口にするエミリーに、シルヴィアはオリバーの部屋を見せた。
そこには、エミリーの写真や3人の幸せだった頃の写真が飾られ、オリバーが描いた「戦っているママの絵」もあった。

オリバーが帰ってきた。
エミリーは成長したオリバーを見て、「大きくなったわ・・」とシルヴィアに言うのだった。

オリバーが眠る時間になった。
寝る前に恐竜の本を読んで欲しいと言うオリバー。
シルヴィアが読もうとすると、オリバーはエミリーに向かって「読んでくれる?」と言う。
エミリーが朗読すると、オリバーはエミリーにもたれ、甘えた。
エミリーは涙で本が読めなくなる。
それに気づいたオリバーは、「ボクが読むね」と代わりに本を読むのだった。

エミリーの過去はココ

 

 

 

 

見応えのあるエピソードでした。

ジャニーンは絶対に何かやらかす・・・。
でも気持ちはわかるのよね、本能のままなのよね、ジャニーンって。

リディアおばは、ちょっとおかしくなりましたか?
元から、あのような、せっかんはしてたけど。
そのあと号泣してたしね・・。

ニコールが無事ルークの手に渡ったことを知って、心から安堵と喜びの表情を浮かべたジューンが印象的でした。
彼女がエミリーに託した気持ち、その行為が報われたんですもんね。

セリーナもニコールを見てよろこんでました。
ギレアドで育つより、絶対に幸せだから、セリーナがそう思ってくれたら良いな。

エミリーとオリバーのエピソードは、もらい泣きしそうになりました。
男と女じゃないからなのかな?
ナゼ、エミリーとシルヴィアは再会を心から喜び合い、もう一度一緒に住んでやり直そうとしないのかな?
カナダは同性愛は問題ないと思うのに。
幸せになってもらいたいな。そして、エミリーもギレアドと闘って欲しいです。

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました