デスパレートな妻たち シーズン5(全24話)

デスパレートな妻たち
デスパレートな妻たち

なかなか記憶に残るシーズンだったと思います。
と言うのも、シーズン5は、「4」から5年の月日が流れた設定。

ガブリエル
あの美しかったガブリエルは、すっかり貫禄のある2人の女の子のママになってました。
美しい髪はショートカットになり、スリムな身体はポチャに。
盲目の夫:カルロスを支える肝っ玉母ちゃん風になっているじゃありませんか!
経済的に苦しく、家財道具を売って暮らす日々。
しかし、24話の時の流れは早く(笑)
カルロスは手術の末、視力を取り戻し、また仕事を再開。それが成功し、リッチに戻れました。
シーズン後半、カルロスの親戚のティーンエイジャーを預かることに。
このアナがクセモノ。だけど若い頃のガブリエルのような気もします。

ブリー
料理本を出版し、ケータリングの事業が当たり、キャリアウーマンとして大活躍のブリー。娘:ダニエルの息子を、夫:オーソンとの子どもとして育てていたものの、ダニエルが結婚したのをきっかけに、娘の取り戻される結果に。ブリーはその淋しさを埋めるように仕事に没頭。息子のアンドリューもその事業をサポートしており一見幸せそうなのだけれど、オーソンとは最後までしっくり行かず、シーズンラストでは離婚を決意。財産と事業をオーソンに渡したくないため離婚へと画策をはじめている。

キャサリン
シーズン4で彼女の謎、暗い過去は終わりました。シーズン5では、ブリーのケータリングを手伝う共同経営者として活躍する一方、マイクと恋愛関係に。スーザンとその息子MJとの関係を巡って色々ありながらも、マイクに結婚しようと言われ幸せの絶頂で突き落とされることに・・・。

スーザン
シーズン冒頭。クルマの事故を起こし、相手の女性とその子どもを殺してしまう結果になったところからスタート。それは5年前の出来事だったようで、その事故への罪悪感からスーザンはマイクと関係が悪くなり、ふたりは離婚している。
しかしそこはさすがのスーザン。もう既に新しいカレがいて、カレとはライトな関係を保っている。
シーズン中、そのカレとも色々あり・・・ラストは・・・

リネット
ピザ屋はそれなりに順調の様子。しかし、子ども達はティーンエイジャー真っ只中。双子のひとりパーカーが人妻と恋愛し、問題を起こすことに。そしてそのことがきっかけで店の経営は傾き、結果閉店することに。
カルロスの会社で広報として働き出すが、なんと、トムは大学へ行くことに。そしてリネット、なんと双子を妊娠!

イーディー
シーズン4で一時期ウィステリアの住宅を出て行ったイーディーだったが、投資家の夫:デイヴと共に再び戻ってくることに。
幸せそうな結婚生活も、デイヴのことを何も知らないイーディー。デイヴも一見いい人だけれど、何かを企んでいそうな男だった。
実はシーズン5は、このデイヴを中心にしたサスペンスがメインのStoryです。
イーディーは後半、デイヴのことを調べ上げ、カレの企みを知り、カレから逃げようとした時に事故に遭い亡くなってしまう。
いつもの事ながら、シーズンラストには、デイヴを中心とした問題は解決され、また新しいシーズンに進むことに。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました