CSI : マイアミ Season9 全22話(通算#192~#213)

マイアミ
マイアミ CSI シリーズ
 

maim9<あらすじ>
南の楽園だが全米屈指の犯罪多発地帯マイアミ。マイアミ=デイド郡警察CSI(科学捜査班)は、悪を絶対に許さないチーフ、ホレイショのもと、各分野のエキスパートがスピーディな捜査を繰り広げている。「8」シーズンの最終話、大胆不敵な犯人の次なる標的かと思われたスターリング教授だが、実はスターリング自身が犯人であると判明。同じ頃、マイアミ=デイドCSIでは、ホレイショとデルコを除くメンバーが突然次々と倒れる非常事態が。ホレイショとデルコは仲間たちを救うことができるのか……。
 

キャストについては、ジェシーが殉職と言う残念な降板になりました(#1)
「8」でジェシーとウォルターが加入したことで、雰囲気も変わり、エピソードも面白くなっていただけに残念。
「8」では検察の仕事をするなど、直接CSIへは戻っていなかったデルコが、「9」で完全復帰です。これからカリーとまた恋の発展があるかな?っと思っていたら、早々に破局
コレと言ってふたりに何かあったワケじゃないのにナゼ?と思っていたら、ドラマ的問題ではなくプライベート問題で、カリー役のエミリーがご懐妊したため、変更せざるを得なかったようです。「9」では、ぽっちゃりしたカリーが見られます。また、捜査に出動することなく、毎エピソードで内勤作業しているシーンのみの出演でラストまで乗り切ってました。イヤ、それはそれでスゴイや、カリーさま「10」ではどんなカリーになって登場するか楽しみです。
そんなワケでカリーが活躍しない分、ナタリアにスポットが当たっていました。カリーの分まで大活躍です。ナタリアが捜査にでる機会が増えたため、ラボスタッフとしてひとりメンバーが増えました。どうやらウルフといい感じの様子。さて「10」にはいるんでしょうか
そのウルフくん、「8」ではかなりデカく成長してて、マッチョを目指してるの?って感じだったけど、「9」ではすっかりスリムになって登場でした。ウルフはこっちの方がいいですね。
ラストエピソードは相当のインパクトを持ったまま、何にも解決しないで終了~。
明らかに次回作ありの終わり方です。よって「10」は、この続きから始まるワケですね。
そして次作gファイナルシーズンとのこと。どんな結末になるのかな?
CSIと言う仕事には終わりはない。誰かが死ぬとか、そー言うのできるだけやめて欲しいなぁ@
印象に残っているエピソードは、
#1「別れのフリースロー」
「8」最終話の事件の続きからスタート。ジェシーが殉職しちゃいます
#16「サバイバルゲーム」
デルコ役のアダムが脚本&監督したエピソード。なかなか設定が面白かったです。
#22「非常事態発生」ラストエピソードです。
最後の脱獄犯:トラー。アリゾナで逮捕され、マイアミに護送中のプライベートジェット機の中で事件発生。再びの逃走を始めたトナーは、次々と事件を起こして逃走中。トナーは、偽装紙幣問題に絡んでいるらしい。追い詰めるデイト署メンバーだがラスト、埠頭でホレイショは撃たれ、ナタリアは車のトランクに押し込められたまま海に車ごと沈められ・・・
何も解決していない故、気になるところです
 

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました