アフェア シーズン4 #8

アフェア
アフェア

 

残り3話になってやっと集中して見れるエピソードが!

感想はコチラ

#8 あらすじ

アリソンとやり直したいコールは彼女に会うためミルウォーキーまで行くが、3日前から連絡が取れないことがわかる。
コールは近くにいたノアとアントンと共にアリソンを捜すためモントークへ戻るが・・。

 

まとめ & 感想

パート1.コール

ミルウォーキーで

アリソンとやり直すことを決めたコールは、気持ちを伝えるためにミルウォーキーへ行く。
アリソンはそこで研修を受けているハズだったがスタッフから研修には出席していないと言われる。

コールはアリソンに電話をするが、留守番電話。
コールはアシーナ(アリソンの母)に電話し、アリソンがどこにいるか尋ねるが、ミルウォーキーへ出かけたハズだが3日連絡がないと言う。

コールは会場でベンを見つけ、アリソンを捜していると声をかけるが、「俺たちは別れた。俺が結婚していることを知って別れたいと言われた。円満に別れた」と言う。コールはベンの話から、アリソンがロサンゼルスにいるノアに会いに行った可能性があると知る。
コールはノアに電話をし、かけなおして欲しいと言う。

その時、アシーナから電話がかかる。
アシーナはジョーニーをルイサに預け、アリソン宅を見に行ったが、テーブルの上に、ケータイ、財布・・全部置いたままだと言う。
「また逃げ出したのかも知れない」動揺するアシーナに、「とにかくそちらへ帰る」とコールは言うが、ミルウォーキーからモントークまでは、18時間以上かかる距離だった。

ノアから電話がかかる。
ノアは先週アリソンがやってきたがモントークへ帰ったと言い、今、シカゴで足止めを食らっていると言う。
コールはシカゴ空港へ迎えに行く。送るから途中まで同行し、運転して欲しいと言う。

 

奇妙な3人旅 

合流したコール、ノア、そしてアントン。
奇妙な3人旅が始まる。

アシーナは思い当たる場所がある。父親の家だ電話してきた。
先週アリソンの父親が突然連絡してきたこと。アリソンが会いに行ったこと。父親は腎臓が欲しいと言ったことを話す。
コールは、近くに住んでいた父親のことをずっと黙っていたアシーナを責めるが、ノアはコールを抑え、住所を書き留めた。

「LAに来たアリソンは精神的に参ってた。ヴィックが抗不安剤ザナックスを処方した」とノアは言う。
コールは、疲れと動揺から運転が危なくなって来たので、ノアはモーテルに泊まろうと提案。

3人は食事に行く。
アントンはそこでモーテルのオーナーの娘レベッカと良い感じになる。
部屋から追い出されたノアはコールの部屋に避難する。
セックスを楽しむアントンとレベッカ。
しかしレベッカの父親に見つかり、3人はモーテルを出ることに。

コールはアリソンがLAへ行った理由を聞くが、わからないとノア。
セックスしたか?と聞かれ、とっくに終わっているとノアは言う。
「キミはどうだ?やり直すためにミルウォーキーへ行ったのか?」と聞かれ、コールは何も答えなかった。

 

アリソンの捜索

プリンストンが近くなり、別れの時が来た。
アントンは、やり始めたら最後まで。元奥さんの捜索を手伝う。大学の見学は明日でいいと言い出す。

3人はアリソンの父親の邸宅へと向かう

 

父親ジェームズ

事情を聞いたジェームズの妻ジュリーは、3人の突然の訪問にも「アリソンが心配よね。ランチを一緒にどう?」と誘う。
コールは断ろうとするが、ノアはOKする。
ジェームズは自宅で透析を受けていた。

食事の席で、ノアはアリソンについて聞くが、ジェームズはアリソンがいなくなったのは、いつものクセじゃないのか?と言う。
その言葉にカチンと来たコールは、「アリソンが40才になるまで連絡をよこさなかったのに、腎臓が必要になったら連絡だ。そんなあなたが、よくそんなことが言えるもんだ。どれだけ彼女を苦しめたか知るべきだ!」と言う。
その時、ジェームズに電話がかかる。
アシーナからだった。
アリシアが見つかった警察が遺体を発見した。海に身を投げて死んだと言う
コールは崩れるように座り込む・・・

確認

警察署へ向かったコールとノア。
遺体の確認はコールがすると言う。
コールに封筒を渡しながらカウンセラーは、遺体は何日か海中にあったため、ショックを受ける状況だと前置きする。
しかしコールは、「写真じゃなく直接会いたい」と言い出す。

ふたりは遺体安置室へと行くが、コールはドアを開けられない。
「見て確かめないと!」と言うコールにノアは、「今のキミではムリだ」と言う。
「キミがしてくれ。俺は入れない。でも写真じゃなくてほんとうにアリソンなのか確認してくれ」とコール。
ノアは心を決め、アリソンの遺体と対面する。

ノアはコールを見て小さく頷く

 

遺体発見場所

遺体発見現場へと向かうノアとコール。
コールは、「ベンだ。カレが殺したんだ」と言い出す。
ノアは「警察は自殺だと言ってる。LAでの彼女は限界だった」と言う。

刑事は遺体発見現場で、その時の状況を詳しく説明する。
しかしコールは納得いかない様子を見せる。
ノアは、「コールはよそで殺された可能性を考えているんだ」言うが、刑事はそれはない。溺死だと言う。
それでもコールはベンのアリバイを確認したか?と聞くのだった。

「俺は信じない。ジョーニーを置いて死なない。何か怪しいんだ。駅まで送るが、俺は続ける」とコール。
ノアはコールを放っておけず、一緒にベンのところへ行くことに。

 

ベンとの対面

ベンの職場へ乗り込むコールとノア。
ベンもアリソンの死を知っていた。
「アリソンと何があった?いつ別れた?」と聞くコールに、数日前だと言うベン。
「俺たちは答えが知りたいだ。納得いかない」とノア。
ベンは警察に全部話したと言う。

アリソンのアパートへ行き、ウソをついていたことを謝った。
別れたくなかったが、彼女にムリだと言われ、1年ぶりに泥酔し、断酒会へ行ったと言う。

「彼女に何を言った?彼女が死にたくなるような何を言った?」とコールはベンを責めるが、「俺は6週間しか付き合ってない。あんたらの方は付き合いが長いだろ。俺と会う前から彼女は壊れてた。あんたらこそ何を言ったんだ!」と言われてしまう。

コールは突然ノアに殴りかかり、「彼女がキミに会いに行ったのに、ナゼ何もしなかったんだ!!!」と怒りをぶちまけた。
コールは「もっと何かしてれば・・・なぜしてやらなかったんだ・・」と嘆くのだった。

 

パート2:ノア

コールと別れたノアとアントンはレストランへ入る。
アントンがトイレに立ったあと、ノアはウエイトレスを見て、アリソンを思い出す。
そして哀しみがこみあげ、ひとりむせび泣くのだったー。

 

 

まさかの8話でアリソンが死んでようです・・。
コールじゃないけど、アリソンの死体をちゃんと見ていないから、ほんとうに死体はアリソン?と疑う気持ちもあるんですけど・・・
ノアが今更ウソをつく必要もないと思うので、遺体はアリソンなんでしょう。

コールはベンを疑っているけれど、8話のエピソードから考えると、ベンが殺す必要はないように思います。
ノアとも恋愛関係は終わってると思うし、結局、アリソンはまた誰かに軽く扱われ、それがきっかけで・・・・じゃないのかな?と。

残り2話。
アリソンの死の真相も気になるけど、ヴィックとヘレンのことも気になります。
アントンのプリンストンのことも、結果なしはイヤだな・・・
全部、最後にまとまるのかな?

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました