ビッグ・リトル・ライズ 2 #1 彼女たちは何をしたのか?

Big Little Lies
Big Little Lies

ドラマ「ビッグ・リトル・ライズ シーズン2」は全7話。
シーズン1は、Amazon プライムで視聴できます。

シーズン2を見たい方は、
Prime video チャンネル STAR EX 月額990円(税込) 
スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS-」に加入が必要ですが、
7日間無料体験できます

1ヶ月990円なので、1ヶ月楽しんで、解約すれば良いと思います。
私も、観たいドラマがいくつか重なった時、1ヶ月だけ加入する方法で利用しようと思っています。
解約については、この記事を読んでください。
私が解約したときのことを書いてます。

 

感想はコチラ

 

主な登場人物、事故当時の状況

カリフォルニア州モントレーの高級住宅街。
オッターベイ小学校の入学オリエンテーションで、彼女たちは出会う。

キャスト名説明
セレステ・ライト元弁護士
双子のマックスとジョシュの母親
■夫ペリーは事故で死亡
(シーズン1で)
マデリン・マーサ・マッケンジー元夫はネイサン
彼との間に娘アビゲイル(高3)がいる
現夫はエド、娘クロエの母
不動産の仕事を始めた
ジェーン・チャップマンシングルマザー
息子ジギー
水族館で仕事を始めた
ある男に誘われデートを楽しむが、レイプされる。
その後妊娠が発覚。
その男がセレステの夫ペリーだった
レナータ・クライン仕事で成功しているワーキングママ。
夫ゴードン
娘アマベラ
小1の時、同級生からイジメを受けていた
セレステの息子マックスだった
ボニー・カールソン夫ネイサンは、マデリンの元夫
娘スカイ
ペリーの事故に絡んでしまった
メアリー・ルイーズ・ライトセレステの義母
ペリーの母親
息子を亡くし、真相を知ろうと動く
ネイサン・カールソンボニーの夫
マデリンの元夫
エド・マッケンジーマデリンの夫
ゴードン・クラインレナータの夫
コーリー・ブロックフィールド水族館スタッフ
ジェーンの同僚
アイラ・ファーバーメアリー・ルイーズの弁護士
ケイト・リッチモンドセレステの弁護士
ジョセフ・バッチマン


トリー・バッチマン
演出家
マデリンの浮気相手

ジョセフの妻

ペリーの転落事故死

セレステはペリーのDVに耐えかね、別居を画策していたが、それがペリーのバレてしまい、不穏な空気のまま、学校のイベントである「トリビアナイト」に行った。
ちょうどその頃、それぞれの理由で会場の外にいたマデリン、ジェーン、レナータ。
そこへセレステがやってくるが、ペリーはセレステを追って来て、「話がある。クルマで話そう」と言う。
「イヤよ、行かない」拒否するセレステの様子が普通でないことに気づいた彼女たちは、「後にしたら?」と言うが、「妻と話してるんだ。口だしするな!セレステ来るんだ!」と暴力的な雰囲気を見せ始めるペリー。

ジェーンはその時、自分を暴行、レイプした男が、ペリーだと気づく
マデリンとセレステは、ジェーンの様子から同じくそれを知る。(ジェーンからレイプの話を聞いていたため)

ペリーも気づき、ジェーンに向かって行く。
それを止めるマデリン、セレステ、レナータ。
マデリンは転け、止めたセレステはペリーに顔を殴られ倒される。
ペリーはセレステに暴行する。彼女たちペリーを止めようとするが、ペリーはセレステを足蹴にしはじめる・・・
その時、ボニーが走り込み、声を出して思い切りペリーを突き飛ばした。
ペリーは階段を転げるように落ち・・・死んだ

 

#1 彼らは何をしたのか? What Have They Done? あらすじ

トリビア・ナイトの事件後、それぞれの夏を過ごしたセレステ、マデリン、ジェーン、レナータ、ボニー。
セレステの家には姑のメアリー・ルイーズが訪れ、マデリンは長女の進路に悩み、ジェーンは新しい仕事をスタートさせていた。
そして迎えた2年生の初日、久しぶりに再会した保護者には“彼女たち”に懐疑的な視線を向ける人々もいる中、ボニーは心を閉ざしていた。

 

まとめ

新学期の始まり

それぞれの夏を過ごし、彼女らの子どもたちはオッターベイ校の2年生になる。

セレステ

新学期の朝、悪夢にうなされ寝坊をしたセレステを助けたのは義母のメアリー・ルイーズ。
わんぱくな双子の子育てに奮闘するセレステをメアリー・ルイーズは助け、「ママに従い、敬うことが良い子になるための大切なことよ。ママはふたりのために必死で頑張っているのよ」と言い聞かせる。

 

学校で

久々の再会した彼女たち。
マデリンは校長から、「去年のような騒ぎを起こさないでくださいね」と念を押され、元夫ネイサンからは、「ボニー(妻)がこのところ心を閉ざして塞いでるんだ」と打ち明けられる。

レナータは娘アマベラの担任に、「アマベラはIQ152の天才児だからしっかり見てください」と頼み、去年はイジメを受けたが、二度と起こさないでと念を押す。

 

メアリー・ルイーズの目的

セレステをクルマに乗せたマデリンは、カフェに寄る。

そこでメアリー・ルイーズを見つけたマデリンは、「お久しぶりです。お元気でしたか?」と声をかけるが、「元気よ。だけど、息子を亡くした」とメアリー・ルイーズ。
マデリンは、「あなたのおかげで助かっているとセレステが喜んでいます」と伝えるが、メアリー・ルイーズは、柔らかい小声で突然、「あなたは小柄ね。小柄な人を私は信用できないの。人を見る目はあるけどあなたは読みづらい。一見愛らしくて良い人に見えるけど、”欲しがり屋”ね。それが悪いワケじゃないわ。私も欲しがりよ。ペリーに生き返って欲しいし、あの日の夜の真相を知りたいの。でもあなたはきっと教えてくれない、本当のことを」と言う。
「彼はフラついて階段から落ちたんです」
マデリンは言うが、メアリー・ルイーズは、「ええ、皆、箝口令を敷かれたようにそう言う。誰を守ってるのかしら?」と言うのだった。

マデリンが職場へ戻ると、店にメアリー・ルイーズがいた。
彼女は、この近くでアパートを探していると言う。
カフェでのメアリー・ルイーズの態度に腹が立っていたマデリンは、失礼だったと指摘する。
すると、「確かにそうね、悪かったわ」とメアリー・ルイーズ。
だが、「寄宿舎にいた頃、親友だと思っていた友だちにこっぴどく裏切られたの。その人、とっても背が小さかったの。だけど態度はすごく大きかったわ。退屈な人間だってことを必死に隠そうとしてた。あなたが彼女にそっくりなものだから、つい責めてしまったわ。ごめんなさい」と更にマデリンを傷つけることをサラッと言うのだった。

 

ジェーン

水族館で仕事を始めたジェーン。

仕事終わりに、ジェーンが音楽を聴きながら浜辺で踊っていると、サーフボードを抱えて同僚のコーリーがやってくる。
ダンスを見られたジェーンは、「変な人がいると思ったでしょ?」と言うが、コーリーは、「目立つ振る舞いは控え目にした方がいい。子どもたちの母親に変な目で見られるよ。キミはウワサの人だし。”モントレー5”だろ?事故現場にいたんだろ?」と言う。
彼はその話を職場の人から聞いたと言う。

 

事故の陰

4人が集まって・・

ジェーンは、「ウワサはまだ続いてる」とマデリン、セレステ、レナータを呼び出して伝えるが、疑心暗鬼になりすぎだとマデリンは言い、レナータも、刑事と知り合いの人からの情報で、捜査は完全に終わってないが、証拠もないと聞いたと言う。

ボニーの苦しみ

(自分がペリーを突き落としてしまった・・・)そのことがボニーを苦しめていた。
ネイサンは、話をしてくれと言うが、「放っておいて」と頑ななボニー。

マデリンは集まりに来なかったボニーを訪ね、「ナゼ来なかったの?大丈夫なの?」と聞く。
「私は人を殺した。重荷なの。私は自分に怒ってる。真実を話せば良かった。あなたのウソと周りに従ってしまった。あなたのおかげで地獄よ。夫にも娘にも話せない。独りで背負うしかない。」とボニー。
「私たちがいる。みんな味方よ」とマデリンは言うが、「味方がいるとは思えなかった」と言う。
しかしネイサンが来たため、話はここで切れてしまう。

ボニーは夜、歩いて警察署まで行く・・・

 

苦しむセレステ

セレステはペリーとの幸せだった日々を思い出したり、暴力的に豹変するペリーを思い出したり、気持ちは複雑だった。

 

セラピー

「このところ悪夢ばかり見る。新学期が始まったからかも知れない」
セレステは複雑な胸の内を話し、「ずっと責任を感じている。夫の事故の。早く別居していれば、あの夜、彼は死なずに済んだかも知れない。あの夜、私が別れると言ってしまったから、あんなことになってしまった」と言う。
セラピストは、「彼からのメッセージはまだ消えてないのね。”何もかもあなたのせい”だって。あなたのせいじゃない。外には出ている?」と聞く。
セレステは、「まだそういう気分にならない。子どもたちの生活を早く元に戻したい」と言うが、「恋愛は自由にするべきよ。あなたはご主人が亡くなった今も、結婚に縛られてる」というのだった。

 

セレステとジェーン

ジェーンを呼び出したセレステは、小切手を換金しない理由を聞く。
「レイプで得たお金よ、受け取れない」とジェーンは言うが、セレステは、「ジギーにはもらう権利がある。ペリーの相続人よ」と言う。
「知らなかったとはいえ、あなたの夫と寝たのよ?私を憎いでしょ?」とジェーンに言われ、「レイプだったわ。それに私はあなたを責めたりしない」とセレステ。
ジェーンから、彼が死んで幸せか?と聞かれたセレステは、「複雑なの」と答える。

 

義母の圧力

メアリー・ルイーズは、セレステと孫たちのために夕食を振る舞う。
食事の席で、パパとの思い出をを話しているうちに、「パパに会いたい」と言うジョシュ。
「よく分かるわ。みんなそうだもの。これから少しずつ立ち直るのよ」と言うセレステに、「みんな悲しいのよ、セレステ。父親を亡くした心の傷は治せない。だってあなたたちのパパは素晴らしい人だったもの。そんなパパが死んじゃうなんて、酷いし、間違ってる。最近、沸々と怒りがこみあげてくるの」と言い、突然絶叫しはじめる。
メアリー・ルイーズは、「叫ぶのよ、胸の苦しみをぶちまけて髪を掻きむしるの。怒りを感じないの?」とセレステに聞くが、セレステは義母と同じ気持ちには立てなかった。
それを感じたメアリー・ルイーズは、「孤独が身にしみるわ」と言うのだった。

その夜も、セレステは悪夢を見る。
夢の中でペリーを見たセレステは、「殺してやる!」と叫んで起き上がる。
メアリー・ルイーズは、「また悪夢にうなされたのね・・」とセレステを抱きしめてやりながら、「それで、誰を殺そうとしたの?」と聞くのだったー。

その他

マデリンの娘アビーは、大学進学したくないと言い出す。
「ホームレスの家を建てる会社に就職を決めた。儲け主義ではない会社、人助けをして利益を得る仕事に就きたいの」と言うアビーに、マデリンは、何があっても大学進学をしろと言う。
「ママの言う通りにしなきゃイケナイの?ママだって大学に行ってない」
アビーに言われ、「だから行くべきなのよ。それが理由よ」とマデリンは言うのだった。

 

感想

シーズン2に、メルリ・ストリープが出演と言うのは知ってましたが、基礎知識ゼロで見たので、その分、メリルが演じるメアリーが、ペリーの母親だとわかった時は、(おぉ~)と思いました。
そりゃそうですよね、息子の死の真相を知りたいと思うのが母親ですもん。
そして母メアリーは、息子がDVダンナだなんて思ってもないでしょうしね。
メリル・ストリープはさすがの存在感ですね。
彼女がいるだけで、ドラマが締まるように思います。

ボニーはかなり苦しんでいるようだったけど、シーズン2はペリーの死の真相が明らかになるんでしょうか?
全7話です。

しかし私はマデリンは苦手やわ
絶対、友だちにならんタイプ・・・
ママ友でも私は避けますわ~

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました