グッド・ドクター 2 #16 信じる心

グッド・ドクター
グッド・ドクター

 

感想はコチラ

#16 信じる心 Believe あらすじ

病理科へ転科することになったショーン。
病理科のカーリー医師は、ショーンを温かく迎えられるが、患者と接しないラボの仕事に馴染めないショーン。
ショーンは、ある検体の数値に矛盾を感じた。診断された病名が違うのではないか?と考えたショーンは患者の話をしたいと言うが、ルール上できないと止められ、ショーンは気持ちのコントロールがむずかしくなる

 

まとめ & 感想

ショーン、病理医になる

リアはショーンの再出発を祝ってパンケーキを焼き、応援するが、ショーンは納得できないまま初日を迎えた。
病理科医長のカーリー・リヴァーは、ショーンを温かく迎えてくれ、特殊な検査機械にショーンも少し興味を持つ。

ショーンの仲間たち

ショーンの様子を見に来たパクは、”不満ならハンに訴えろ。自分が外科にふさわしい人間だと言うべきだ” とアドバイス。

リムは、ショーンは優秀な外科医だとハンを説得しようとし、クレアはショーンがこれまで関わった症例リストを作成し、ショーンに偏見があるようだが、カレはこれまでも斬新なアイデアで治療に貢献してきたと説得するが、ハンの態度は変わらなかった。

 

病理医のショーンの活躍

手足のしびれ、頭痛の受診した女性患者を担当したパク。
精密検査の結果、グレードⅢの髄膜腫が見つかる。
リムは、手術できない場所にあり、悪性の可能性が高い。緩和ケアしかできないと言う。

病理医として検査したショーンは、結果が悪性髄膜腫の症状が一致しないことに気づき、リムに伝えようとするが、カーリーから「それは外科医が決めること。ここでは調査し、報告したら次に移る。それが仕事だ」と言われてしまう。

ショーンはやっぱり無視できず、リムに髄膜腫は誤診。腫瘍を生検するべきだと直接話す。
ショーンは、「診断する前に患者と話がしたい。ハン先生にそう伝える」と言うが、リムはそれを止める。

 

ショーンの混乱

自宅で缶詰を出しては並べ直すことを2時間もやっているショーン。
対処に困ったリアはグラスマンを呼ぶ。

「リム先生の患者の診断は間違っていると思うが、情報なしで証明できないのに患者と話せない。ボクを外科に戻すように手を貸して欲しい!」
ショーンはグラスマンに言うが、「自分の力で立ち向かえ!説得しろ!」と言われてしまう。

ショーンは行動する。
患者の病室へ行くが、あいにく患者は眠っており、妹も外出中だった。
ショーンは患者のカバンをチェックする・・・・
それをハン先生に見つかってしまう。

「患者と話してない」
そう主張するショーンに、ハンは「外科を去らせて正解だった。患者と接触するな」と言い渡すが、ショーンは、髄膜腫に似た「孤虫症」ではないかと言う。

生検の結果、ハンはショーンの診断どおりの「孤虫症」と診断した。

 

自己主張するショーン

ショーンの病理医としての判断で、患者を救えたハンは、良い仕事をしたとショーンを褒める。
ショーンはハンに、病理医はイヤです。外科レジデントに戻して欲しいと訴えるが、ハンは、自己主張するショーンを認めつつも、ショーンの強みも弱みも考えて、病理医であることが1番だと言い切った。

クラレンス神父

脊椎腫瘍のため、強い痛みで苦しむクラレンス神父。
腫瘍と痛みを取り除くために、脊椎固定をすると説明されるが、この痛みは必要なものだと主張するクラレンス神父は、脊椎固定を拒否する。

クレアは、脊椎固定なしの手術は、脊椎損傷、麻痺、死の危険もあると説得するが、クラレンス神父は、信徒の自殺は自分の責任。痛みこそカレへの贖罪。脊椎固定なしの手術で、最悪の事態となるなら、それが神の意思だとし、受け入れると言う。

メレンデスは患者の希望どおり脊椎固定なしで腫瘍除去術を行ったが、術中脊髄ショックとなり、腫瘍を取り除けなかった。

その事実を説明したクレアは、「脊椎固定なしでは手術できない」と言うが、神父は「同じ条件でもう一度手術してくれ!」と言う。
グラスマンは神父の希望どおり、再度手術し、腫瘍の摘出に成功するが、以前より小さくなっていた。

間違いなく腫瘍の縮小しているが、その理由がわからない。
観察と検査を続けるが、ガンが自然に消えており、科学的に証明できないが、それが事実だと伝えられた。
クレアは、脊椎固定を勧めるが、神父はもっと検査をしてくれ!とまた自分を責め始めた。
クレアは、進行がんが消えたことは奇跡です。あなたの罪は消えないけれど、痛みは消える。自分を許すべきだと神父を説得。
妻からも「あなたの痛みは誰のためにもならない」と言われ、神父はクレアに意見に沿うことに。

無事手術は終了。
神父は、「神に背いたのではないか?」と言うが、クレアは「信じ続けて!」と言うのだった。

 

グラスマン

グラスマンは、看護師やがん患者仲間から拍手を受け、キツかった化学療法を終えた証の ”ベル” を鳴らした。
その足で、グラスマンはデビーの職場(カフェテラス)へ行き、化学療法が終わったことを伝え、一緒に祝ってくれないか?と言うが、デビーは「付き合っている人がいる」と断る。

グラスマンの自宅を訪ねて来たデビーは、恋人がいるのはウソ。でも私たちはムリだと言いたかったと言う。
グラスマンが体調の悪かった時、デビーが助けようしたのだが、グラスマンはソレを拒否した。デビーは、苦しいときに頼ってもくれないあなたとはやっていけない。楽しい時だけ一緒にいるのは違うと言うのだった。

 

ショーンが外科レジデントに戻れないのが、とても残念ですね。
ハン先生の言うこともわかるんですけど、外科部長と言うのなら、ショーンに責任を持つと言って、カレを使う度量が欲しいものです。
その分、リム、クレア、そしてパクもショーンのために動いてましたね。

グラスマンの恋は終わったのか・・・と思っていたら、続いてたんですね。
楽しいことだけをデビーと共有したいと言う気持ちはわかるけど、デビーはグラスマンが好きだからこそ、すべてを互いが受け入れ支え合いたいと思ってるんですよね。
私は、デビーの気持ちがわかります。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました