ガンパウダー #3 (終)

ガンパウダー
ガンパウダー

「ガンパウダー」は史実ドラマです。
「火薬陰謀事件(ガンパウダー・プロット)」について知りたい時は、こちらを参考にしてください

 

ドラマ「ガンパウダー」は全3話。
Prime video チャンネル STAR EX 月額990円(税込) 
スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」に加入が必要ですが、
7日間無料体験できます

1ヶ月990円なので、1ヶ月楽しんで、解約すれば良いと思います。
私も、観たいドラマがいくつか重なった時、1ヶ月だけ加入する方法で利用しようと思っています。
解約については、この記事を読んでください。
私が解約したときのことを書いてます。

 

主な登場人物

キャスト名 説明
ロバート・ケイツビー火薬陰謀事件①
首謀者
通称ロビン
敬虔なカトリック教徒
剣の達人で誇り高き男
(キット・ハリントン)
アン・ヴォーロビンの従姉
敬虔なカトリック教徒
(リヴ・タイラー)
■ドロシー・ディブデイルロビン、アンの叔母
敬虔なカトリック教徒
ヘンリー・ガーネット神父暴動を起こすことに反対
ジョン・ジェラード神父
■ダニエル・スミス神父
ジェームズⅠ世イングランド新国王
ロバート・セシル卿国務大臣
カトリック弾圧に燃える
ウィリアム・ウェイド公セシル卿の家臣
フィリップ・ハーバード公ジェームズⅠ世より寵愛を受けている
ノーサンバランド卿
■ターナー大尉ロンドン塔の囚人
トマス・ウィンター火薬陰謀事件②
NO.2
弁護士
ロビンとは親戚
ロバートJR.ロバート・ケイツビーの息子
妻が出産後死亡したため、
息子との関係に確執あり
ジョン・ライト火薬陰謀事件③ロビン・ケイツビーの親友
クリストファー・ライトの兄
トマス・パーシーの義兄
ガイ・フォークス(ギド)火薬陰謀事件⑤ウィリアム・スタンリーの部下
いろんな名前を使っていた
ウィリアム・スタンリー軍人司令官
ブリュッセルにいる
敬虔なカトリック教徒
ドン・ファン・フェルナンデス・
デ・ヴェラスコ
スペイン
カスティーリャ軍総帥
トマス・パーシー火薬陰謀事件④
ロバート・キーズ火薬陰謀事件⑥アンブローズ・ルークウッドと親戚
トマス・ベイツ火薬陰謀事件⑦ロビンの家臣(召使)
血縁関係なし
ロバート・ウィンター火薬陰謀事件⑧トマス・ウィンターの兄
ジョン・グラント火薬陰謀事件⑨ウィンター兄弟の義弟
クリストファー・ライト(キット)火薬陰謀事件⑩ジョン・ライトの弟
アンブローズ・ルークウッド火薬陰謀事件⑪ロバート・キーズと親戚
フランシス・トリーシャム火薬陰謀事件⑫ロビンの従兄弟
サー・エヴァラード・ディグビー火薬陰謀事件⑬ロビンらと血縁関係なし

#3 あらすじ

ケイツビーとその仲間たちは、ウェストミンスターの地下室に火薬を運び、計画を進める。
そんな中、ガーネット神父の潜伏先にデ・ヴェラスコと家臣がやって来て、陰謀を企てている者についての情報を聞きたいと言う。

 

まとめ

準備

ウェストミンスター地下

ロビンら実行犯13人は、ウェストミンスター議会塔の地下に2700キロの火薬(ガンパウダー)と、多数の釘を運び込む。

地下室にはジョン・ジョンソン(ガイ・フォークス)だけが残り、点火した後、港で待機するスタンリーと合流して反乱軍に加わる手筈だった。
「俺は行く。さらばだ」
ロビンはこの計画の成功を祈りつつガイ・フォークスと別れを交わす。

 

息子を託す

ロンドンを去るロビンはアンに会い、「頼みがある。俺に何かあったら息子を頼む」と言う。
しかしロビンらの計画を知ってるアンは、「あなたのしようとしていることは犯罪よ。人殺しだわ。間違った道に進まないで。引き返して!」と引き留めるが、ロビンは「息子を守ると約束してくれ」と頼み、「さらば」と立ち去った。

実行2日前:11月3日

12人の仲間を集めロビンは、「2日後、暴君と議員たちは亡き者となる。スタンリーの軍が侵攻し、各地で同志が蜂起する。我々は北へ向かう。トマス・ウィンターはロンドンで待機し、ガイ・フォークスの任務を見届け、その後合流しよう」と言う。
「次に会うのは新しい始まりの日だ」
ロビンはトマスとそう言って抱き合い別れた。

 

デ・ヴェラスコの行動

情報を引き出すために

同じ頃、デ・ヴェラスコと家臣は、潜伏中のガーネット神父を訪ね、「陰謀を企てている者がいると耳にした。彼らの暴走を止めねばならん。首謀者はケイツビーか?カレはスペインに支援を求めにやってきた。計画を詳しく教えてくれ」と言う。
ガーネットは、「私も同じく暴走を止めたい。彼らの目的は復讐。それしか見えていないが、告解の秘密は守らねばならない」と詳細を話すことを拒否する。
する家臣は、「それがカスティーリャ軍総帥に対する態度か?従いなさい!」と圧力をかける。
ガーネットは毅然とした態度で、「私が従うのは主だけ」と口を割らない。
それでも情報を得たいデ・ヴェラスコは、「悲劇を終わらせたいのなら、誰かの居場所だけでも教えてくれ」と尚も食い下がるのだった。

 

ジェラード神父との接触

海沿いの小屋で潜伏中のジェラードの前にデ・ヴェラスコの家臣がやってくる。
家臣は、逃げようとするジェラードを呼び止め、「早急にケイツビーに会いたい。私の目的はケイツビーと仲間を探し出し、王を倒すために活動している彼らを支援をすることだ。彼らの計画はどんなものなんだ?」と聞く。
ジェラードは簡単にその言葉を信じ、「ケイツビーの居場所はわからないが、2日後に議事堂を襲撃する。火薬(ガンパウダー)を使って」と話してしまう。

情報提供

セシル卿を呼び出したデ・ヴェラスコは、「彼らは2日後、議事堂を爆破する計画だ。この貴重な情報を使い、王をお救いないさい」と言う。
「このご恩は決して忘れない。講和条約の条項でそれをお返しする」とセシル卿は約束する。

 

ウォリックシャー州

ディグビーは、カトリック教徒百人を集め、マスケット銃も用意。
11月5日に備え準備は万端整った。

 

奇妙な書簡

夜、見知らぬ男がモンテイーグル卿宅やって来て、「これを主人に渡せ」と書簡を渡した。
その書簡は奇妙な内容で、「事件に巻き込まれぬよう田舎に逃げろ。議会は大打撃を受ける」とあった。

ウェイドの勧めでモンテイーグル卿はその書簡をセシル卿に見せると、国王に知らせるべきだと言う。

夜中にも関わらず、セシル卿はウェイドとモンテイーグル卿と共にジェームズ国王に面会に行き、寝室に通される。
しかしフィリップ公は、時間をわきまえず面会に来たセシル卿に不快感を示し、「冷遇されたのが不満で何か計略を企てたのでは?陛下、カレはあなたを操ろうとしています」と進言するがジェームズはウェイドに捜査するよう指示し、「これがウソなら、ただでは済まんぞ」とセシル卿に言い放つ。

 

陰謀者の捜索

ジェームズ国王からの命令で町中の捜索が始まった。

兵士たちは、とうとうウェストミンスターの地下室の扉を叩き、「王の命令だ。開けろ」と要求する。
地下室にいたガイ・フォークスも覚悟を決め、剣を抜き、隠れて見ていたトマス・ウィンターも阻止するために剣に手をかけるが、ギリギリで家主の女が「この下はノーサンバランド卿のパトロン、パーシー様の撒の保管庫よ。許可なしに誰も入れない」と抵抗してくれたおかげで、難を逃れた。

しかし町中を捜索しても”何も出てこなかった”。
(そんなワケはない)ウェイドは焦り、まだ捜索できていない ”パーシーの地下保管庫”を捜索すると言う。

 

計画の失敗

ウェイドはセシル卿を呼び、地下室の扉を破り侵入する。
そこには覚悟を決め、導火線に火を点け、剣を抜いたガイ・フォークスがいた。
「導火線を切れ!」とウェイド。
大勢の政府軍にガイ・フォークスはひとりで立ち向かうが、導火線は切られ、生け捕りにされる。
「カトリックのクズ野郎。反逆者め。お前達の企ては失敗だ」。

ガイ・フォークスが捕らえられたのを見たトマス・ウィンターは、町を後にする

 

ジェームズⅠ世国王

反逆者の陰謀を未然に防いだセシル卿は、「トマス・パーシーを捕らえるよう命じました。仲間を聞き出すために殺さず確保します」と得意げに報告する。

ガイ・フォークスはジェームズ国王の前に連れて来られるが、ひざまずこうともしない。
「お前は何者だ?何か言いたいことがあるのか?」ジェームズに聞かれたガイ・フォークスは、「我が名はジョン・ジョンソン。お前をスコットランドまで吹き飛ばし送り返してやりたかった!」と叫ぶのだった。

ジェームズは、「二度とキミを疑いはしない」とセシル卿に言い、フィリップ公を遠ざける態度を見せた。

 

1605年11月5日 ウォリックシャー州

集合するハズの場所に、誰もやって来ない。
言葉にせずとも不安な感情が湧いていたその時、トマス・ウィンターが馬でやってきた。

「ガイ・フォークスが捕らえられた。爆破はしていない。議会の開会前に見つかった」
その報告に愕然とする仲間たち。

「作戦は失敗だ。スペインに逃げよう。ここに残れば死ぬだけだ」とディグビー。
しかしトマス・ウィンターは、「どうすればいい?ロビン!」と問う。
「フランドルかスペインで隠れて暮らすのか?惨めな逃亡者にはならない。俺はこの地で戦う!この決意とこれまでの行動で敵は神への恐れを知るだろう。逃げたいものは行け。最後まで戦うものはついて来い!」ロビンはそう行って馬を走らせた。

 

拷問

ウェイドはガイ・フォークスを拷問し続け、反逆者首謀者の名前を聞き出そうとするが、ガイ・フォークスは決して口を割らなかった。

 

ガーネット神父とアン

「神父さま。ロビンの計画は失敗です。フランスかスペインに逃げて下さい」と言うアンに、何処へも行かんとガーネット。
アンは、神父の存在こそが心の支えで処刑されれば耐えられないと懇願するが、ガーネットは、「私はキミがいれば何も恐れない。アン、私はキミと出会えて強くなれた。誇れる自分になった」と言う。

とうとう隠れ家にウェイドがやってきた。
アンは床下に隠れるよう言うが、「私の居場所はバレた。審判のときが来た。キミが隠れなさい。私が安らかに死ねるようキミは生きてくれ。心からの愛をキミに捧げる」そう言って指輪を渡し、隠し穴へアンを入れた。

ガーネット神父はウェイドによって捕らえられ、ロンドン塔の牢獄へと連れて来られた。

 

ウォリックシャー州 ホルビーチ・ハウス

覚悟

ロビンらはホルビーチ・ハウスに着く。
「ここで死ぬ覚悟だ」
ロビンは仲間(トマス・ウィンター、トマス・パーシー、トマス・ベイツ、ジョン・ライト、クリストファー・ライト)に言う。
「お前と運命を共にする」
6人は命をかけて戦う覚悟を決め、何丁もの銃に火薬を仕込み、窓や扉に板を這わし立てこもりの準備を始めた。
「火薬が湿っている。乾かさないと」。
彼らは濡れた火薬を暖炉の前に広げて乾かす。

 

政府軍 vs ロビンたち

ロビンらの潜伏地を見つけた政府軍は、「国王は生け捕りを望んでいる」と言ってホルビーチハウスを抱囲する。
彼らはロビンらを反逆者として国民の前で処刑するつもりだった。

激しい銃撃戦が始まる。
ロビンらも応戦するが、武装した上、はるかに多い政府軍の数には及ばない。
そして最悪なことに銃の火花が乾かしていた火薬に引火、部屋の中で爆発が起きてしまう。
ロビンらは剣を抜き、建物の外で戦う覚悟を決める。

ライト兄弟、トマス・パーシーは銃で撃たれ、ロビンも撃たれて命を落す。
トマス・ウィンターは捕らえられた。

 

その後・・・

セシル卿は牢獄にいるガーネットに、「ケイツビーは死に、ガイ・フォークスは自白したが、あなたの名前は出なかった。ケイツビーの息子ロバートとアン・ヴォーが行方不明だが、どこにいる?」と尋ねるが、「私がアンを売り、ロバートを渡すと思うのか?」とガーネット。
セシル卿は、「あなた拷問には屈しますよ」と言うが、ガーネットは、「証明しよう。私は恐れてはいない」と毅然とした態度を見せる。

セシル卿は国王から勲章を授かり、スペインとの和平講和条約は締結された。

民衆の前で、ガーネットは首吊り処刑、トマス・ウィンター、ガイ・フォークス、エヴァラード・ディグビーは最も残酷な処刑方法(首吊り、腹割き内臓出し、四ッ割き)で処刑され、ウェストミンスター街角にさらし首にされた。

アンはロビンとの約束を守り、ロビンの息子ロバートを守った。

 

感想

史実ドラマではありましたが、陰謀計画の発覚や、その後の展開はフィクションでした。

3話のミニドラマシリーズでしたが、面白かったです。
内容はヘヴィでしたが、史実をこうして知るのは、面白いですね。
また旅行が楽しみになりました。

それもこれも「ゲーム・オブ・スローンズ」のおかげかも知れません。
「GOT」は完全なフィクションドラマですけどね(笑)
キット・ハリントンとの出会いが、「ガンパウダー」を観る機会をもたらせてくれたのですから。

 

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました