ビッグ・リトル・ライズ 2 #4 彼女は知っている

Big Little Lies
Big Little Lies

ドラマ「ビッグ・リトル・ライズ シーズン2」は全7話。
シーズン1は、Amazon プライムで視聴できます。

シーズン2を見たい方は、
Prime video チャンネル STAR EX 月額990円(税込) 
スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」に加入が必要ですが、
7日間無料体験できます

1ヶ月990円なので、1ヶ月楽しんで、解約すれば良いと思います。
私も、観たいドラマがいくつか重なった時、1ヶ月だけ加入する方法で利用しようと思っています。
解約については、この記事を読んでください。
私が解約したときのことを書いてます。

 

感想はコチラ

 

主な登場人物

キャスト名説明
セレステ・ライト元弁護士
双子のマックスとジョシュの母親
■夫ペリーは事故で死亡
(シーズン1で)
マデリン・マーサ・マッケンジー元夫はネイサン
彼との間に娘アビゲイル(高3)がいる
現夫はエド、娘クロエの母
不動産の仕事を始めた
ジェーン・チャップマンシングルマザー
息子ジギー
水族館で仕事を始めた
ある男に誘われデートを楽しむが、レイプされる。
その後妊娠が発覚。
その男がセレステの夫ペリーだった
レナータ・クライン仕事で成功しているワーキングママ。
夫ゴードン
娘アマベラ
小1の時、同級生からイジメを受けていた
セレステの息子マックスだった
ボニー・カールソン夫ネイサンは、マデリンの元夫
娘スカイ
ペリーの事故に絡んでしまった
メアリー・ルイーズ・ライトセレステの義母
ペリーの母親
息子を亡くし、真相を知ろうと動く
ネイサン・カールソンボニーの夫
マデリンの元夫
エド・マッケンジーマデリンの夫
ゴードン・クラインレナータの夫
コーリー・ブロックフィールド水族館スタッフ
ジェーンの同僚
アイラ・ファーバーメアリー・ルイーズの弁護士
ケイト・リッチモンドセレステの弁護士
ジョセフ・バッチマン


トリー・バッチマン
演出家
マデリンの浮気相手

ジョセフの妻

#4 彼女は知っている She Knows  あらすじ

マデリンはエドとの関係が改善されず悩む。
セレステの心は徐々に壊れはじめていた。それに気づいたメアリー・ルイーズは思いがけない行動に出る。
ジェーンはレイプのトラウマに悩む。
そしてボニーもまた、ウソを抱えることに苦しくなっていたのだった。

 

まとめ

マデリンの家

ハロウィン準備

マデリンは自宅に友人と子どもたちを呼び、ハロウィンの準備をする。

頑なな態度を続けているエドにマデリンは、「すべてに行き詰まってる」と嘆くと、「何もかもが変よ」とレナータも言う。
土曜の午後からアマベラの誕生会を開くと言うレナータは、午前中に破産審理をする予定だった。
ジェーンから「離婚はしないの?」と聞かれ、「離婚はしない。ウソをつかれ、浮気されても私たちは一緒に切り抜ける」とレナータは答えた。

その時、ドアベルが鳴った。
玄関に立っていたのはお菓子を持ったメアリー・ルイーズ。
断ることもできず、マデリンはメアリー・ルイーズを迎え入れる。
(それを見て、”あり得ない”と言わんばかりの表情を浮かべるセレステ)

 

不躾なメアリー・ルイーズ

「おばあちゃん!」とよろこんで迎えるマックスとジョシュに、「私の可愛い孫が2人。ほんとうは3人いるんだったかしら?」とメアリー・ルイーズ。
マックスとジョシュは、「ジギーはそこだよ!」と教える。
メアリー・ルイーズはジェーンを見つけると、「私、あなたと同じアパートに部屋を借りたの。孫たちをお泊まりさせようと思って。これでセレステも独りになれるでしょ?」と笑顔で言う。

その発言に驚いたセレステは、メアリー・ルイーズを部屋の端へ導き、「ジェーンと同じアパート?ちょっと異常です。息子のレイプ被害者と同居なんて」と責める。しかし意に介さないメアリー・ルイーズは、「私はあなたほど彼女がレイプされた話を納得してない」と言う。
「信じられない」セレステは吐き捨てるが、メアリー・ルイーズは重ねるように「色々疑問もあるの。ナゼ息子は彼女と過ごしたのかしら?逃げ場が欲しかったのかも。ひとりいたなら他に何人も女がいたのかもね」と言い出した・・・その瞬間、セレステはメアリー・ルイーズの頬を叩いていた。
我に返ったセレステが、「・・ごめんなさい」と言って手を貸そうとするが、それを払い、「今のは前戯なの?」とメアリー・ルイーズは言う。

 

マデリンとエド

ママ友だちの不満を話すマデリンにエドは、「キミは両極端なんだ。怒った時は相手に向かって猛突進。問題が起きると猛突進。で、ボクらの問題に突進はなし?」と言う。マデリンは、「私たちの問題じゃないわ。私の問題よ」と言うのだった。

翌日マデリンは、カップルワークショップへ行かないか?とエドを誘った。

 

メアリー・ルイーズの行動 

メアリー・ルイーズは、監護権を得るため、訴訟を起こすことを決めた。
弁護士は、「訴訟を起こせば、監護権を取れてもお孫さんの心は離れるかも知れない」と警告するが、「好かれるためじゃない」とメアリー・ルイーズは言う。

 

レナータ

破産審理

破産管財人に資産リストを提出したクライン夫妻。
レナータは管財人から、モーリス・シモンズ研究所への4200万ドルの未払いについて聞かれ、医療費と答えるが、深く追求され、イラだった態度を見せる。
すると管財人は、「これは破産審理だ。私は申請を却下できる」と言い放ち、リストに載せていなかったゴードンのローレックスの時計に、レナータの指輪を出せと言うのだった。
自宅へ帰るクルマの中でレナータは、「いずれ償ってもらう。だけど今日じゃない。今日はアマベラのための最高の1日にするわ」と言う。

 

アマベラの誕生パーティー

ボニーは母エリザベスを伴って。
ジェーンはコーリーを連れて参加する。

 

”ウソ”が招いた綻び

セレステとマデリンのところへやって来たボニーは、「あなたの義母は何を知ってるの?昨日、すごく変な目で見られた」と言う。
「彼女が疑ってるのは私よ、もうウンザリ。今度同じことがあれば絶対に”ウソ”はつかない。”足を滑らせた”と最初に言ったのはマデリンよ」とセレステ。
マデリンは、「何よ?私を責めてるの?」と声を荒げるが、「違う、責めてるのは自分。あのとき、名案だと思ったけど、どうかしてた。このウソをいつまで抱えればいいの?」とセレステ。ボニーもそれに同意する。
「皆で私の陰口を言ってるの?最高」と怒るマデリンに、セレステとボニーは、「違うわ。こうして直接言ってるじゃない」と言う。

母エリザベスとボニー

ボニーがセレステたちと話しているのを見ていたエリザベスは、「さっき友だちといたけど、何か変だ。この家にはイヤなエネルギーがある。何か根深いものがある。ボニー、あなたの周りの”気”が変だよ」と言うが、「ママの妄想よ」とボニーは言う。

 

ジェーンとコーニー

楽しくダンスするふたり。
ジェーンはコーニーに惹かれ初めていたけど、コーニーがジェーンに触れると、ビクっとしてしまう。

ジェーンはコーニーにレイプされ、ジギーが生まれたと告白する。
コーニーは黙ってジェーンの手を握るのだった。

 

レナータの闇

楽しんでいるアマベラを見ているレナータの側に来たゴードンにレナータは、「アマベラに二度とこんなことをしてあげられないのね」と言う。
「いつか許す気になってくれるか?」とゴードンが言うとレナータは、「問題はあなたじゃない。子どもが生まれたら、どんなチャンスを与えようとかと夢があった。それが消えたことに私自身が納得できないだけよ。それは私があなたを選んだせいなの。私の人生をズタズタにして、成功を壊した男を選んだせい。何もかも私のせいよ。結婚相手を間違えたバカな私のせい」と言う。

エド

マデリンからダンスをしない?と誘われ、エドは「もうフリをするのはしんどい」と言う。

ネイサンからいつものように絡まれたエドは、「俺に構うな」と言うが相変わらず執拗なネイサン。
とうとう喧嘩をはじめてしまうが、レナータは仲裁に入る。

しかしその後、エドはボニーと楽しそうにダンスするのを見てしまうマデリン

 

パーティーの終わりに

レナータがゲストをひとりずつ見送る。
その時、エリザベスが突然倒れた。

 

救急搬送されたエリザベス

脳卒中を起こし、てんかん発作が出たのだろうと医師。
今から手術をすると言う。

情緒不安定なボニーは、クィンラン刑事が担当医師と話しているのを見て、「マジ?ふざけないで」と突っかかる。
ジェーンはボニーをその場から移動させ、「彼女は別件で来ているのよ」と教えるが、ウソの綻びは徐々に大きくなっていた。

 

マデリンとエド

自宅に戻ってきたふたり。
マデリンは、エリザベスが倒れたことに不安を募らせる。
「大丈夫か?」と聞くエドに「大丈夫じゃない。私と別れるつもりならさっさとそうすればいい」と言う。
「ここいるだろ」とエド。
しかしマデリンは言う、「いないわ。遠くに感じるもの」と。

その夜、マデリンはエドを求めたが、彼は応えなかった。

 

セレステ

朝、メアリー・ルイーズが子どもたちを連れて戻って来た。
部屋は散らかっていて、調子の悪そうなセレステを心配する子どもたちとメアリー・ルイーズ。
「昨夜、よく眠れなくて。なんだか頭がクラクラする・・」とセレステは言う。

その時、奥の部屋から上半身ハダカの男が出て来た。
メアリー・ルイーズは、「今日のお客さまだどなた?」とイヤミの言葉を言うのだった。

 

セレステ vs メアリー・ルイーズ

緊急事態にマデリンを呼んだセレステ。
セレステは睡眠薬を飲み、カレが家にいるのさえ忘れていたと言う。
「子どもたちが来るまで自分が何処にいるのかさえわからなかった」とセレステ。
マデリンは、メアリー・ルイーズが孫を預かったんだし、セレステは自由にして問題ない。連絡せずに突然帰ってきたことに問題があると言う。

そこへ「ふたりで話し合おうと思って子どもたちをジェーンに預けてきた」とメアリー・ルイーズが戻って来た。
マデリンを帰し、「セレステ、真剣に治療しないとダメだと思う。その間にふたりの孫は私が引き取って面倒をみるわ」と言い出すメアリー・ルイーズ。
「いいえ、そんな必要はありません。昨夜のことは誤解です」セレステは言うが、「あなたはメチャクチャよ。あなたが良くなるまで孫を守らないと。あなたといると危険よ。ペリーもそれを望むハズ」と言う。
「出てって!早く出てけって言ってんのよ!」大声を出しキレるセレステ

メアリー・ルイーズはセレステに書類を渡し、「孫の監護権を移動する申し立てをしたわ。孫のためにこうするしかない」と言う。
「何、何なの?」セレステは慌てふためく

 

圧力をかけるクィンラン刑事

セレステが監護権を争う訴訟を起こされ、優秀な弁護士を紹介したとマデリンに話すレナータは、「何もかもが綻びはじめてる感じがする。ボニーはほんとうに大丈夫なのかしら・・」と言う。
そこへクィンラン刑事が現れた。
クィンラン刑事はマデリンに向かって、「学校で演説をしたそうね、見たかったわ」と言う。
「このご時世、誰かが動画をSNSでアップしてるんじゃないかしら?」とマデリンが返すと、「捜してみせるわ」と含みのある言葉を残して立ち去った。

メアリー・ルイーズに抗議するジェーン

ジェーンはメアリー・ルイーズの家を訪ね、「次はウチの子を取り上げるつもりですか?セレステは良いママです。」と抗議するが、「あなたは良いママよ、取り上げるなんてしない。セレステの心の状態が心配なの。彼女は傍目には問題ないように見えるけど、私は見たのよ、引き出しの中に、ありとあらゆる薬があるのを。抗不安薬、強い鎮痛剤、睡眠薬やらが大量に入ってた。それを飲んでクルマを運転してるのよ?そんなセレステのクルマにジギーを乗せたい?乗せたくないでしょ?」メアリー・ルイーズに言われてしまい、それ以上、何も言えなくなってしまうジェーン。

 

セラピストの意見

セラピストを訪ね、「あなたも召喚されるかも。私は義母を信じて私の人生にも家にも招き入れたのに、こんな裏切りをされるなんて。耐えられる自信がない。子どもたちも事情聴取される。十分ツラい目に合ってるのに」とセレステ。
セラピストは、「ここでの話は守秘義務があるから安心して大丈夫よ。子どもたちが心配なら示談にしたら?」と言うが、セレステは、「絶対に示談になんかしなわ。私の子どもたちなのよ?それを奪おうとしてるのっ!」と声を荒げる。
セラピストは言う、「彼女の主張理由が、母親の適性とか育児放棄なら、この手の訴訟はみんな敗者になってしまうわよ」と。
「どっちの味方なのよ?私は絶対に勝つわ」セレステは言い切った。

 

 

感想

 

メリル・ストリープの演技が凄いのかしら?
セレステとメアリー・ルイーズとのやり取りのシーンは、なにか起きそうで、心がザワザワします。
あのガラス玉のような目が、より不気味な怖さを醸し出してるんですよね~。

しかしセレステは、セックス中毒???
彼女は良いママだけど、このままじゃ監護権を取られてしまうと思います。
マズイですよね。

 

 

 

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました