ガンパウダー #2

ガンパウダー
ガンパウダー

「ガンパウダー」は史実ドラマです。
「火薬陰謀事件(ガンパウダー・プロット)」について知りたい時は、こちらを参考にしてください

 

ドラマ「ガンパウダー」は全3話。
Prime video チャンネル STAR EX 月額990円(税込) 
スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」に加入が必要ですが、
7日間無料体験できます

1ヶ月990円なので、1ヶ月楽しんで、解約すれば良いと思います。
私も、観たいドラマがいくつか重なった時、1ヶ月だけ加入する方法で利用しようと思っています。
解約については、この記事を読んでください。
私が解約したときのことを書いてます。

 

主な登場人物

キャスト名 説明
ロバート・ケイツビー火薬陰謀事件①
首謀者
通称ロビン
敬虔なカトリック教徒
剣の達人で誇り高き男
(キット・ハリントン)
アン・ヴォーロビンの従姉
敬虔なカトリック教徒
(リヴ・タイラー)
■ドロシー・ディブデイルロビン、アンの叔母
敬虔なカトリック教徒
ヘンリー・ガーネット神父暴動を起こすことに反対
ジョン・ジェラード神父
■ダニエル・スミス神父
ジェームズⅠ世イングランド新国王
ロバート・セシル卿国務大臣
カトリック弾圧に燃える
ウィリアム・ウェイド公セシル卿の家臣
フィリップ・ハーバード公ジェームズⅠ世より寵愛を受けている
ノーサンバランド卿
■ターナー大尉ロンドン塔の囚人
トマス・ウィンター火薬陰謀事件②
NO.2
弁護士
ロビンとは親戚
ロバートJR.ロバート・ケイツビーの息子
妻が出産後死亡したため、
息子との関係に確執あり
ジョン・ライト火薬陰謀事件③ロビン・ケイツビーの親友
クリストファー・ライトの兄
トマス・パーシーの義兄
ガイ・フォークス(ギド)火薬陰謀事件⑤ウィリアム・スタンリーの部下
いろんな名前を使っていた
ウィリアム・スタンリー軍人司令官
ブリュッセルにいる
敬虔なカトリック教徒
ドン・ファン・フェルナンデス・
デ・ヴェラスコ
スペイン
カスティーリャ軍総帥
トマス・パーシー火薬陰謀事件④
ロバート・キーズ火薬陰謀事件⑥アンブローズ・ルークウッドと親戚
トマス・ベイツ火薬陰謀事件⑦ロビンの家臣(召使)
血縁関係なし
ロバート・ウィンター火薬陰謀事件⑧トマス・ウィンターの兄
ジョン・グラント火薬陰謀事件⑨ウィンター兄弟の義弟
クリストファー・ライト(キット)火薬陰謀事件⑩ジョン・ライトの弟
アンブローズ・ルークウッド火薬陰謀事件⑪ロバート・キーズと親戚
フランシス・トリーシャム火薬陰謀事件⑫ロビンの従兄弟
サー・エヴァラード・ディグビー火薬陰謀事件⑬ロビンらと血縁関係なし

#2 あらすじ

ケイツビーは、カトリック教徒を迫害し続けるイングランド国王を殺すため、カトリックを国教とするスペインに助けを求めるが、断られてしまう。次にケイツビーはウィンターと共にブリュッセルへと向かいウィリアム・スタンリーと会い、国王とその側近議員を爆破によって殺害する計画に手を貸して欲しいと頼む。
一方セシル卿は、国王にカトリック教徒を迫害するよう進言するが・・・。

 

まとめ

エル・エスコリアル修道院 スペイン

スペインに協力を頼むロビン

ロバート・ケイツビーとトマス・ウィンターは、スペインへ出向き、カスティーリャ軍総帥デ・ヴェラスコと面会。
「ジェームズ国王を殺害したい。我々カトリック教徒は迫害を受けている。ジェームズは偽物の王で暴君。我々を助けて欲しい」と頼み、蜂起するために兵士の派遣、武器と馬を頼むが、総帥は、和平講話条約が締結されれば、迫害は止むのではないかと消極的な態度を見せる。

その後ロビンとトマスは処刑場へと連れて来られた。
デ・ヴェラスコ総帥の家臣は、「閣下があなたたちに我が国の悲劇を見せたいとおっしゃっている。真の信仰を守るための痛みだ」と言う。
それは、まさに今から、男と女が火あぶりの刑に処されるところだった。
スペインの答えは、ロビンの計画に協力できない。20年続く戦争を終わらせるために和平交渉が最優先と言うものだった。

 

ロビンの決断

カスティーリャ軍総帥の返事にロビンは、「来たのが間違いだった。他国の救済は当てにできない。俺たち自身が立ち上がらなければ。救済は俺たちの心の中にある。フランドルに亡命した同志の心にも救済はある。彼らに会いに行こう」と言う。

 

フランドル地方ブリュッセル

ロビンとトマスはブリュッセルにいるウィリアム・スタンリーと面会する。
「カトリック教徒を迫害から救いたい。力を貸して下されば反乱を起こせる。火薬(ガンパウダー)は用意できる」とロビン。
「まずは同志を募り忠誠を誓わせろ。”爆破の計画”、そのあと私が軍を率いて侵攻することもセシルのスパイに悟られぬよう用心しろ。決行は早い方が良い」とスタンリー。
カレは自分の部下であるガイ・フォークスを仲間に加えるよう言う。

 

ホワイトホール宮殿 ロンドン

ウエイドを使いケイツビーらの動きを監視していたセシル卿は、ケイツビーがウィンターとライトと会っていたこと、その後、ケイツビーとウィンターが行方不明と知る。

セシル卿はノーサンプトンシャーのケイツビー邸宅へ行き、アン・ヴォークスに、「ケイツビーはどこにいる?」と聞くが口を割らないアン。セシル卿は隙を見てロビンの息子に近づき、ケイツビーがスペインに行ったと言う情報を得た。

数日後、セシルのスパイは、カスティーリャ軍総帥デ・ヴェラスコがロンドン在住のシャルル・ド・リーニュ宛てに出した書簡を手に入れた。
セシル卿は部下に暗号を解読させる。

 

議会

ノーサンバランド卿は、「カトリック教徒へのこれ以上の締め付けは反発を買うだけで逆効果。スペインとの和平交渉が決裂してはならん」と主張し続けるが、ハワード卿も、「旧教徒(パピスト)は日に日に勢力を増し、影響力を強める一方。厳しい法律で取り締まるべき」と変わらぬ主張で議論は平行線のまま。
「和平交渉は必ずまとめねばならん」と国王ジェームズ。
するとセシルは、「自分が得た情報では、スペインは講和条約に必ずサインする。旧教徒(パピスト)への義理より自国の利益を優先する」と断言する。
それは、カスティーリャ軍総帥の書簡を情報源にした発言だった。
ジェームズ国王は、「ならば取り締まり政策を強化する。お前を信じるぞ、セシル」と言い、セシルの意見に従った。

出された布告

ジェームズⅠ世国王は、カトリック教徒への取り締まり強化を宣言した。

国王の布告を受けてジェラード神父は、「このままでは国家の敵として我々は狩られてしまう」と訴えるが、ガーネットは、「祈るしかない。スペインは我々カトリック教徒を守る。更なる迫害を認めるハズはない」と言うだけ。
ガーネットのその言葉にジェラードは、「あなたはぬくぬくと隠れ家に潜伏し、本を読み、ワインを飲み、肉を食べている。外では信徒たちが苦しんでいるのに!あなたは臆病者だ。私は信仰のために戦うことを恐れない。ケイツビーが立ち上がるなら、私もそうする」と隠れ家を出て行った。

ジェラード神父を止めることができなかったガーネットはアンに言う。
「私は隠れている。皆が苦しんでいる中、自分だけが助かろうとしている。アン、私はキミほどの心の強さを持ち合わせていない」と。

 

スペインからの大使

スペイン国王フェリペⅢ世より交渉役を任された ドン・ファン・フェルナンデス・デ・ヴェラスコがイングランドにやってきた。
デ・ヴェラスコと対面したジェームズⅠ世は、「講和条約の迅速な締結を切に望んでいる」と言うが、「陛下、スペイン国王はこの国のカトリックを抑圧する新法に遺憾の意を表している」とデ・ヴェラスコ。
ジェームズはセシルの助言どおり、「我が国の利益のための法律だ。貴国は関係ない」と言うが、デ・ヴェラスコは、「スペイン国王はカトリック教徒を擁護しています。5日以内に迫害を止めなければ、交渉には応じられない」と迫り立ち去った。

 

議会 ⑵

「キミの失策だ!」と大臣らから非難を受けるセシル。
ジェームズも、「この状態になったのは、国務大臣であるキミの愚かな安請け合いのせいだ。問題を早急に解決しないなら解任する」と言い放った。

”書簡は罠”だった。
デ・ヴェラスコは、セシル卿の不信を王に植えつけ、追い払い、スペインに有利な交渉を進めようとしたのだった。

セシルはデ・ヴェラスコの魂胆に気づき、ウエイドに、「大臣らにバレぬようデ・ヴェラスコ総帥と接触し、内密に相談がしたいと伝えろ」と指示する。

 

セシルの画策

デ・ヴェラスコと内密に会ったセシル卿は、
「国王は旧教徒(パピスト)の取り締まり政策を撤回しないが、両国にとって講和条約は必要なものです。交渉したい」と申し出る。
セシル卿が出した交渉条件は、船の修理、物資の調達のために商船、軍艦ともに港の使用を認めることを条項に盛り込む見返りに、”この国のカトリック教徒を守る宣言”を撤回して欲しいと言うものだった。
デ・ヴェラスコは、これまで何度もスペインが要請し、拒否されてきた「港の使用」を許可すると言われ、「信用を失ったあなたが国王を説得できるのか?」と言うが、セシル卿は、「王の信頼を取りもどすためには、”大きな手柄”が必要」と言うのだった。

 

決起集会

ロビンは仲間をロンドン、ストランドの「ダック&ドレイク」の宿屋へ集結させる。
「この命を賭けて唯一真の教会を復興させる」とロビンは忠誠を誓う。
続いてトマス・ウィンター、ジャック・ライト、トマス・パーシーも忠誠を誓った。
ウィリアム・スタンリーの推薦で加わったガイ・フォークスも、「俺はたくさんの名前がある。今は、”ジョン・ジョンソン”だ。あんたたちと同じ誓いを立てる」と言う。
ロビンはジェラード神父を招き入れ、仲間に加わることを伝えた。
5人は聖書に手を置き、ジェラード神父から聖体拝領を受けた。

ノーサンプトンシャー アッシュビィ・セント・レジャーズ ロビンの母宅

計画に加わったエヴァラード・ディグビー

ロビンは、この計画に命を賭け、死を覚悟していた。

トマス・ウィンターはサー・エヴァラード・ディグビーをロビンに紹介する。
ディグビーは使用人20人、領地の住民50人と共に加わった。
トマスの兄ロバート・ウィンターは30人。
ロバート・キーズ、ジョン・グラント、アンブローズ・ルークウッドはそれぞれ20人を集め、クリストファー・ライト(ジョンの弟)も加わることに。

ロビンはディグビーに、
・次の火曜日、王とその側近、議員を抹殺する。
・我らの軍がエリザベス王女をさらい新たなる王に擁立
・ノーサンバランド卿を摂政にする。
・ノーサンバランド卿(トマス・パーシーの親類)は作戦開始と同時に立ち上がる手筈

と説明し、「ノーサンバランド卿の指揮下、カトリック教徒を一斉蜂起するんだ。異端の王である暴君(ジェームズ国王)を排除してイングランドに再び幸せを!」と言う。

 

父と息子

ロビンは亡き妻キャサリンのベッドで寝ている息子ロバートを見つけ、「誰の許可でベッドを使っている?勝手に使うな!」と叱るが、「ごめんなさい。許してください」と言う言葉に心が揺すぶられる。
ロビンは息子ロバートに近づき、「許してくれロバート。こんな父親ですまなかった。良い父になれなかった。側にも居てやらず、責任も果たさず、愛情を示してやれなかった。許してくれるか?」と言う。
ロビンは頷くロバートを抱きしめ、「お前はママにそっくりだ。お前の幸せが私の願いだ。私がいつでもお前を思っていることを忘れないでくれ」と伝えた。
それは、死を覚悟している父が息子へ伝えたい言葉だった。

翌朝、ロビンは息子ロバートを抱きしめ、ロンドンへと向かった

衝突

計画を進めるロビンたち

ロビンらは、ウェストミンスターの地下室を「ノーサンバランド伯爵が借りたいと言ってる」と言って手に入れる。

ロビンたち5人は、宿屋「ダック&ドレイク」の2階に集まり、作戦会議をする。
ジョン・ジョンソン(ガイ)は、1800キロの火薬(ガンパウダー)が必要だと言う。

 

ロビンを捕らえようとするセシル卿

しかしそれを見ていたセシル卿のスパイは、そのことをセシルの報告。
セシル卿はウェイドに、「ケイツビーを捕らえろ」と指示する。

ウェイドらが宿屋の扉を開けると、そこには集会を終えたロビン、トマス、ガイがいた。
ウェイドの「捕らえろ!」の命で、彼らは互いに剣を抜くことに。

剣を交えながら、ロビンらはその合間にジェラード神父を逃がす。
しかしロビンはウエイドに腹を切られてしまった。
トマスはロビンを庇って宿から逃げ、ジョン・ジョンソンも何とか逃げた。

しかし、ジェラード神父はウェイドらに捕まってしまう。

 

頑ななガーネット神父

トマスは負傷したロビンを連れ、ウェストミンスターの隠れ家へ行く。

アンから手当を受けたロビンにガーネット神父は、「どんな計画であったにせよもう終わりだ」と言うが、ロビンは、「終わらせはしない。どうかお力をお貸し下さい」と願う。
しかし陰謀には加担しないし聞きたくないと拒否するガーネット。
ロビンは、”告解”を使って計画内容を伝えるが、ガーネットは「私は人を殺めたりしない」と完全に拒否した。

ロビンが去ったあとガーネットはアンに、「ロビンの怒りは嵐を呼ぶ。自分の番が来た時、ダニエル神父のように立派でいられるか不安だ」と言う。
「先のことは神しかわかりません」とアンは言うが、「確かだよ。処刑台は私を待ち受けている」とガーネットは言うのだった。

 

拷問、そして神父救出作戦

ロンドン塔に投獄されたジェラード神父は、ウエイドから厳しい拷問をされ続ける。
ジェラードはその拷問を神に祈りを捧げることで耐え続けた。
ウェイドは、「カトリックの祈りで救われん。お前の身体は引き裂かれるんだ。白状すれば終わる。”ケイツビーは何処にいる?”」と問い詰めるが、ジェラードは決して口を割らず、とうとう関節が外れ、あまりの痛みで意識を失ってしまった。

セシル卿は、「2時間以内に意識を回復させ、拷問を再開しろ」と指示。
ウエイドは、一旦ジェラードを牢獄に戻した。

ロンドン塔の外で食事をする看守2名に、ロビンとジョン・ジョンソン(ガイ)は近づき、ロビンは看守のひとりと共にロンドン塔へジェラード神父救出へ向かう。

いくつもの関門を抜け、牢獄まで辿り着いたロビンは、ジェラードの牢獄を開けさせたあと看守を殴って気を失わせ、ジェラードを連れて脱獄を図る。
その頃ジョンは、看守を始末し、テムズ河にトマスと共にボートでロビンらの脱獄を待っていた。

ロビンは屋上から脱獄を図ろうとするが、計画どおりに行かず、とうとうジェラード神父の脱獄はバレてしまう。
ロンドン塔の中で脱獄犯の捜索がはじまる。
追い詰められたロビンは、下水道を使って逃げ、ボートと合流、逃げおおせた。

 

感想

面白いです
次が最終話なんて残念。
もっと詳細に作って8話ぐらいで製作して欲しかったな~。

ロンドン塔にも私は行ってるんです。
牢獄だったと言う知識を持って見学はしてるんですけど、それ以外の展示物が多くて、牢獄というイメージがなかったかも
鴉が飼われてたことだけ覚えてます(笑)
こんな史実の舞台だって知ってたら、もっとちゃんと見学したのになぁ

火薬陰謀事件の実行犯は13人いるし、これまたイギリス系の名前で似てるもんですから、把握しきれない
なんとかまとめてますので、ぜひぜひ参考にしてください。

 

 

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました