ビッグ・リトル・ライズ 2 #2 言わずにいられない

Big Little Lies
Big Little Lies

ドラマ「ビッグ・リトル・ライズ シーズン2」は全7話。
シーズン1は、Amazon プライムで視聴できます。

シーズン2を見たい方は、
Prime video チャンネル STAR EX 月額990円(税込) 
スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」に加入が必要ですが、
7日間無料体験できます

1ヶ月990円なので、1ヶ月楽しんで、解約すれば良いと思います。
私も、観たいドラマがいくつか重なった時、1ヶ月だけ加入する方法で利用しようと思っています。
解約については、この記事を読んでください。
私が解約したときのことを書いてます。

 

感想はコチラ

 

主な登場人物

キャスト名説明
セレステ・ライト元弁護士
双子のマックスとジョシュの母親
■夫ペリーは事故で死亡
(シーズン1で)
マデリン・マーサ・マッケンジー元夫はネイサン
彼との間に娘アビゲイル(高3)がいる
現夫はエド、娘クロエの母
不動産の仕事を始めた
ジェーン・チャップマンシングルマザー
息子ジギー
水族館で仕事を始めた
ある男に誘われデートを楽しむが、レイプされる。
その後妊娠が発覚。
その男がセレステの夫ペリーだった
レナータ・クライン仕事で成功しているワーキングママ。
夫ゴードン
娘アマベラ
小1の時、同級生からイジメを受けていた
セレステの息子マックスだった
ボニー・カールソン夫ネイサンは、マデリンの元夫
娘スカイ
ペリーの事故に絡んでしまった
メアリー・ルイーズ・ライトセレステの義母
ペリーの母親
息子を亡くし、真相を知ろうと動く
ネイサン・カールソンボニーの夫
マデリンの元夫
エド・マッケンジーマデリンの夫
ゴードン・クラインレナータの夫
コーリー・ブロックフィールド水族館スタッフ
ジェーンの同僚
アイラ・ファーバーメアリー・ルイーズの弁護士
ケイト・リッチモンドセレステの弁護士
ジョセフ・バッチマン


トリー・バッチマン
演出家
マデリンの浮気相手

ジョセフの妻

#2 言わずにいられない Tell-tale Hearts  あらすじ

セレステはペリーを失った悲しみ、虐待された時の痛み、そして殺してしまった罪悪感に苦しむ日々が続いていた。

ボニーもまた、夫にも話せない ”隠し通さなければならないウソ”に飲み込まさそうになっていた。

一方、ママの話を立ち聞きしたクロエが発信源となり、マックスとジョシュ、そしてジギーの関係が明らかになる。

 

まとめ

苦しみの中のセレステ

事故を起こしたセレステ

早朝セレステは、ペリーとの濃厚なセックスを思い出しながら運転していた時・・事故を起こしてしまう。

駆けつけたマデリンはセレステから、「眠れなくて午前2時に睡眠薬を飲んだの、気がついたらクルマを運転してた」と聞き、驚き、心配する。

セレステを自宅へ送る途中、早朝にも関わらず、ひとりハイウェイを歩くボニーを見つけたふたり。
「ここはハイウェイよ何してるの」と声をかけるがボニーは、「歩いてる。ハイキングよ」と言うだけ。
マデリンは、「最近、ボニーがおかしい。アビーを連れ戻す」と言うのだった。

 

そりの合わないふたり

自宅へ戻ってきたセレステを出迎えたメアリー・ルイーズは、「死ぬほど心配したのよどこへ行ってたの?クルマは?」と聞く。
マデリンはセレステのために、「私に緊急事態が起きて、セレステが来てくれたんです」と助け船を出すが、マデリンを信用していないメアリー・ルイーズは、「どんな緊急事態なの?」と問い詰める。
「小柄な女に特有の」と言い返すマデリンにメアリー・ルイーズは、「私が嫌いなのね?幼い頃、父に言われた。イジメっ子を見極めろって。あなたは機嫌が良い時はいい人だろうけど、悪い時は明らかにいい人じゃない」とまたしてもマデリンに一発を浴びせた。

 

セラピーで

「今も彼が恋しい。この先もずっと。彼しか欲しくない」
そう言うセレステにセラピストは、「1つ試して欲しい。彼に虐待された時を思い出して」と提案する。
嫌がるセレステに、「大事なことだから」とセラピスト。

セレステは、激しく虐待を受けた時のことを思い出し苦しくなる。
セラピストは、「親友のマデリンをあなたの立場に置き換えてみて」と言う。
ペリーに半殺しにされるマデリンを想像し、セレステは大声で、「NO!NO!やめて!」と叫んだ。
セラピストは言う
「やられて当然?その関係を続けるべき?」と

子どもたちにとってのパパの死

担任から呼び出されたセレステは、「何か心に苦しいことがあれば、何でも話してと言った時、ジョシュが、”死んだパパの話をしてもいいの?”と言った。傷ついた様子でもなく、普通に切り出してきました」と報告をうける。

セレステは子どもたちに、「思ってることを話しても良いの。でも学校じゃなく、ママに話して」と言うが、「ママは話したくないんでしょ?だっていつも大丈夫なフリをしてる」とジョシュ。
セレステは、「家族なんだから、何でも正直に話してくれていいの」と言うが、マックスからは「ウチはそんな家族じゃないよ」と言われてしまう。

 

母の気持ち、妻の気持ち

自宅に戻って来たセレステに、何があったのか?と聞くメアリー・ルイーズ。
「お義母さまがの言うとおり、ふたりはまだ悲しんでる」とため息をつくセレステにメアリー・ルイーズは、「わかるわ。レイモンドを事故で亡くした時、生きていく自信がなかった。こうして生きて来れたのはペリーのおかげよ。あなたにも子どもたちがいるわ」と励ます。

が、次の瞬間、「朝、何があったの?」と切り込むメアリー・ルイーズ。
「わからないんです。昨夜、睡眠薬を飲んで・・気づいたらクルマを運転していた。こんなことは初めてで」と言う。
メアリー・ルイーズは、「この近くにアパートを借りたわ。あなたを手伝いたいけど、適度な距離が良いと思ったの」と言う。
セレステはその行為をありがたいと感謝する。

 

ほころび

「マデリンと口論したんですか?彼女はすごくいい人で、私はいつも助けられてます」とセレステは言うが、「キライ、いけ好かない女だわ」とメアリー・ルイーズ。
マックスが溺れた時も、助けてくれたとセレステが言うと、「ほぉ・・・」と言ったあと、「その時、あなたは?」とメアリー・ルイーズは聞き返す。
セレステはその言葉に、棘を感じ、「いつも疑惑の目で見られてる気がする」と抗議する。
「そんなつもりはないけど謎めいた存在だとは思ってる。ペリーも最初、あなたをそう表現していた」とメアリー・ルイーズ。

その時、ベランダでマックスとジョジュが取っ組み合いの喧嘩をはじめた。
セレステは止めに入るが、興奮しているふたりは喧嘩を止めず、セレステに引き離されたマックスは、「放せよ!」と言い、セレステを殴った。
その瞬間、「NO!」
大声で叫んだセレステはマックスを押し倒し、「あの人みたいにならないで!」と叫んでしまう。
すぐに我に返ったセレステはマックスを抱きしめ、ジョシュも抱きしめた。
メアリー・ルイーズは、その様子を見ていた。

真実を突かれる

双子を寝かしつけたメアリー・ルイーズは、突然セレステに言う
「私には孫がもうひとりいるみたいね。同じクラスに。別の女が生んだ子よ。話す気はないの?」と。

 

マデリン ⑴

ジギーの父親について話したのは誰?

”なぜウチの子がジギーのことを知ってるの?”

セレステから電話を受けたマデリンは、「警察に話したけど、私ではないと」と否定する。
しかし、「マックスとジョシュの兄弟が同じ学年にいると言うのは言った。誰だかは言ってないけど」とクロエ。
マデリンの電話を立ち聞きしたクロエが発信源だったのだ。

その話を聞いたエドもまた、驚く。
マデリンはジェーンとペリーの関係について話していなかったからだ。

 

夫の怒り

「レイプされた話を、そんなにペラペラ話せない。女性のプライバシーの問題だから」
マデリンは怒るエドに説明するが、「夫婦じゃないか。夫としてキミを助ける義務もある。だいたい電話で話せばクロエに聞かれる。そんなこともわからなかったのか!とんでもないことになったぞ」とエドは怒りをぶちまける。

 

ジェーン

同僚のコーリーから、お試しデートをしないか?と誘われたジェーンは、「あなたはいい人だけど、すごく変わってるから・・」とソフトに断るが、コーリーは意に介さず、「キミは寛容で友好的で美人で長靴が似合う」と言うのだった。

 

マデリンからの電話

マデリンからクロエが事実を知り、話しているようだと聞いたジェーンは悩み、迷うが、ジギーと話をする決意をする。
ジギーはクロエから聞いて知っていた。
「どうしてママに言わなかったの?」とジェーンが聞くと、「ママはウソをつくだろうと思ったから」とジギー。
ジェーンはジギーの言葉で心を決め、「パパは誰なのと何度か聞かれたけど誰だか分からなかったの。トリビア・ナイトの日に知った。あなたがもう少し大きくなったら、話すつもりでいた。クロエからは他に何を言ってた?」とジェーン。
「ライトさんがママを交換したって。交換したからこうなったって聞いた」と。
ジェーンは、「ちがうわ。クロエが聞いた言葉はね、”強姦”だわ」そう言って真実を少し話したのだった。

 

義母に事実を伝える

ペリーの強姦、DVを知った義母の反応

9年前、ペリーとセレステは妊活に頑張っている時、ペリーはジェーンと関係を持った。
「浮気のことはいつ知ったの?」と聞かれ、「浮気じゃなく、レイプです。知ったのは彼が死んだ夜です」とセレステはハッキリと言う。
しかし息子を愛するメアリー・ルイーズは、その事実を受け入れられるワケもなく、「その女性は何人とも寝てたんだわ。誤解かも知れない。間違いだと信じたくないの?息子がそんなことを?私は信じないわ」と言う。
セレステは、「彼は私にも手をあげました。何度も何度も」と言うが、「なら、ナゼ通報しなかったの」とメアリー・ルイーズ。
セレステは、するべきだったが、複雑だったと言うことしかできない。
それでも尚、「なんでペリーだけを悪者にするの?ナゼ、その女を信じるの?理解出来ない。あの子の思い出を汚すなんて酷いわ」とメアリー・ルイーズ。
セレステは、「真実を言ってるだけです。私にも非はあったと思います。お互い暴力を振るいました。そしてその後・・・セックスすることも。私たちは愛し合ってました。私たちはふたりとも病気だったんです。」と本当のことを話すが、「でも、あなたは通報しなかった」とメアリー・ルイーズ。

メアリー・ルイーズは、このことを警察に話すと言い出す。
「私は真実が知りたいの。あなたは他に子どもがいたことを警察に話してない。家を出る予定だったことも言わなかった。それに息子が階段から落ちる直前に知ったのに、言わなかった」そう言ってセレステを見つめた。

 

セレステとジェーンの決断

ジェーンはジギーに一部の事実を話したと言う。それは、”強姦”のことも含めだった。
それを聞きセレステは、「約束したじゃない。伝えるのはまだ早いって」と言うが、ジェーンは、「ジギーにウソや隠し事ばかり続けることはできない。あなたと同じように私も息子を守らなきゃ」と言う。
セレステはマックスとジョジュにまだ、この事実を話せないでいた。

 

子どもたちに伝える

セレステはマックスとジョシュに、ジギーのパパはペリーだと話し、今度ジギーと兄弟として一緒に会って、食事をしようと言う。
「ジギーとはもう友だちだよ。何が変わるの?」と子どもたちから聞かれ、セレステは、「ジギーは家族の一員なの」と言う。
「パパは悪い人なの?」と子どもたちに聞かれ、「パパは素晴らしい人だった。確かに弱さもあったし、いくつか間違いも犯したけれど」と言う。

家族として

セレステ、マックス、ジョシュ、そしてジェーンとジギーは家族として集まった。

 

レナータ

逮捕された夫

レナータの仕事は順調だったが、突然夫ゴードンが公衆の面前でFBIに証券詐欺容疑で逮捕されてしまう。

寝耳に水のレナータは拘置所へ会いに行くが、ゴードンから聞かされたのは、”自宅を賭けてしまったから民事裁判にもなる。年末には破産する”と言う事実だった。レナータは拘置所で大声を張り上げ、「私は絶対に貧乏人にはならないわっ!」と吐き捨てた。

 

クィンラン刑事の陰

夫の逮捕をマデリンに打ち明け、「夫婦の財産を失った。アイツのせいで貧乏だった子ども時代に逆戻りよ。必死で抜け出したのに!」と怒りが収まらないレナータ。
「夫が逮捕される時、クィンラン刑事がいたの。私たちの情報を流したのよ」と言うレナータにマデリンは、「逮捕したのはFBIでしょ?」と言うが、冷静さを失っているレナータは、FBIがレナータのパソコンもiPadも持ち去ったと言う
(マデリンは、あの夜のことを、ふと不安に思う)

 

夫婦とは

レナータは夫の保釈金を支払い、迎えに行ったが、ゴードンから「ひと山当てたかったんだ。キミも同じ欲しがりだろ」と言われブチ切れたレナータ。
ハイウェイにも関わらず、「私のクルマから降りて!!!」と叫んでゴードンを放置したが、結局、引き返し、クルマに乗せるのだった。

 

追い詰められて行くボニー

クィンラン刑事の陰

娘スカイを学校へ送るボニーに、「パパと離婚するの?最近ママはパパの言葉で笑わないし、ずっと怒ってるみたい。誰に怒ってるの?」と娘スカイ。
ボニーは、離婚はしないし、誰にも怒っていないと言う。
しかし彼女のクルマを尾行するように、後ろを走っていたのはクィンラン刑事のクルマだった。

 

心を閉ざしたボニー

突然やって来た母エリザベスに驚くボニー。
実は、心を閉ざすボニーが心配でネイサンが呼んだのだった。
「どうして呼んだの?」と責めるボニーにネイサンは、「キミを失いそうで怖いんだ。離婚したトラウマがある。永遠だと思っていたものが簡単に壊れる。キミの心はどこへ行った?ずっと上の空だ」と言うが、ボニーの態度は変わらない。

母親はボニーを誘って森を歩き、「何があったの?」と訊くが、ボニーは話さない。
(ボニーとエリザベスの間には確執がある様子)

ディナーの席でエリザベスは、「あなたは自分のことばかりで娘のことを分かっていない」とネイサンを責め出す。
「そんなことはない。彼女が心配だからあなたを呼んだんだ」と言うネイサンに、「いつから様子がおかしいのか、何がキッカケなのかあなたは言えないでしょう?あの夜の事故からよ。ボニーは現場にいて、事故を目撃してる。そのトラウマで苦しんでいるの。ボニーは大丈夫じゃないわ。このままじゃ子どもためにならない」と言って、何があったか打ち明けるように言うが、「ママ、来てくれてありがとう」ボニーはそう言って席を立ってしまう。

エリザベスは、真夜中、ネイサンとボニーの寝室に入り、3つのまじないの品を置いた。

 

ボニーの決断

「来てくれて感謝してる。だけど、私の家族にはコレはいらない。もうあの話しはしない」
そう言ってボニーはまじないの品を母に返す。
エリザベスは、「私は最近ビジョンを見るの。あなたも見たでしょ?誰かが溺れているわ。話して。あんた何をしたの、今度は?」と言うエリザベスに、「悪霊からもビジョンからも守ってくれなくていい。もう帰って!」とボニー。
ボニーはネイサンに母を帰らせて欲しいと頼む。
「いったい何があったんだ?」とネイサンは聞くが、口をけして割らないボニーだった。

 

マデリン ⑵

娘アビーとの関係

娘アビゲイルにどうしても大学に行って欲しいマデリンは、元夫ネイサンと、最近様子のおかしいボニーに娘を預けておけないと考え、引き取ることに。
「戻るのがイヤなワケじゃない。だけど、大学へ行けと言われるのだけは勘弁して」と言うアビーにマデリンは、「安定した環境に移って、正しい判断をして欲しいだけ」と言い、人生の中で”教育”は大切だと言う。
それを聞いたアビーは、「ママは人生で大切なものは、”家庭”って言ってた。それを壊したのはママよ。去年、演出家と浮気してたじゃない」と言い返す。
それを夫エドが聞いてしまう。

エドの決断

マデリンは、エドに非はなく悪いのは自分であること。それは随分の前のことで、エドを愛していると言う。
「ジギーのことも、俺を裏切ったことも、秘密にし続けるつもりだったのか?アビーはいつから知ってたんだ?」とエドに聞かれ、「1年前、苦しかった時に話した。これは私の問題なの。夫婦の問題」とマデリン。
エドは、「ボクらの間には誠実さも真実も信頼もない。ボクらは何なんだ?ボクの考えは、もう終わりだと思う」と言い切った。

 

感想

息子を愛するメアリー・ルイーズは、ペリーの死の真相を突く止めようと必死です。
それが怖さを感じさせますね
セレステがペリーを愛していたことも事実で、ペリーから半殺しのDVを受けていたことも事実。
これをどれだけ説明しても、セレステ自身もそこに混乱してるんですから、母親のメアリー・ルイーズに伝わるワケもない。

マデリンは今更に、浮気がエドにバレました。
マデリンのことを好きじゃないけど、可哀想に思います。
妻の浮気を知り、夫は許せるものなのか、ある意味興味があります。

 

 

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました