私はラブ・リーガル4(全13話)

私はラブ・リーガル
私はラブ・リーガル

loveregal今シーズンも、法廷劇&ラブコメディを楽しませてくれた「ラブ・リーガル」シリーズ。
やっぱり、ジェーンは魅力的ですニコッ

「4」は過去3作とは雰囲気の違う設定でした。

ベースの設定は・・・・
弁護士グレイソンのフィアンセで交通事故で亡くなってしまった23歳モデルのデビーの魂が、ひょんなことから、グレイソンの同僚である頭脳明晰、やり手のアラフォー弁護士ジェーンの死にかけた身体の中に入り込んでしまったことで始まりました。
運命のいたずらでグレイソンと同僚になってしまったジェーン(デビー)は、グレイソンへの想いを断ち切れないまま。グレイソンもまた、デビーを忘れることが出来ないと言う状況だったのに、「3」の中盤からジェーンに、新しい恋が始まることに。
その相手は判事のオーウェン。それでもグレイソンへの想いを断ち切ろうとしたのは、親友ステイシーとグレイソンのキス現場を見てしまったから。自分を愛してくれるオーウェンと向き合う決心をし、休暇を取ってふたりでミラノへ旅立ったところまでは「3」。
今回はここからスタート。
で、シーズン冒頭、知ってはいけない事実である(ジェーンの中にデビーの心が入っている)事実を知り、一気にジェーンへ気持ちが傾くグレイソンがいたけれど、オーウェンとラブラブで、婚約することになったジェーンを見て、諦めることに。
このシーズンはジェーンがオーウェンと結婚するまでの話が軸でした。
ナゼかステイシーもモデルを諦め、ケーキ+パイを合体させた「ペーキ」を考案し、そのお店のオーナーに。
守護天使のフレッドも天国に戻ることとなり、ステイシーの記憶の中からフレッドは消えることに。
新しい守護天使は、ルーク。シーズン中、あんまり存在感のない守護天使でしたが、ここぞ!と言うときは、厳しい助言・注意をジェーンにする監視役をしっかりやってました。
オーウェンとも二転三転ありながら、結婚式まで辿り着いたふたり。
ここから状況が急転回!
グレイソンがこの状況下でジェーンに気持ちを告白、ジェーンと思わずキス・・・
それを見てしまったオーウェン。あまりの衝撃と持病の心臓発作で倒れてしまいます。
そんな時天国では、ジェーンの魂が、やりたい放題の地上のデビージェーンに怒りがマックスとなり、コンピューターの「Enterキー」を押してしまいます。
さて、シーズン5で、オーウェンは、ジェーンは、グレイソンはどうなるのか????と言う面白い展開。
ちなみに、キムはパーカーの赤ちゃんを妊娠。ジェーンの結婚式参列中に、気持ちを確かめ合ったふたりはきっと良い方向に向くのじゃないかな?

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました