ビッグ・リトル・ライズ 2 #3 世界の終わり

Big Little Lies
Big Little Lies

ドラマ「ビッグ・リトル・ライズ シーズン2」は全7話。
シーズン1は、Amazon プライムで視聴できます。

シーズン2を見たい方は、
Prime video チャンネル STAR EX 月額990円(税込) 
スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」に加入が必要ですが、
7日間無料体験できます

1ヶ月990円なので、1ヶ月楽しんで、解約すれば良いと思います。
私も、観たいドラマがいくつか重なった時、1ヶ月だけ加入する方法で利用しようと思っています。
解約については、この記事を読んでください。
私が解約したときのことを書いてます。

 

感想はコチラ

 

主な登場人物

キャスト名説明
セレステ・ライト元弁護士
双子のマックスとジョシュの母親
■夫ペリーは事故で死亡
(シーズン1で)
マデリン・マーサ・マッケンジー元夫はネイサン
彼との間に娘アビゲイル(高3)がいる
現夫はエド、娘クロエの母
不動産の仕事を始めた
ジェーン・チャップマンシングルマザー
息子ジギー
水族館で仕事を始めた
ある男に誘われデートを楽しむが、レイプされる。
その後妊娠が発覚。
その男がセレステの夫ペリーだった
レナータ・クライン仕事で成功しているワーキングママ。
夫ゴードン
娘アマベラ
小1の時、同級生からイジメを受けていた
セレステの息子マックスだった
ボニー・カールソン夫ネイサンは、マデリンの元夫
娘スカイ
ペリーの事故に絡んでしまった
メアリー・ルイーズ・ライトセレステの義母
ペリーの母親
息子を亡くし、真相を知ろうと動く
ネイサン・カールソンボニーの夫
マデリンの元夫
エド・マッケンジーマデリンの夫
ゴードン・クラインレナータの夫
コーリー・ブロックフィールド水族館スタッフ
ジェーンの同僚
アイラ・ファーバーメアリー・ルイーズの弁護士
ケイト・リッチモンドセレステの弁護士
ジョセフ・バッチマン


トリー・バッチマン
演出家
マデリンの浮気相手

ジョセフの妻

 

#3 世界の終わり The End of World あらすじ

夫婦セラピーを受けるが、エドの気持ちがどんどん離れていくように感じるマデリン。
セレステは、ペリーが死んだと言うのに、依存しつづけたまま。
そんな中、メアリー・ルイーズはジェーンと接触を図る。
レナータにまた新たな困難が訪れる

 

まとめ

そのとき、何があったのか

ペリーを押して階段から転落させたのはボニーだった。
セレステは、「私が押したことにするのよ」と言うが、マデリンがは「誰も押していない」と言い、皆は頷いた。

 

マデリン

夫婦セラピー

夫婦セラピーを受けるふたり。
セラピストから、浮気は裏切り行為だが、無関心も同じ裏切りだと言われ、「ボクは十分なほど彼女に尽くしている」とエド。
マデリンはセラピストから、浮気をしたのは自分に自信がないから。高卒であることで、虚しい人生だと思っていると指摘され動揺する。

打ち明ける

マデリンは、幼かった頃の父親の不貞を見てしまった経験があり、それがトラウマとなり、(結婚を信じちゃいけないと言う不安)を持っていると言う。
セレステもまた、ペリーを失い、人生が色を失った。とても退屈に思える。彼がいた時の方が良いママだったとペリーへの未練を口にする。

 

夫の仕打ち

マデリンはエドがボニーと楽しそうにお茶をしながら談笑するのを見て驚く。
「ふたりで何の話をしてたの?」と聞くと、彼女の母親の話だとエド。
「いつまで私を罰するの?」マデリンは言うが、「ボクが罰したいと望む限りかな?今までのボクがどうであれ、望む結果がでなかった以上、強くでいく」とエドは言って、さっさと行ってしまう。

 

セレステ

セラピーで

セラピストは、ペリーの良い思い出を懐かしむことは不健全だと指摘する。
「彼は子どもたちを、私を愛してた」セレステは言うが、「殺されかけたのよ?首を絞められ、蹴られた。退役軍人の多くが、日常に退屈を感じ、戦場へ戻りたがるのと同じで、あなたも戦いが恋しいのよ」とセラピスト。
セレステは、「幸せな頃に戻りたい。イヤなことは忘れたい。だけど、優しかった彼のことは覚えておきたい。自分のためにも子どもたちのためにも。」と言う。
セラピストは、セレステの腕のアザを見つけ、どうしたのか?と聞く。
息子の喧嘩の仲裁でケガをしたと言うセレステに、「ワザと自分でやったワケじゃないでしょうね?虐待の被害者は、傷やアザを見て愛着を感じることもある。彼を思い出せるから。あなたは依存してる。ペリーの存在に」とスバっと言うセラピスト。

ジェーン

突然現れたペリーの母

ジェーンの職場にやってきたメアリー・ルイーズは、突然「父子鑑定してみない?」と言う。
「必要ありません。明白ですから。私は何も求めていません」とジェーンは断るが、「私が求めているの。いきなり息子が不倫した上、レイプ犯って。何としても否定したの」とメアリー・ルイーズは言う。
関係を持ったのはペリーだけだと言うジェーンにメアリー・ルイーズは、薬を使われて行為に及ばれ、記憶に残らないと言うケースもあると言い出す。
ジェーンは、「ハッキリと記憶にあります。生々しい程に。鑑定はしません!」と拒否した。

再び訪ねてきたペリーの義母

ジェーンがジギーを学校に送るため外に出ると、遠目からふたりを見るメアリー・ルイーズがいた。

ジギーを学校へ送ったあと、ジェーンはメアリー・ルイーズとお茶をする。
ジェーンは、ペリーの兄レイモンドの写真を見せられ驚く。あまりにもジギーに似ていたからだ。
「まだちょっと戸惑ってるけど、ジギーのことを見守っていきたい。だって私はおばあちゃんだから。優しい子なの?」とメアリー・ルイーズ。
ジェーンは少し考えさせて欲しいと言うが、「ペリーも優しい子だったわ。思いやりがあって、温和で優しかった」と言う。
「大人の彼は違った」とジェーンが言うと、「どちらから誘ったの?」とメアリー・ルイーズ。
あまりに不躾なその質問に、ジェーンが驚くと、「ペリーはセレステを愛してた。息子が誘惑されたとしか思えないの。誘ったのはあなたでしょ?」と言う。
「いいえ。それは謝罪のつもりですか?彼を擁護して」ジェーンが言うと、「セレステから聞いたの。彼女とペリーは、特殊なセックスを好んでたらしいの。だから息子は、あなたの意図を誤解したのかもって思って」とメアリー・ルイーズ。
「彼は私をレイプしたんです。私が何度も止めてと叫んだのに。誤解のしようがないです」とジェーンはハッキリ言う。
「どうしても受け入れられないの。息子が悪人なんて。善の心があったと信じたい。あなたは感じなかった?」と言うのが、ジェーンは首を振る。

 

コーリーとの関係

初デートをするふたり。
コーリーは、ディナーの魚が養殖物か天然物かをウェイトレスに聞くなど変わり者の片鱗を見せつつも、ジェーンは楽しい時を過ごす。
その帰り道、ジェーンは子どもがいることを打ち明けたが、コーリーの反応は意外にも、「会ってみたい」と言うものだった。
別れ際、キスしようとしたコーリーを反射的に拒否してしまったジェーンは、「今はニュートラルな関係でいたい」と言う。
コーリーは、それを受け入れた。

海辺でジェーンを見かけたボニーが声をかけると、「ジギーにコーニーのことを話したら、サーフィンを教えて欲しいと言ったの。」そう言って、ふたりがサーフィンをするのを楽しそうに見る。
「実はキスされそうになったんだけど、身体が受けつけなかった・・」そう告白するジェーンにボニーは、「彼と真剣に付き合おうと思っているなら、話さなきゃ」とアドバイスする。

ふたりを自宅まで送ったコーリーは、「キスの代わりにハグをしよう」と言う。
ふたりはぎこちないハグをするが、そのコーリーの優しさにジェーンは涙してしまう

メアリー・ルイーズの行動

担当刑事クィンランを訪ねたメアリー・ルイーズは、「息子が事故死だと思ってないのよね、あなたも」と言う。

 

情緒不安定なレナータ

搬送されたアマベラ

アマベラが学校のクローゼットの中で倒れたため病院に搬送される。
半狂乱の様子で病院にやってきたレナータ。
フェルドマン医師は、アマベラはパニック発作を起こしたが、回復した。入院する必要はないが、家族でカウンセリングを受ける方が良いとアドバイスするが、レナータは目をつり上げ、「ウチの家族の何を知ってるの?放っておいて」と言う。

自宅に児童カウンセラーを呼び、アマベラをみてもらった夫妻。
カウンセラーは、イジメが原因ではない。原因は授業で聞いた気候変動に危機感を感じたことと、刑務所に行く父親のこと、ずっと前からママの様子が何かおかしいと心配していると言う。

 

怒りの女王

レナータは学校へ殴り込み、「8才の子に地球滅亡を教えるなんてバカなの?」と抗議するが、「子どもはニュースなどで気象変動については知っている。この件で今晩集会を開き、保護者から広く意見を聞く」と校長。
するとレナータは、「ウチが破産したからってバカにしてんじゃないわよ。私は必ずのし上がるわ。そしてあんたを潰すわ」と罵倒を浴びせた。

自宅に帰ったレナータは夫のコレクションを売れ!と命令する。
ゴードンは、「アマベラにストレスをかけているのは、俺だけじゃない。キミもだぞ。あっちたこっちに飛び回り、”心ここにあらず”だ。それをアマベラも感じてるんだ。キミの中で何が起こってるんだ?」と言うが、レナータは「当然よ、夫のせいで貧乏になったんだから」と吐き捨てる。

 

保護者会で

校長は、保護者の意見を聞きたいと言い、マデリンを指名する。
突然の指名にもマデリンは壇上にあがり、「何から話して良いのかわからないけれど・・」と言いながら話し出す。
しかしその演説は支離滅裂になっていくー。
最初は地球滅亡、気象変動の話は小2には酷だと反対しながら、親が甘い話をして心の準備をさせないから良くない。真実を包み隠さず子どもたちに教えるべきだと賛同に回り、感情的な姿を見せる

レナータはマデリンがおかしいと言う。
セレステはエドに、「あなたの妻よ、助けてあげて」と言うが、「アドバイスをありがとう。それなら知らない事を全部教えてくれよ」と言い返した。
レナータは、「彼はあのことを知ってるの?」と不安がる。

 

セレステと義母

保護者会から帰ったセレステは、引き出しを漁るメアリー・ルイーズを見てしまう。
「何を探してるんですか?詮索だわ。もう引っ越してください」ハッキリとセレステは言うが、メアリー・ルイーズは、「バイコディンなんて強い鎮痛剤まである」と責めるように言う。
「必要でした。ペリーに殴られ、蹴られた後に」とセレステは言う。

その夜、ベッドでセレステはペリーの動画を見て幸せな気持ちに浸り、彼を思い出す。

 

 

感想

ニコール・キッドマンってほんとキレイ(笑)

 

セレステの現状はセラピストが指摘するまんまですよね
こういうのを共依存と言うんでしょうね。
DVを受けているひとが、夫や彼氏から離れられない理由のひとつがコレなんだと思います。
セレステは弁護士なんだし、早く社会復帰して欲しいな。それが息子を育てるにも必要なことだと思うんだけど。

アマベラがパニック発作を起こしたのは、レナータの心がここにあらずだからってゴードン。
つまりレナータにとっても、ペリー転落事故は陰を落としてるってことのようです。

 

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました