フィアー・ザ・ウォーキング・デッド5 #1 助けを呼ぶ声

フィアー・ザ・ウォーキング・デッド
フィアー・ザ・ウォーキング・デッド

「フィアー・ザ・ウォーキング・デッド シーズン5」は、ココから見ることができます

割と不人気な「フィアー・・・」ですが、私はシーズン5を待ってました~。
途中で諦めるには惜しいゾンビドラマ(笑)
冒頭から20分ぐらい、スピード感ある感じで進みます!

感想はコチラ

 

シーズン4のおさらい

モーガン、アリシア、チャーリー、ルシアナ、ジョン、ジューン、サラ、そしてウェンデルは、ポーラベア(道路沿いに支援物資を置く活動をしていたグループ)の拠点であった「デニム工場」に共同体を作ることに決める。
”共同体”は、亡き母マディソンの願いだった。
彼らは、助けを求めるものに手を差し伸べる活動(無線で声をかけ、物資配り)も始めるが・・・。

 

主な登場人物

登場人物の名前関係
モーガン本家WDから
リックたちのコミュニティーを離れ、
放浪の旅の途中、アリシアたちと知り合う
アリシア・クラーク母マディソン、兄ニックを亡くし、
自暴自棄な彼女をモーガンが救った
ジューン看護師
ナオミ、ローラ
いろんな名前を持ち、ひとりで生きることを選んでいたが、
ジョンと出会い変わった。
ジョン・ドリー元保安官
リボルバーを操るガンマン。ひとりで旅を続ける中、
ジューンと出会い変わった
ルシアナニックの恋人だった
アル
ジャーナリスト
SWAT装甲車で移動しながら、出会う人に食べ物と交換でインタビューをしていた。ジョンとモーガンを助け仲間になる。
サラ元海兵隊員
ジンボと補給品を配っていた時、アリシアたちと出会う
ウェンデル車椅子の男
チャーリー”メル”と言う男の集団にいた少女。
ニックが気にかけていたが、ニックを殺したのはチャーリー。
S4でアリシアはチャーリーを許すことができたため、一緒に行動することに
ヴィクター・ストランドS1から登場
マディソンと良い友人関係だった
冷静沈着であるが、
信用できないところもあった
アニー
マックス
ディラン
3姉弟
両親は亡くなってる様子

 

#1 助けを呼ぶ声 Here To Help あらすじ

モーガン、アリシア、ジューン、ルシアナ、アルは小型機で、「C&L」トラックにはサラとウェンデル、SWAT装甲車にストランドとチャーリーが乗り、彼らは助けを求める者のために、ある場所へと向かうが・・・

 

まとめ & 感想

少年たち

ディランとマックスは、慣れない銃でシカを射止め、食料にしようとするが、銃声で集まってきたゾンビに取り囲まれる・・・その時、空から小型機が墜落してきて近くで炎上する。
ますます集まってくるゾンビたちに、襲われそうになった彼らを助けたのは・・・アリシアだった。

アリシアたちが捜している者

小型機に乗っていたのは、アリシア、モーガン、ジューン、ルシアナ、そして操縦していたアルだった。
アリシアはディランとマックスを飛行機の中に非難するように言い、ゾンビを処理していく。

飛行機の中には、モーガンとジョン、ルシアナがいたが、墜落の影響でルシアナの右胸には鉄棒が刺さっていた。
気絶していたジューンとアルも意識を取り戻した。

彼らは小型機で、ローガンと名乗る男を助けるために休憩所へ向かっていたが、エンジントラブルで墜落したのだった。
その時無線で「モーガン、何処にいる?モーガン」とローガンから連絡があった。
「待ってろ。必ず行く。時間がかかりそうだが」
モーガンはそう言って、大量のゾンビに立ち向かう。

アルは無線でストランドに連絡を取り、「墜落してしまった。工場へ戻って”スキッドマーク”と言うテープを捜して!そのテープの男が小型機を持っているわ。迎えに来て」と言うが、ストランドからの応答はなかった。

ルシアナの左胸に刺さった鉄棒をカットするため、金ノコを捜すアルは、ヘルメットを被り武装したソンビに襲われるが、串刺しにして助かる。

ルシアナを助け出したモーガンたち。
しかしゾンビは増える一方。
アリシアたちは、ゾンビを処理する覚悟をした時、ワゴン車に乗った少女が助けに来る。
ディランとマックスの姉だった。

 

クルマで向かう先は

モーガンたちは、ローガンを助けるために「休憩所」へ向かって欲しいと少女アニーに頼む。
しかしアニーは、ローガンがモーガンたちの仲間ではなく、無線で助けを求めて来た人物だと知り、クルマを急停車。
助けに行く理由を聞く。
モーガンたちは、人助けをして世の中を良くしたいんだと言うが、アニーは、「ムリよ。ここは恐ろしい。今に分かる」と言うが詳細を話そうとしなかった。

”休憩所”へ向かう途中、内臓でゾンビ4人を繋いだバリケードに出くわす。
頭上には、木からブラ下げられた無数のゾンビの頭が・・・。

アニーは、誰の仕業か分からないが、このような細工があちこちにあると言い、その不気味さにこれ以上は進まないと拒否するが、モーガンたちは、歩いてでも先に進むと言い張る。
「助けを拒否する者もいる中、ローガンたちは初めて助けを求めてきた。だから行かなければならないの」と言うアリシアの言葉で、「分かったわ」と言ってアニーはクルマを発進させた。

 

”何かがおかしい”

モーガンたちは休憩所に到着したが、そこにローガンはいなかった。
彼らはルシアナの手当をするために、休憩所の中にルシアナを運ぶ。
モーガンは無線を見つけ、「ローガン、休憩所に来たぞ」と問いかけるが応答はなかった。

モーガンはアニー、ディラン、マックスに、みんなが安全に暮らせる”家”を作りたい。キミたちも仲間になろうと言うが、休憩所内をチェックしたアリシアから、「人がいた形跡もない。発電機も使われてなかった。何か変よ」と聞かされ、「放っておいて!助けは要らない」と休憩所を出て行ってしまう。
ルシアナは一命を取り留めた。

デニム工場の侵入者

同じ頃、デニム工場の鍵を簡単に開け、忍び込む初老の男ー。

モーガンが無線からローガンに問いかけ続けていると、「モーガン、聞こえるか?」とローガンから応答が!
ローガンは、「友よ、俺は仲間といる。キミの仲間と・・・」と言い始めるー。

 

ストランドたち

SWAT装甲車にストランドとチャーリー、「C&L」トラックにサラとウェンデルが乗り、2台で移動中、アルから連絡を受けたストランドは、小型機を見つけるため、デニム工場へと戻った。
しかし、工場は既に何者かによって占拠されていた!

 

ローガンの言い分

デニム工場に忍び込んだいたのは、ローガンだった。
ローガンは無線で、トラックの文字「C&L」の ”L” は自分のことだと話し出す。
そして、デニム工場は自分のものであり、争わずに手に入れるために、モーガンたちに遠くへ誘導したんだと言い、「俺は自分のものを取り戻したいだけだ。キミたちを監視してた。キミたちは人を助けたいんだろ?それより、自分たちを救え」そう言って無線を切った。

ストランドが見たもの

工場に入れないストランドたちは、工場近くに駐車し、一晩を過ごすことに。
サラとウェンデルが、工場を取り戻す方法を考えいると、「私が工場に潜り込む」とチャーリーが言い出す。

ストランドは、「(アルが言ってた)テープを見つけた。交渉の余地がある。工場を取り戻す前に、仲間を救おう」と言う。
ビデオテープをチェックしたストランドは驚く。
そこに映ってたのは、ダニエル・サラザールだった(死んだハズの)
その時ウェンデルが「いつ小型機を取りに行くんだ?」と催促したー。

苦悩するアリシア

ローガンを助けようとしたのに裏切られた。バカだったと言うアリシア。
モーガンは、諦めたら償えない。生きている意味のあることがしたい。俺は諦めない。子どもたちを捜して説得する。俺たちは人を殺した。罪を償うのにツラくて当然だ。簡単じゃない。だからこそ正しい。諦めるなと言うが、アリシアは「ツラすぎる」と言う。

 

アルの行動

ビデオテープを見直したアルは、「墜落現場に戻ろう。そこで撮った映像に・・・・」と話し出すが、朝まで待つべきだとモーガン。
アルは飛行機を墜落させたことに責任を感じていた。

雨の中、ひとりで墜落現場に戻ったアルは、串刺しになった武装ゾンビに近づいて始末し、録画しながら持ち物をチェックしはじめた。
「高放射線区域」を示すマークが描かれた地図や書類を見つけたアルは、モーガンに無線連絡し「ここには何かが・・・」と言った時、何者かがアルの首にスタンガンを当て気絶させた。
ヘルメットを被った人物に。

シーズン5の少なくとも前半は、デニム工場を乗っ取られたローガンとの攻防、そして武装したヘルメット集団との関わりがメインエピソードになりそうですね。
そういう意味でエピソード1は、前フリだったと思います。
詳しい状況を説明せずはじまりましたが、まとめた内容が大筋で合ってると思います。

で、ダニエル・カラザールが再々登場ですか
もう完全不死身ですね~。
今回も敵な予感・・・

ウワサでは本家WDから、ドワイトが「フィアー・・」に登場するとのこと。
メット軍団の一味なのか、全くちがうものなのか?それも楽しみではあります。

WD欠乏症の現在、フィアーでしばらく楽しみたいですが・・・期待していいんかな?(笑)

 

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました